既存顧客の資産価値を見える化し、売上最大化を実現する仕組み作りとは?
成果の出る営業DXセミナー

【このようなお悩みをお持ちではありませんか?】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●営業活動が属人化し、自社の勝ちパターンが固まっていない/展開できていない
●営業ツールを導入してみたが、定着していない/活用できていない
●営業DXの取り組みから狙った成果が出ていない/売上が上がっていない
●既存顧客からの売上が思うように上がらない(売上拡大の機会を逃していると感じる)
●営業関連の部署・チーム間で組織の分断が起こっている

【DXは業務改善のためだけに取り組むのではなく”成果”のために取り組む】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
・紹介による売上額前年対比240%を実現
・紹介により粗利ベースで1億4,000万円の成果創出
・対象にした既存顧客の4社に1社から追加提案の余地を発掘
・追加ニーズのあった既存顧客から70%が商談化
・担当営業の工数0で即提案できる機会を創出

これらは成果の出る営業DXの仕組みを実践したことによる効果の事例です。

一方でSFAやCRMツールを導入してビジネスの飛躍的な向上を目指しながらも、
営業DXが中々推進されず思うような成果が出ていない企業様も多いのではないでしょうか?

営業DX推進とその先の成果創出において、よくある2つのハードルがあります。
ー――――――――――――――――――――――――――――――――
 ①営業DXツールの入力負荷に伴う、現場と管理者の組織分断
 ②属人化した営業活動によるクロスセル・アップセルプロセスのブラックボックス化
ー――――――――――――――――――――――――――――――――
本セミナーでは、この2つのハードルを解除し、営業DXの推進と成果創出を実現するためのポイントや、実際に成果を出された営業DXの事例や、最新の営業DX実態調査から見えた課題と対策等もご紹介いたします。

【製造業 購買・調達部門向け】購買調達DX事例徹底解説!MonotaRO×A1A共催セミナー

 =========================================
  インターネット上で実施するオンラインセミナーです。
  インターネット環境があればどこからでも視聴可能です。
 =========================================

<本セミナー参加のメリット>
あらゆる産業において、新たなデジタル技術を利用して革新的なビジネスモデルや強力なサプライチェーンを構築し、大きな競争優位を発揮する発揮する新興企業が生まれつつあります。
このような状況で、多くの先行企業にとって、競争力維持・強化のためにデジタル・トランスフォーメーション(DX)を進めていくことの緊急性が叫ばれています。

その一方、購買調達の領域においてはDXの取り組みに関する情報がまだまだ少ないのが現状です。自社の調達部門における取り組みの方向性を考えるとき、「他社がどのようにDXに取り組んでいるのか」「何から始めているのか」などについて具体的かつ詳細な情報を知る機会は決して多くありません。

そこで本セミナーでは、購買調達領域におけるDXを支援する2社、株式会社MonotaROとA1A株式会社が、両社が手掛けた実際の顧客事例をもとに、課題解決に向けた各社の取り組みやDX推進のポイントを文字通り「徹底解説」します。

<セミナー日程>
2021年11月10日(水)14:00~15:00
※セミナー会場入場用URLについてはお申込いただいたメールアドレス宛に改めてお送りいたします。

<このような方におすすめ>
・製造業購買調達責任者様、ご担当者様、DX推進を検討される経営者様、経営企画、情報システム部門の方

※競合他社からのお申し込みはお断りさせていただいております。
※お申込時に企業メールアドレス以外でお申込いただいた場合、お申込をお断りさせていただくことがございますので予めご了承いただけますと幸いです。

知財情報のビッグデータを活かすAI翻訳とは?

