審査部門のための 『効率的な与信管理を学ぶ講座』

昨年までの4年間、全国の倒産件数は年8,000~9,000件とピーク時の半分に抑えられてきました。しかし、昨年後半から米中貿易戦争による世界経済の減速、モラトリウム企業に対する金融機関のスタンスの変化等、与信に対するリスクが増大しつつあります。
迫りくるリスクへの対応策を①事前審査、②回収管理、③現場マネージャーの育成の3つの観点から、ファイナンス会社、サービサー、事業会社審査部等で通算20年中小企業向けの与信管理に携わり、貸倒0を実現したベテラン講師がお伝えします。
効率的な与信管理手法を学び、自社の与信管理体制の改善にお役立て下さい。

内容  審査部門のための『効率的な与信管理を学ぶ講座』

【0】最近の倒産状況と今後の見通し 

【1】与信管理の意味

 1-1. 現場の理解度

 1-2. 与信に係るルール

 1-3. 与信管理は営業管理

【2】効率的な事前審査とは

 2-1. 避けられる事故とやむを得ない事故

 2-2. 押さえておきたい会社規模と業績推移

 2-3. 決算書が入手可能なら見るべきポイント 

【3】現地訪問は何のため

 3-1. 眼の前にいる人は、誰?

 3-2. 当地に根が生えているか

 3-3. 先にいうと説明、後で言うと弁解  

【4】与信限度額の決定法

 4-1. 誰のための与信限度か

 4-2. あるべき与信限度額とは

 5-3. 仕組化したい定期更新

【5】回収遅延の早期解決法

 5-1. 誰も理解していないたった一つの事実

 5-2. 侮れない本部との情報共有

 5-3. 6分類による対応 

【6】現場マネージャーの役割

 6-1. マネジメントとは

 6-2. 指示の出し方と進捗管理

 6-3. 要求される的確な報告力

【7】アウトソースの活用

 7-1. 自身では気づかない慣習

 7-2. 経営者の啓蒙、従業員の教育

 7-3. 第三者チェックの活用

審査部門のための 『効率的な与信管理を学ぶ講座』

昨年までの4年間、全国の倒産件数は年8,000~9,000件とピーク時の半分に抑えられてきました。しかし、昨年後半から米中貿易戦争による世界経済の減速、モラトリウム企業に対する金融機関のスタンスの変化等、与信に対するリスクが増大しつつあります。
迫りくるリスクへの対応策を①事前審査、②回収管理、③現場マネージャーの育成の3つの観点から、ファイナンス会社、サービサー、事業会社審査部等で通算20年中小企業向けの与信管理に携わり、貸倒0を実現したベテラン講師がお伝えします。
効率的な与信管理手法を学び、自社の与信管理体制の改善にお役立て下さい。

内容  審査部門のための『効率的な与信管理を学ぶ講座』

【0】最近の倒産状況と今後の見通し  

【1】与信管理の意味
 1-1. 現場の理解度
 1-2. 与信に係るルール
 1-3. 与信管理は営業管理

【2】リスクとコスト
2-1.小口か大口か
2-2.入口で抑えるか出口で抑えるか
2-3.回収は個別対応か集中対応か 

【3】効率的な事前審査とは
 3-1. 避けられる事故とやむを得ない事故
 3-2. 押さえておきたい会社規模と業績推移
 3-3. 決算書が入手可能なら見るべきポイント 

【4】現地訪問は何のため
 4-1. 眼の前にいる人は、誰?
 4-2. 当地に根が生えているか
 4-3. 先にいうと説明、後で言うと弁解  

【5】与信限度額の決定法
 5-1. 誰のための与信限度か
 5-2. 与信限度の意義
 5-3. 仕組化したい定期更新

【6】回収遅延の早期解決法
 6-1. 誰も理解していないたった一つの事実
 6-2. 侮れない本部との情報共有
 6-3. 6分類による対応 

【7】全社で取り組む与信管理
 7-1. 現場マネージャーの役割
 7-2. 役員への啓蒙
 7-3. アウトソースの活用

審査部門のための 『効率的な与信管理を学ぶ講座』

昨年までの4年間、全国の倒産件数は年8,000~9,000件とピーク時の半分に抑えられてきました。しかし、昨年後半から米中貿易戦争による世界経済の減速、モラトリウム企業に対する金融機関のスタンスの変化等、与信に対するリスクが増大しつつあります。
迫りくるリスクへの対応策を①事前審査、②回収管理、③現場マネージャーの育成の3つの観点から、ファイナンス会社、サービサー、事業会社審査部等で通算20年中小企業向けの与信管理に携わり、貸倒0を実現したベテラン講師がお伝えします。
効率的な与信管理手法を学び、自社の与信管理体制の改善にお役立て下さい。

内容  審査部門のための『効率的な与信管理を学ぶ講座』

【0】最近の倒産状況と今後の見通し  

【1】与信管理の意味
 1-1. 現場の理解度
 1-2. 与信に係るルール
 1-3. 与信管理は営業管理

【2】リスクとコスト
 2-1.小口か大口か
 2-2.入口で抑えるか出口で抑えるか
 2-3.回収は個別対応か集中対応か 

【3】効率的な事前審査とは
 3-1. 避けられる事故とやむを得ない事故
 3-2. 押さえておきたい会社規模と業績推移
 3-3. 決算書が入手可能なら見るべきポイント 

【4】現地訪問は何のため
 4-1. 眼の前にいる人は、誰?
 4-2. 当地に根が生えているか
 4-3. 先にいうと説明、後で言うと弁解  

【5】与信限度額の決定法
 5-1. 誰のための与信限度か
 5-2. 与信限度の意義
 5-3. 仕組化したい定期更新

【6】回収遅延の早期解決法
 6-1. 誰も理解していないたった一つの事実
 6-2. 侮れない本部との情報共有
 6-3. 6分類による対応 

【7】全社で取り組む与信管理
 7-1. 現場マネージャーの役割
 7-2. 役員への啓蒙
 7-3. アウトソースの活用