【一人法務向け】契約書チェックを法務AIはどのように効率化するか

企業にお勤めで、契約書のリーガルチェックについて情報収集中の方に、「契約書AI活用のセミナー」を開催させていただきます。ぜひお気軽にご参加ください。

本セミナーでは、契約書チェックに関して弁護士が業務のコツをお話するお役立ちセミナーです。また、「法務AI」を使って和文・英文の契約書レビューを効率的に行うためのAI活用のポイントや導入効果を1時間で解説します。

講師は、元西村あさひ法律事務所パートナーのリセ社代表の藤田美樹 弁護士が経験を交えて『契約書のチェックすべきポイント』と、契約書チェックAIクラウド「LeCHECK(リチェック)」最新版を使って活用法と導入効果についても講演します。

【セミナー概要】
日時:11月15日(月)
場所:オンライン(ZOOM)

【内容】
・少人数法務の見えないリスクとは
・紛争になりやすい契約書のチェックポイント
・契約書チェックAIクラウド「リチェック」の機能と導入効果
・英文契約書チェックのポイント
・準拠法条項
・支払い条項
・管轄条項など
を詳しく解説します。

【参加費】
無料

【ご対象の方】
企業にて、契約書のチェックや作成業務をご担当されている方。※現在法人にお勤めではない方、対象部署以外の方のご参加は何卒お控えください。

一人法務で
・契約書チェックの時間が足りない
・チェック内容に不安がある
・作業が面倒とお困りの方
・顧問弁護士の費用と時間を削減したい

また、少人数で法務を担当されていて
・リーガルチェックの基準が担当者ごとに異なって困る
・経験のある担当者が辞めるので人を教育する必要がある

といった方におすすめです。

契約書チェック業務改善を検討されている皆様にとって有益な情報となるかと思いますので、ぜひご参加ください。

※ 競合他社製品をお取り扱いの企業様およびフリーメールでのお申込はお断りしております。
予めご了承のほど、よろしくお願いいたします。

【一人法務向け】契約書チェックを法務AIはどのように効率化するか

企業にお勤めで、契約書のリーガルチェックについて情報収集中の方に、「契約書AI活用のセミナー」を開催させていただきます。ぜひお気軽にご参加ください。

本セミナーでは、契約書チェックに関して弁護士が業務のコツをお話するお役立ちセミナーです。また、「法務AI」を使って和文・英文の契約書レビューを効率的に行うためのAI活用のポイントや導入効果を1時間で解説します。

講師は、元西村あさひ法律事務所パートナーのリセ社代表の藤田美樹 弁護士が経験を交えて『契約書のチェックすべきポイント』と、契約書チェックAIクラウド「LeCHECK(リチェック)」最新版を使って活用法と導入効果についても講演します。

【セミナー概要】
日時:10月25日(月)
場所:オンライン(ZOOM)

【内容】
・少人数法務の見えないリスクとは
・紛争になりやすい契約書のチェックポイント
・契約書チェックAIクラウド「リチェック」の機能と導入効果
・英文契約書チェックのポイント
・準拠法条項
・支払い条項
・管轄条項など
を詳しく解説します。

【参加費】
無料

【ご対象の方】
企業にて、契約書のチェックや作成業務をご担当されている方。※現在法人にお勤めではない方、対象部署以外の方のご参加は何卒お控えください。

一人法務で
・契約書チェックの時間が足りない
・チェック内容に不安がある
・作業が面倒とお困りの方
・顧問弁護士の費用と時間を削減したい

また、少人数で法務を担当されていて
・リーガルチェックの基準が担当者ごとに異なって困る
・経験のある担当者が辞めるので人を教育する必要がある

といった方におすすめです。

契約書チェック業務改善を検討されている皆様にとって有益な情報となるかと思いますので、ぜひご参加ください。

※ 競合他社製品をお取り扱いの企業様およびフリーメールでのお申込はお断りしております。
予めご了承のほど、よろしくお願いいたします。

【一人法務向け】契約書チェックにおける法務AI活用法

本セミナーを好評につき追加で開催させていただきます。現在企業にお勤めで、契約書のリーガルチェックについて情報収集中の方に、「契約書AI活用のセミナー」を開催させていただきます。ぜひお気軽にご参加ください。