定員に達したため、お申し込みは終了しました。

知財情報分析と企業戦略を統合するタームとして、近年注目を浴びる「IPランドスケープ」。非常に高度な価値判断が要求される一方、特許調査等の膨大な情報収集も必要となるため、 早急なシステム効率化を迫られる知財担当部門の声も聞かれます。IPランドスケープの概略に触れながら、 専門分野に対応したAI自動翻訳による特許調査の効率化事例について解説します。

このような方におススメ
・知財管理部門の方
・知財関連コンサルティングファーム、知財翻訳を扱う専門翻訳会社
・海外特許の調査/分析を効率的に進めたい
・知財情報を自社の企業戦略に活用したい

行動科学視点から見る、今、危惧すべきテレワーク時代のオフィス創り

『テレワーク時代、オフィスをどうすべきか?!
 行動科学の視点から見ると、違った答えが見えてきます』


 20年間、行動科学に基づく空間創りで企業の業績支援をし続けてきた翔栄クリエイトが、
 今、増えているテレワーク向けオフィスの危惧すべきポイントと、
 今後オフィスをどのように活用すべきかの具体的手法をお伝えします。

■以下のように少しでも感じた事がある
 経営者・経営幹部・管理職の方々、是非セミナーへお越しください。


 ・オフィスを縮小すべきか、維持すべきか判断に迷う、、、
 ・テレワークになり、以前に比べ、社員に想いが伝わらなくなってきた気がする、、、
 ・テレワークとオフィスワークの使い分けが、イマイチ判らない、、、
 ・オフィスに固定席がいらない事は判るが、社員が自由に座れるだけのオフィスで本当に良いのか??
  等

具体事例紹介をベースとした、生々しい「ここだけ話」にて、
これら疑問にお答えする10名限定の少人数セミナーです。

是非、ご参加下さい。

注)オンラインセミナーではありません。

・当日はマスクのご着用をお願いします。
・講師もマスクを着用させて頂きます。 
・講師及びセミナー担当は、ワクチン2回接種済みでございます

行動科学視点から見る、今、危惧すべきテレワーク時代のオフィス創り

『テレワーク時代、オフィスをどうすべきか?!
 行動科学の視点から見ると、違った答えが見えてきます』


 20年間、行動科学に基づく空間創りで企業の業績支援をし続けてきた翔栄クリエイトが、
 今、増えているテレワーク向けオフィスの危惧すべきポイントと、
 今後オフィスをどのように活用すべきかの具体的手法をお伝えします。

■以下のように少しでも感じた事がある
 経営者・経営幹部・管理職の方々、是非セミナーへお越しください。


 ・オフィスを縮小すべきか、維持すべきか判断に迷う、、、
 ・テレワークになり、以前に比べ、社員に想いが伝わらなくなってきた気がする、、、
 ・テレワークとオフィスワークの使い分けが、イマイチ判らない、、、
 ・オフィスに固定席がいらない事は判るが、社員が自由に座れるだけのオフィスで本当に良いのか??
  等

具体事例紹介をベースとした、生々しい「ここだけ話」にて、
これら疑問にお答えする10名限定の少人数セミナーです。

是非、ご参加下さい。

注)オンラインセミナーではありません。

・当日はマスクのご着用をお願いします。
・講師もマスクを着用させて頂きます。 
・講師及びセミナー担当は、ワクチン2回接種済みでございます

行動科学視点から見る、今、危惧すべきテレワーク時代のオフィス創り

『テレワーク時代、オフィスをどうすべきか?!
 行動科学の視点から見ると、違った答えが見えてきます』


 20年間、行動科学に基づく空間創りで企業の業績支援をし続けてきた翔栄クリエイトが、
 今、増えているテレワーク向けオフィスの危惧すべきポイントと、
 今後オフィスをどのように活用すべきかの具体的手法をお伝えします。

■以下のように少しでも感じた事がある
 経営者・経営幹部・管理職の方々、是非セミナーへお越しください。


 ・オフィスを縮小すべきか、維持すべきか判断に迷う、、、
 ・テレワークになり、以前に比べ、社員に想いが伝わらなくなってきた気がする、、、
 ・テレワークとオフィスワークの使い分けが、イマイチ判らない、、、
 ・オフィスに固定席がいらない事は判るが、社員が自由に座れるだけのオフィスで本当に良いのか??
  等

