東大卒棋士のAI勝負脳

 AI技術の社会への普及が一段と進みつつある2018年。プロ将棋界はコンピューターソフトを棋士が研究の場に取り入れ、日々の勝負の場に役立てているAI先進業界でもある。東京大学法学部在学中にプロ棋士デビューし、現在は木村草太・首都大学東京大学院教授らと大学生の指導に当たっている片上大輔6段が、AI時代の勝負脳の作り方を分析する。

loading

閲覧履歴

    クリッピングした記事

    会員登録後、気になる記事をクリッピングできます。