本セミナーでは、契約書チェックに関して弁護士が業務のコツをお話するお役立ちセミナーです。また、「法務AI」を使って和文・英文の契約書レビューを効率的に行うためのAI活用のポイントや導入効果を1時間で解説します。

講師として元西村あさひ法律事務所パートナーのリセ社代表の藤田美樹 弁護士が経験を交えて『契約書のチェックすべきポイント』と、契約書チェックAIクラウド「LeCHECK(リチェック)」最新版を使って活用法と導入効果についても講演します。

【セミナー概要】
日時:9月27日(月)
場所:オンライン(ZOOM)

【内容】
・少人数法務の見えないリスクとは
・紛争になりやすい契約書のチェックポイント
・契約書チェックAIクラウド「リチェック」の機能と導入効果
・英文契約書チェックのポイント
・準拠法条項
・支払い条項
・管轄条項など
を詳しく解説します。

【参加費】
無料

【ご対象の方】
企業にて、契約書のチェックや作成業務をご担当されている方。※対象部署以外の方のご参加は何卒お控えください。

一人法務で
・契約書チェックの時間が足りない
・チェック内容に不安がある
・作業が面倒とお困りの方
・顧問弁護士の費用と時間を削減したい

また、少人数で法務を担当されていて
・リーガルチェックの基準が担当者ごとに異なって困る
・経験のある担当者が辞めるので人を教育する必要がある

といった方におすすめです。

契約書チェック業務改善を検討されている皆様にとって有益な情報となるかと思いますので、ぜひご参加ください。

【一人法務向け】契約書チェックにおける法務AI活用法

契約書のリーガルチェックについて情報収集中の方に、「契約書AI活用のセミナー」を開催させていただきます。ぜひお気軽にご参加ください。

本セミナーでは、契約書チェックに関して弁護士が業務のコツをお話するお役立ちセミナーです。また、「法務AI」を使って和文・英文の契約書レビューを効率的に行うためのAI活用のポイントや導入効果を1時間で解説します。

講師は、元西村あさひ法律事務所パートナーのリセ社代表の藤田美樹 弁護士が経験を交えて『契約書のチェックすべきポイント』と、契約書チェックAIクラウド「LeCHECK(リチェック)」最新版を使って活用法と導入効果についても講演します。

【セミナー概要】
日時:8月23日(月)
場所:オンライン(ZOOM)

【内容】
・少人数法務の見えないリスクとは
・紛争になりやすい契約書のチェックポイント
・契約書チェックAIクラウド「リチェック」の機能と導入効果
・英文契約書チェックのポイント
・準拠法条項
・支払い条項
・管轄条項など
を詳しく解説します。

【参加費】
無料

【ご対象の方】
企業にて、契約書のチェックや作成業務をご担当されている方。

一人法務で
・契約書チェックの時間が足りない
・チェック内容に不安がある
・作業が面倒とお困りの方
・顧問弁護士の費用と時間を削減したい

また、少人数で法務を担当されていて
・リーガルチェックの基準が担当者ごとに異なって困る
・経験のある担当者が辞めるので人を教育する必要がある

といった方におすすめです。

契約書チェック業務改善を検討されている皆様にとって有益な情報となるかと思いますので、ぜひご参加ください。

人事・採用・人材開発に特化したランチタイムスタディの25分┃ManegyランスタWEEK

◆ランチタイムに食事をしながら視聴可能、気軽に学べるオンラインイベント◆

人事、採用、労務、人材開発、人事管理等、人事関連業務に携わっている方の方々向けに、
ランチタイムに気軽に学べるオンラインイベントを開催いたします。

人事関連業務に精通した講師陣が、最新動向や業務のノウハウなどをわかりやすく解説します。

【注意事項】
<セミナー内容・申込について>
・本ページよりお申し込みいただくと、下記セッションにお申し込みいただいたことになり、ご入力いただいた情報が下記企業に開示されます。
freee株式会社、株式会社ドリームホップ、株式会社iCARE、株式会社マネーフォワード、株式会社SmartHR、コニカミノルタ株式会社、株式会社 ROXX、株式会社MyRefer、株式会社チームスピリット、株式会社HRBrain