具体事例紹介をベースとした、生々しい「ここだけ話」にて、
これら疑問にお答えする10名限定の少人数セミナーです。

是非、ご参加下さい。

注)オンラインセミナーではありません。

・当日はマスクのご着用をお願いします。
・講師もマスクを着用させて頂きます。 
・講師及びセミナー担当は、ワクチン2回接種済みでございます

行動科学視点から見る、今、危惧すべきテレワーク時代のオフィス創り

『テレワーク時代、オフィスをどうすべきか?!
 行動科学の視点から見ると、違った答えが見えてきます』


 20年間、行動科学に基づく空間創りで企業の業績支援をし続けてきた翔栄クリエイトが、
 今、増えているテレワーク向けオフィスの危惧すべきポイントと、
 今後オフィスをどのように活用すべきかの具体的手法をお伝えします。

■以下のように少しでも感じた事がある
 経営者・経営幹部・管理職の方々、是非セミナーへお越しください。


 ・オフィスを縮小すべきか、維持すべきか判断に迷う、、、
 ・テレワークになり、以前に比べ、社員に想いが伝わらなくなってきた気がする、、、
 ・テレワークとオフィスワークの使い分けが、イマイチ判らない、、、
 ・オフィスに固定席がいらない事は判るが、社員が自由に座れるだけのオフィスで本当に良いのか??
  等

具体事例紹介をベースとした、生々しい「ここだけ話」にて、
これら疑問にお答えする10名限定の少人数セミナーです。

是非、ご参加下さい。

注)オンラインセミナーではありません。

・当日はマスクのご着用をお願いします。
・講師もマスクを着用させて頂きます。 
・講師及びセミナー担当は、ワクチン2回接種済みでございます

行動科学視点から見る、今、危惧すべきテレワーク時代のオフィス創り

『テレワーク時代、オフィスをどうすべきか?!
 行動科学の視点から見ると、違った答えが見えてきます』


 20年間、行動科学に基づく空間創りで企業の業績支援をし続けてきた翔栄クリエイトが、
 今、増えているテレワーク向けオフィスの危惧すべきポイントと、
 今後オフィスをどのように活用すべきかの具体的手法をお伝えします。

■以下のように少しでも感じた事がある
 経営者・経営幹部・管理職の方々、是非セミナーへお越しください。


 ・オフィスを縮小すべきか、維持すべきか判断に迷う、、、
 ・テレワークになり、以前に比べ、社員に想いが伝わらなくなってきた気がする、、、
 ・テレワークとオフィスワークの使い分けが、イマイチ判らない、、、
 ・オフィスに固定席がいらない事は判るが、社員が自由に座れるだけのオフィスで本当に良いのか??
  等

具体事例紹介をベースとした、生々しい「ここだけ話」にて、
これら疑問にお答えする10名限定の少人数セミナーです。

是非、ご参加下さい。

注)オンラインセミナーではありません。

・当日はマスクのご着用をお願いします。
・講師もマスクを着用させて頂きます。 
・講師及びセミナー担当は、ワクチン2回接種済みでございます

行動科学視点から見る、今、危惧すべきテレワーク時代のオフィス創り

『テレワーク時代、オフィスをどうすべきか?!
 行動科学の視点から見ると、違った答えが見えてきます』


 20年間、行動科学に基づく空間創りで企業の業績支援をし続けてきた翔栄クリエイトが、
 今、増えているテレワーク向けオフィスの危惧すべきポイントと、
 今後オフィスをどのように活用すべきかの具体的手法をお伝えします。

