御社の意思決定がダメな理由

野村総合研究所 根岸正州、森沢徹

 最近、優良といわれる企業が意思決定を間違え、大きな損失を被ったり、事実上の倒産をしたりするケースがあります。まるで「突然死」を迎えたかのようですが、実はその「病状」はしばらく前から進行していたことがほとんどです。

 根岸正州、森沢徹の両氏による著書『御社の意思決定がダメな理由』ではこのように経営陣の責任、意思決定の誤りによって企業が立ち行かなくなる状態を「経営不全症候群(MDS:Management Dysfunctional Syndrome)」と呼んでいます。この連載では、MDSになる背景とMDSの主な症状などを3回にわたって紹介します。

loading

閲覧履歴

    クリッピングした記事

    会員登録後、気になる記事をクリッピングできます。