・開催日を過ぎたお申し込みの場合、後日ご視聴いただけるURLをご案内いたします。

人事・総務・法務に特化したランチタイムスタディの25分┃ManegyランスタWEEK

◆ランチタイムに食事をしながら視聴可能、気軽に学べるオンラインイベント◆

人事・総務・法務部門など企業のバックオフィスの方々向けに、
ランチタイムに気軽に学べるオンラインイベントを開催いたします。

バックオフィスに精通した講師陣が、最新動向や業務のノウハウなどをわかりやすく解説します。

【注意事項】
<セミナー内容・申込について>
・本ページよりお申し込みいただくと、下記セッションにお申し込みいただいたことになり、ご入力いただいた情報が下記企業に開示されます。
株式会社Donuts、株式会社スタディスト、株式会社LeaglForce、株式会社iCARE、株式会社SmartHR
・開催日を過ぎたお申し込みの場合、後日ご視聴いただけるURLをご案内いたします。

社労士が解説!いま、知っておきたい人事労務トピック[2020年12月]

 働き方が急速に変化する中、人事労務に求められることは多様化する一方で、対応に求められるスピードは衰えません。人事労務の担当者さまにおいては、最新の法改正対応やそれに伴う役所への諸手続き業務など、業界動向をおさえる必要性は理解しながらも、日々の業務に追われて対応が後手に回っているとお悩みの方が多いようです。
 本セミナーは、社労保険労務士をゲストにお招きし、「いま、知っておきたい人事労務トピック」をテーマに、次月を迎えるにあたって、人事労務の担当者さまが特に確認しておくべきポイントを取り上げてご紹介いただきます。またセミナーの後半には、質疑応答や参加者さまの日頃の疑問などにお答えいただく時間もご用意しておりますので、人事労務に関する情報収集や課題解決の場としてご活用ください。

[法律事務所オーセンス ×SmartHR ×弁護士ドットコム]弁護士が解説!2021年から始める「入社手続きのペーパーレス化」のポイントから導入まで

 2020年4月の入社シーズンは、新型コロナウイルス感染症の影響により、多くの企業が出勤を控える異例の事態となりましたが、入社手続きを行なうために、新入社員や人事労務担当者が出社を余儀なくされたという企業さまは少なくありません。そして、そのような企業さまの多くが来年を見据え、入社手続きのペーパーレス化の検討を始めています。
 本セミナーでは、現役の弁護士が、入社手続きにおいて欠かせない”雇用契約”について、「雇用契約のペーパーレス化」をテーマに講演を行ない、関連する法律の解釈や、労働条件通知書と労働契約書の違い、そしてこれらをペーパーレス化することのメリットなどを詳しく解説いたします。Withコロナ時代における入社手続きの効率化をご検討中の企業さまは、ぜひ情報収集の場として本セミナーをご活用ください。

働き方改革に向けた就業管理セミナー
 ~働き方改革対応のためのソリューションご紹介~

2020年6月から施行される改正法によりパワーハラスメント対策の強化が求められます。労働施策総合推進法の主な改正点、いわゆるパワハラ対策法と求められる企業の姿について具体例も交えてご紹介致します。 
また今、求められる長時間労働対策、健康管理、生産性向上の観点から、就業管理システムのあるべき姿や契約書のペーパーレス化が実現出来る雇用管理システムをご紹介します。