■以下のように少しでも感じた事がある
 経営者・経営幹部・管理職の方々、是非セミナーへお越しください。


 ・オフィスを縮小すべきか、維持すべきか判断に迷う、、、
 ・テレワークになり、以前に比べ、社員に想いが伝わらなくなってきた気がする、、、
 ・テレワークとオフィスワークの使い分けが、イマイチ判らない、、、
 ・オフィスに固定席がいらない事は判るが、社員が自由に座れるだけのオフィスで本当に良いのか??
  等

具体事例紹介をベースとした、生々しい「ここだけ話」にて、
これら疑問にお答えする10名限定の少人数セミナーです。

是非、ご参加下さい。

注)オンラインセミナーではありません。

・当日はマスクのご着用をお願いします。
・講師もマスクを着用させて頂きます。 
・講師及びセミナー担当は、ワクチン2回接種済みでございます

行動科学視点から見る、今、危惧すべきテレワーク時代のオフィス創り

『テレワーク時代、オフィスをどうすべきか?!
 行動科学の視点から見ると、違った答えが見えてきます』


 20年間、行動科学に基づく空間創りで企業の業績支援をし続けてきた翔栄クリエイトが、
 今、増えているテレワーク向けオフィスの危惧すべきポイントと、
 今後オフィスをどのように活用すべきかの具体的手法をお伝えします。

■以下のように少しでも感じた事がある
 経営者・経営幹部・管理職の方々、是非セミナーへお越しください。


 ・オフィスを縮小すべきか、維持すべきか判断に迷う、、、
 ・テレワークになり、以前に比べ、社員に想いが伝わらなくなってきた気がする、、、
 ・テレワークとオフィスワークの使い分けが、イマイチ判らない、、、
 ・オフィスに固定席がいらない事は判るが、社員が自由に座れるだけのオフィスで本当に良いのか??
  等

具体事例紹介をベースとした、生々しい「ここだけ話」にて、
これら疑問にお答えする10名限定の少人数セミナーです。

是非、ご参加下さい。

注)オンラインセミナーではありません。

・当日はマスクのご着用をお願いします。
・講師もマスクを着用させて頂きます。 
・講師及びセミナー担当は、ワクチン2回接種済みでございます

~購買・総務・管理部門 必見~企業の名刺の手配 そのお悩み 本日解決!? 購買管理システム連携による業務効率化UP

========================================
 インターネット上で実施するオンラインセミナーです。
 インターネット環境があればどこからでも視聴可能です。
========================================
<本セミナーの概要 >
長年総務・管理部門の担当者を悩ませてきた名刺の手配。
在宅勤務やテレワーク下で更に作業時間を要しているのではないでしょうか。
本セミナーでは、名刺Web発注システムがでそんなお悩みを解決致します。
更に購買管理システム連携による調達業務の効率化と合わせて
もう一歩先に進んだ働き方のイメージについてご説明をさせていただきます。

購買・総務・資材・管理部門の方必見のセミナーです!
オンラインで開催いたしますので、ご自宅やオフィスなどから是非お気軽にご参加ください。

<セミナー日程>
2021年11月5日(金)11:00~12:00 /15:00~16:00
※セミナーの内容は1回目、2回目で同じ内容になりますので、ご都合に合わせてご参加ください。
※セミナー会場入場用URLについてはお申込いただいたメールアドレス宛に改めてお送りいたします。
※競合他社からのお申し込みはお断りさせていただいております。
※お申込時に企業メールアドレス以外でお申込いただいた場合、お申込をお断りさせていただくことがございますので予めご了承いただけますと幸いです。

目標達成をし続ける営業組織の秘訣は仕組みにあり!
リクルートとキーエンスの営業組織の仕組みを徹底解説

定員に達したため、お申し込みは終了しました。

【このセミナーで学べるポイント】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●リクルートの 営業メンバーがやりがいを感じ、行動を促すことで成果を上げ続ける営業組織の仕組み
●キーエンスの 徹底した管理で自社の利益を考え、行動できる営業人材を生み出す仕組み
●自社の業界・組織にはどちらの仕組みがマッチするのか?判断のポイントとは?

