水素エネルギー社会の実装とグローバル連携

 脱炭素化への切り札と目される水素エネルギー。日本では世界に先駆けて、広く社会に実装するためのインフラ整備とグローバル連携が進む。いまや水素システムは、安定的なビジネスモデルを構築していく新たな段階へ移りつつある。5月15日に無観客で開催した日経社会イノベーションフォーラム「水素エネルギー社会の実装とグローバル連携」で交わされた、産学官キーパーソンの議論を採録する。

プログラムを読む >

loading

閲覧履歴

    クリッピングした記事

    会員登録後、気になる記事をクリッピングできます。