<<大阪開催>>人事労務制度における課題解決セミナー
~働き方改革 第2弾~

2020年4月から施行される(働き方改革第2弾)「同一労働・同一賃金」についてガイドラインや判例を参考に法令の要点と企業にもとめられる対応を解説いたします。その上で働き方改革に有効な勤怠管理システムをご紹介いたします。また、使い慣れたExcelを入力方法に採用し容易な操作と持続可能な運用を実現する目標管理クラウドをご紹介いたします。

働き方改革に向けた就業管理セミナー
 ~新制度対応のためのソリューションご紹介~

2020年4月から施行されるパートタイム・有期雇用労働法による「同一労働同一賃金」のうち、パートタイマーと有期雇用労働者向けの制度や派遣労働者向けの制度ついての法令の要点を社会保険労務士様より具体例も合わせて解説いたします。 
また今、求められる長時間労働対策、生産性向上、コスト改善の観点から、就業管理システムのあるべき姿をご紹介します。

人事労務部門における課題解決セミナー
~ 働き方改革 第2弾 ~

2020年4月から施行される(働き方改革第2弾)パートタイム・有期雇用労働法による「同一労働同一賃金」のうち、パートタイマーと有期雇用労働者向けの制度についてガイドラインや判例を参考に法令の要点と企業にもとめられる対応を解説いたします。その上で働き方改革に有効な就業管理システム「TimeWorks」と通勤料金改定に伴うメンテナンス業務や精算業務の省力化を実現する通勤定期券管理システムをご紹介いたします。

民法改正に伴う契約再締結には電子で対応!
契約業務とコスト削減セミナー

【経営者様、法務・経理・総務など管理部門責任者様におすすめのセミナーです!】

2020年4月から、民事の基本法である民法が改正されます。それに伴い、貴社と取引先の間で締結している契約の見直し・再締結などの業務が発生する可能性があり、契約実務担当者様の業務負担が大きくなることが見込まれます。

本セミナーでは、民法改正に向けた企業間における契約の業務負担・コスト削減が実現する手法をご案内します。

【参加して得られるメリット】
◆2020年4月の民法改正を踏まえ、契約業務にどのような影響が及ぶのかを学ぶことができます。
◆民法改正に向けて、契約業務における貴社の対策を講じることができます。
◆今話題の電子契約システムを活用した、法務・総務部門の新しい働き方を体系的に学ぶことができます。

※当日は、14:30より受付を開始いたします。

4月施行!まだ間に合う!働き方改革関連法のポイント

働き方改革関連法案の概要の説明より、雇用契約書からはじまり時間外労働の厳格な管理等、電子契約ツール等を用い厳格に行う手法を用例をあげながらわかりやすく解説していきます。
(1) 働き方改革関連法の概要
 ①働き方改革関連法成立までの背景
 ②働き方改革関連法の概要

(2) 雇用契約書の重要性
 ①雇用契約書管理の重要性と落とし穴
 ②電子契約を用いた内部統制の強化

(3) 時間外労働の上限規制と過労死事案
 ①時間外労働規制の背景
 ②上限規制の具体的内容
 ③時間外労働縮減時の注意点

(4) 年次有給休暇取得の義務化
 ①年次有給休暇の立法趣旨
 ②指定有給休暇制度との併用

(5) 勤務間インターバル制度の普及促進

(6) 産業医の機能強化
 ①産業医に依頼する事柄
 ②健康診断結果に基づき事業者が講ずべき措置に関する指針を踏まえて

(7) 同一労働同一賃金
 ①長澤運輸事件・ハマキョウレックス事件との相違
 ②労働契約法第 20 条に係る視点(分かりやすく)

(8) 高度プロフェッショナル制度の創設
 ①ホワイトカラーエグゼンプションとの関係
 ②概要の理解

有給休暇取得義務化に対応しながら生産性をあげるには

①有給休暇とは?
  法的な観点の確認

②5日付与の義務とは?
  法改正で求められることを再認識

③現行の就業規則は改定が必要か
  サンプルをご紹介

④運用にあたっての注意点
  有給管理シートの使い方

⑤よくある誤解
既存の会社独自の休暇との整合性

⑥業務効率化のためのツールの選択/電子契約という手法

「法改正時代」を生き抜く会社経営塾~働き方改革セミナ~「人材流出の大噴火」

いよいよ2019年4月1日より施行される「働き方改革」を特に「人材確保」にスポットを当て、
よみうりテレビ「そこまで言って委員会」などで活躍中の弁護士嵩原安三郎氏をお迎えして、
詳しく解説していただきます。