【メンバーが目標達成に徹底的にコミットする組織の創り方、知りたくありませんか?】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
日本を代表する営業組織リクルート/キーエンス徹底比較し、目標達成をし続ける営業組織の創り方を解説します。

組織体系の構築や営業管理方法など、この2社はこれまで別々のベンチマークとして語られてきました。
それは、表面的には大きく異なる組織創りをしているためです。

しかし、2社を比較すると”目標を達成し続ける営業組織の本質”ともいうべき共通点・原理原則が見えてきました。
その共通点とは<営業の圧倒的稼働率を生み出すメカニズム>です。
ここでの稼働率とは業務時間内における売上を生み出す行動の割合を指します。

2社とも営業メンバーが売上を生み出す行動を自発的に行う仕組みを整えることで
目標達成に強烈にコミットする組織を実現しています。

しかし、同じ目的に対して、両社の仕組みは対照的です。
ー――――――――――――――――――――――――――――――――
 リクルート:営業メンバーにやりがいを感じさせ、行動を促す仕組み
 キーエンス:定義された成果を出すやるべき行動を徹底させる仕組み
ー――――――――――――――――――――――――――――――――

今回のセミナーでは、それぞれの仕組みの解説と商材や業界の特徴に応じて
どちらの組織作りが適しているのかもお伝えいたします。

また、2社の営業組織の創り方以外にも、組織創りのノウハウを活用した
・半年で20件しかアポ獲得できなかった営業組織が、3日でアポを20件を実現した営業マネジメント変革
・受注が0件だった新商品に対して、4か月で6つの業界の勝ちパターンを生み出した営業組織変革
といった具体的な営業組織変革の事例もご紹介します。

【年商3~50億の売り手様向け】M&Aアドバイザーの選び方と注意点~今注目のセカンドオピニオン&FAとは?

※事業譲渡をお考えの売り手オーナー様以外(M&A仲介会社やFA会社など同業者、会計事務所、中小企業向けコンサルタント、買い手担当者など)の参加はお断りしております。予めご了承ください。

[好評につき第二弾]
M&Aを買い手として経験した大手金融機関出身者が買い手の実情やM&Aのコツをお伝えします。
今回はゲストにM&A仲介とFA(セミナーにて解説します)を両方経験し、両社の良し悪しを当事者として体験した公認会計士をお呼びしました。
対談にて事例を交えて率直な意見交換を行います。

【概要】
M&Aアドバイザー各社の特徴や強み、活用法や留意点が分かる1時間

【対象者】
M&Aでの事業譲渡を検討中の中小企業オーナー様で、既に情報収集を開始されている方

【内容】
第一部:M&A会社各社の特徴と強み~セカンドオピニオン会社による業界解説
そもそもM&A会社にはどのような種別があるのか?どのM&A会社を活用するのが良いのか?多数寄せられる疑問にM&A調査会社がお答え。大手から中堅、小規模の会社まで、特徴や強みなどを解説します。

第二部:【対談】売り手を救うFAとは~M&A業界を渡り歩いた公認会計士による解説
M&Aといえば仲介会社が有名ですが、仲介ではないアドバイザーもいます。仲介も仲介以外の形態も両方こなしてきた公認会計士に業界内部からの生の声を聞きます。

第三部:信頼できる相談相手の見極め方と、セカンドオピニオンが命運を分ける本当の理由
~M&Aでよくあるお悩み解消
実は中小企業庁がセカンドオピニオンを推奨しています。M&Aはオーナー様にとって人生を変えるほど重大なご決断であり、それゆえに悩みが尽きないのは自然なことですが、他にも業界に起因する様々な背景があります。セカンドオピニオンが推奨される背景と具体的な活用法をお伝えします。

元キーエンス世界No1セールスが語る!
高付加価値企業に学ぶ高利益体質の秘訣とは?
-高水準の当たり前が出来る再現性のある営業組織の創り方-

【このセミナーで学べるポイント】
御用聞き営業からの脱却/やるといってやらない営業がやるようになる仕組み
できない営業マンでもできるようになってしまう仕組み

【キーエンスの脅威的な利益体質を支えているものは何か?】
高収益企業で有名な「キーエンス」。様々な業界からベンチマークされている企業なのでその名前を聞いたことがない方はいらっしゃらないのではないかと思います。では、そんな「キーエンス」の脅威的な利益体質を支えているものはなんでしょうか?

●直販体制とコンサルティング営業力がある
●顧客のニーズカードを収集して商品開発に活かす
●粗利80%以上でないと商品化、事業化されない

最近、YouTubeやnoteなどでもキーエンスの秘訣が紹介されはじめており、その注目度も上がっていますが、これらを真似すれば、どんな会社でも高収益を再現できるでしょうか?

ーーー答えは<No>です。
これまで世の中に出ている情報は、再現性の高いものではありませんでした。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 なぜ、週に15件のアポ獲得、訪問、提案をすることが出来るのか?
 なぜ、それほど違いのない製品なのに、競合の2倍の価格提示でも提案に勝ち続けられるのか?
 なぜ、顧客の課題を発見し続けられるのか?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

この秘訣は営業組織の仕組み化にあります。
そして、この仕組みは、キーエンスという特別な企業だから成果を出せるというものではありません。実際にこの仕組みをコンサルティングに導入した結果、これまで商談に行きたがらなかった営業の商談数が<1週間で4倍>になりました。

今回は、元キーエンス世界No1セールスである弊社コンサルタントの萩原より、①キーエンスの高収益の仕組み/②組織にどう導入していくかを、導入事例とともにその秘訣を明かします。

Z世代がオンラインで育つ会社がやっている逆算の教育制度とは?

Z世代と呼ばれる、若手の人材育成に関わる方から、
良くいただくご相談があります。

「世代が違うのは理解しているが、 どのように関わるのが正解かわからない。」
「仕事に対する考え方が、そもそも違う気がする。 関わり方を間違えれば、すぐ辞めてしまうのではないか?心が離れてしまうのではないか?という怖さもある。」
「本人の強み、考え方は尊重してあげたい。でも、会社として本人に求めたいこと、身に着けてほしいこともある。どのようにすれば、やらされ感なく、意欲的に取り組んでもらえるのだろうか。」

これまでビジネスを支えてきた世代と、
全く違う価値観を持つZ世代。
そのGAPから生じた、リアルなお悩みの声でした。

Z世代の特徴を理解した上で、
適切なマネジメントが出来なかった結果、
せっかく苦労して採用した貴重な人材が、すぐに転職してしまう。。
上手く育たずに、現場の成果・生産性が全く上がらない。。なんてことも。

本セミナーでは、
これからの世代である「Z世代の特徴」を理解した上で、

・Z世代が「この会社で頑張りたい!成長したい!」と、
 思ってくれるようなアプローチ方法

・属人的なマネジメントからの脱却! Z世代に対して、
「だれが上司になっても」効果的な育成ができる、教育の仕組み作り

など、【Z世代育成のコツ】を、具体的な事例と共にお伝えします。
ぜひご参加ください!

★本セミナーのポイント★
1. Z世代の特徴とは?~Z世代とミレニアム世代の学習傾向の違いとは?~

2.成功の秘訣① Z世代が、会社(チーム)の成長にも意欲的になる!
         若手が育つ会社に共通する「逆算の育成」とは?

3.成功の秘訣② 「知ってます」「わかってます」で終わらせない、
          アウトプットの質×量の仕掛けとは?

4.成功の秘訣③ Z世代を、あなたの会社で「活躍している人」のように
  育てる仕組みとは?