****************************************

【人材確保ができないのは、経営者に問題がある?】

今、人材確保に頭を悩ませていない企業はほとんどありません。

人材確保が難しくなった原因は、「若者人口の低下」だけではありません。

皆さんが良く知る大企業でも、「お金をかけてなんとか採用した人がすぐに辞めてしまう」

「頼りにしていたベテラン社員が突然会社に来なくなる」という現象に頭を抱えています。

また「会社の管理体制の『穴』」から「重要な社員に辞めてもらわざるを得なくなる」というケースも増えています。

これらの「人材の大流出」は経営者の「経営力の向上」で大きく抑えることができます。

今回は「会社側・従業員側双方から労務問題トラブルに接してきた弁護士」だから分かる、

「人材流出の現場で今何がおこっているか」と「人材確保・人材流出防止のために明日からできること」についてお伝えいたします。

【主なレジュメ内容】

・「従業員の意識の急激な変化」は思ったより恐ろしい

・経営者が従業員に大きく負けていること

・「採用増加」と「流出(退職)防止」の両面の対策をしていますか?

・従業員が「退職代行」までつかって退職する「本当の理由」

・A社はなぜ「優秀な営業マン」に辞めてもらう必要があったのか

・給与を上げるより効果的な「人材流出防止策」

・なぜ「他社の成功事例」が自社では上手くいかないのか

・離職率の低い会社の実際の取り組み事例

・楽して「人材確保」する方法?!

****************************************

働き方改革について問題視しているものの、

「“働き方改革”に向けた取組みを促進したいが、どこから手を付けて良いのか分からない」

「“働き方改革”施行で人材不足、人材確保が年々難しくなりそうで頭を悩ませている」

当セミナーはそんな経営者様に向けた、今最も『働き方改革対策』に有効な経営塾です。

その懲戒処分無効ですよ!~電子契約を用いた新たな企業文化のご提案~

[研修内容]

その懲戒処分、無効ですよ! ~正しい懲戒処分手続きと労働条件通知~

(1) 罪刑法定主義
罪刑法定主義とは何?
    どんな非違行為がどの懲戒処分になるか

(2) 一事不再理の原則
懲戒処分の動向
    二重罰は違法で無効

(3) 役員は自由に解任できるか
労働者性、使用者性の要素
    兼務役員の懲戒処分はどうするか

(4) 水際作戦
   労働条件通知は適正か、モレはないか
   電子契約を使ったモレないワークフロー

(5) 適正な懲戒処分手続き
    賞罰委員会の設置と諮問・答申のスキームづくり
    労働者の過半数代表者等との交渉の適正なスキームづくり
    非違行為者のフォローアップ

それハラスメントですよ!~電子契約を用いた新たな企業文化のご提案~

[研修内容]

それハラスメントですよ!~電子契約を用いた新たな企業文化のご提案~

(1) ハラスメントに関する世間情勢
昨春の財務省のハラスメント問題以降の民間企業の動向

(2) ハラスメントの具体的内容
コミュニケーションとハラスメントの境界
加害側が気づかない現状

(3) 事案相談に対する具体的対応
事案対処手順作成
相談窓口の必要な技量、守秘義務、相談の記録、
事案に対する対処(被害者保護、加害者への説明、情報共有範囲)

(4) 内部通報制度の具体的運用
公益通報者保護制度との関係
内部告発は恥ではないことを考える

(5)判例や生の事案を参考に
他企業での事案を参考に対処を考える
訴訟回避のために必要なこと

(6)電子契約のツールを用いたガバナンスの強化と企業としてハラスメント
対策の新たな文化の提案