講師:
株式会社FCEトレーニング・カンパニー
代表取締役社長
荻野 純子(おぎの じゅんこ)
大手人材ビジネス会社での営業経験、キャリアコンサルタント経験を経て、一部上場企業の社内人財育成を担当。2010年、FCEトレーニング・カンパニーの事業立ち上げに携わり、研修事業のメイントレーナーとして、年間277研修、トレーニングを担当。2016年取締役、2018年代表取締役社長就任。
==================
【参加費用】無料
【受講対象】経営者・役員・人事責任者・部長 様
==================

【注意事項】
※ 同業他社・個人でのご参加はお断りさせて頂いております。ご了承ください。
※申し込み後に、「ブラウザ閲覧用URL」がメールで届きます。
※本セミナーは、本プログラムは専用のWebシステム(ZOOM)を利用して実施いたします。セミナー会場にご来場いただく必要はありません。

「成長戦略としての脱炭素経営」
~日清食品・カシオ計算機にいま学ぶロードマップ策定と再エネ活用~

 菅首相のカーボンニュートラル宣言を機に、脱炭素経営への関心が急速に高まっております。
一方で、皆様から「ゴールは決めたものの、それを達成するまでの具体的な取組や戦略を決めかねている」というお声も聞きます。

 今回のウェビナーでは、先進的な脱炭素経営を実践されている日清食品ホールディングス様・カシオ計算機様、日本で唯一の「CDP気候変動コンサルティングパートナー」である株式会社ウェイストボックス様をお招きし、最先端の脱炭素経営の現状と課題、経営戦略における脱炭素の位置付け、具体的なロードマップ策定方法をご紹介いただきます。

 脱炭素経営に取り組む企業経営者やご担当者さま、再生可能エネルギー電力の導入をご検討の企業の皆さまに参考となる内容となっておりますので、ぜひご参加ください。

Z世代の社員が本当に育つ、オンラインでの社員教育の3つのポイントとは?

Z世代がみるみる育つコツを発見しました。
Z世代社員を育成したいと考えた時に、良くいただく相談があります。

・何を学ばせたらいいのか?
・どのように教えたらいいのか?
・誰が教えるのがいいのか?
・いつ、どのくらい時間を使うのがいいのか?

これらのご相談には、ある共通点がありました。
それは、すべて『インプット』が論点であること。

もちろん、インプットはとても大事です。
しかし本気で育成を考えるならば、
最も大事な視点が抜け落ちてしまっている、ということが分かりました。

それは、ズバリ『アウトプット』という視点です。

アウトプットとは、
「実際にやってみる」ということ。

INPUTした内容を
実際に自分でやってみて、
その内容や結果を確認、
できてなかった点、足りてなかった点を
またINPUTして、実際にやってみる。

このINPUTとOUTPUTの組み合わせで
人は何かを習得したり、育っていきます。

一見当たり前のことですよね。
しかし、ちょっと待ってください。

このアウトプットの仕組み、
御社の教育フローの中に「仕組み」として入っていますでしょうか?

もしかして、このアウトプットを
研修の後のレポートやテストで終わらせてしまっている、
そんなもったいない状態になっていませんか?

INPUT主体のもったいない状態から脱出し、
OUTPUT主体の効果的な教育体制実現へと進むために。

本セミナーでは、
これからの世代であるZ世代に適したインプットの方法と、
私達が最も力を入れて開発した効果的なアウトプットの方法を
実際に提供してきたサービスを通じて、具体的な事例と共にお伝えします。

ぜひご参加ください!

★本セミナーのポイント★
1.成功の秘訣① 期待以上に社員が育つ会社に共通する「逆算の育成」とは?
2.成功の秘訣② 「知ってます」「わかってます」で終わらせない、アウトプットの質×量の仕掛けとは?
3.成功の秘訣③ あなたの会社で「活躍している人」のように育てる仕組みとは?

講師:
株式会社FCEトレーニング・カンパニー
代表取締役社長

荻野 純子(おぎの じゅんこ)
大手人材ビジネス会社での営業経験、キャリアコンサルタント経験を経て、一部上場企業の社内人財育成を担当。2010年、FCEトレーニング・カンパニーの事業立ち上げに携わり、研修事業のメイントレーナーとして、年間277研修、トレーニングを担当。2016年取締役、2018年代表取締役社長就任。

==================
【参加費用】無料
【受講対象】経営者・役員・人事責任者・部長 様
==================

【注意事項】
※ 同業他社・個人でのご参加はお断りさせて頂いております。ご了承ください。
※先ずは、お申込み情報をフォームにご記載ください。
後日「ブラウザ閲覧用URL」がメールで届きます。
本セミナーは、本プログラムは専用のWebシステム(ZOOM)を利用して実施いたします。セミナー会場にご来場いただく必要はありません。
※インターネット環境があれば、どこからでもご参加いただけます。

Z世代の社員が本当に育つ、オンラインでの社員教育の3つのポイントとは?

Z世代がみるみる育つコツを発見しました。
Z世代社員を育成したいと考えた時に、良くいただく相談があります。

・何を学ばせたらいいのか?
・どのように教えたらいいのか?
・誰が教えるのがいいのか?
・いつ、どのくらい時間を使うのがいいのか?

これらのご相談には、ある共通点がありました。
それは、すべて『インプット』が論点であること。

もちろん、インプットはとても大事です。
しかし本気で育成を考えるならば、
最も大事な視点が抜け落ちてしまっている、ということが分かりました。

それは、ズバリ『アウトプット』という視点です。

アウトプットとは、
「実際にやってみる」ということ。

INPUTした内容を
実際に自分でやってみて、
その内容や結果を確認、
できてなかった点、足りてなかった点を
またINPUTして、実際にやってみる。

このINPUTとOUTPUTの組み合わせで
人は何かを習得したり、育っていきます。

一見当たり前のことですよね。
しかし、ちょっと待ってください。

このアウトプットの仕組み、
御社の教育フローの中に「仕組み」として入っていますでしょうか?

もしかして、このアウトプットを
研修の後のレポートやテストで終わらせてしまっている、
そんなもったいない状態になっていませんか?

INPUT主体のもったいない状態から脱出し、
OUTPUT主体の効果的な教育体制実現へと進むために。

本セミナーでは、
これからの世代であるZ世代に適したインプットの方法と、
私達が最も力を入れて開発した効果的なアウトプットの方法を
実際に提供してきたサービスを通じて、具体的な事例と共にお伝えします。

ぜひご参加ください!

★本セミナーのポイント★
1.成功の秘訣① 期待以上に社員が育つ会社に共通する「逆算の育成」とは?
2.成功の秘訣② 「知ってます」「わかってます」で終わらせない、アウトプットの質×量の仕掛けとは?
3.成功の秘訣③ あなたの会社で「活躍している人」のように育てる仕組みとは?

講師:
株式会社FCEトレーニング・カンパニー
代表取締役社長

荻野 純子(おぎの じゅんこ)
大手人材ビジネス会社での営業経験、キャリアコンサルタント経験を経て、一部上場企業の社内人財育成を担当。2010年、FCEトレーニング・カンパニーの事業立ち上げに携わり、研修事業のメイントレーナーとして、年間277研修、トレーニングを担当。2016年取締役、2018年代表取締役社長就任。

==================
【参加費用】無料
【受講対象】経営者・役員・人事責任者・部長 様
==================

【注意事項】
※ 同業他社・個人でのご参加はお断りさせて頂いております。ご了承ください。
※先ずは、お申込み情報をフォームにご記載ください。
後日「ブラウザ閲覧用URL」がメールで届きます。
本セミナーは、本プログラムは専用のWebシステム(ZOOM)を利用して実施いたします。セミナー会場にご来場いただく必要はありません。
※インターネット環境があれば、どこからでもご参加いただけます。