今、企業がエネルギー対策に力を入れる理由とは -注目のESG、SBT、RE100・・・、傾向と対策を紹介-

 E(環境)、S(社会)、G(企業統治)の3つの観点を取り入れた経営戦略の推進が、企業体質の強化や企業評価の向上に繋がるという考え方が主流化。この[ESG]の評価が取引先選定の要素や投資の意思決定に大きく影響を与えている。この動きはサプライチェーン全体に拡大中で、多くの企業が手遅れにならないよう対策を本格化させている。
 このような背景の中、E(環境)の対策として、[エネルギー使用の合理化]や[自家消費型の太陽光発電システム]の導入を進める企業が増えている。
 本セミナーでは、SBT目標設定を表明しているオムロン株式会社の「カーボンゼロ」の取組みを紹介するとともに、環境省の企業版2℃・RE100アドバイザーであるオムロン フィールドエンジニアリングが、具体的な導⼊事例を交え、すぐに取り組める「エネルギー使⽤の合理化」をわかりやすく解説する。
※第一種及び第二種エネルギー管理指定工場、特定指定工場および特定連鎖化事業者様向けのセミナーとなります。

今、企業がエネルギー対策に力を入れる理由とは -注目のESG、SBT、RE100・・・、傾向と対策を紹介-

 E(環境)、S(社会)、G(企業統治)の3つの観点を取り入れた経営戦略の推進が、企業体質の強化や企業評価の向上に繋がるという考え方が主流化。この[ESG]の評価が取引先選定の要素や投資の意思決定に大きく影響を与えている。この動きはサプライチェーン全体に拡大中で、多くの企業が手遅れにならないよう対策を本格化させている。
 このような背景の中、E(環境)の対策として、[エネルギー使用の合理化]や[自家消費型の太陽光発電システム]の導入を進める企業が増えている。
 本セミナーでは、SBT目標設定を表明しているオムロン株式会社の「カーボンゼロ」の取組みを紹介するとともに、環境省の企業版2℃・RE100アドバイザーであるオムロン フィールドエンジニアリングが、具体的な導⼊事例を交え、すぐに取り組める「エネルギー使⽤の合理化」をわかりやすく解説する。
※第一種及び第二種エネルギー管理指定工場、特定指定工場および特定連鎖化事業者様向けのセミナーとなります。

今、企業がエネルギー対策に力を入れる理由とは -注目のESG、SBT、RE100・・・、傾向と対策を紹介-

 E(環境)、S(社会)、G(企業統治)の3つの観点を取り入れた経営戦略の推進が、企業体質の強化や企業評価の向上に繋がるという考え方が主流化。この[ESG]の評価が取引先選定の要素や投資の意思決定に大きく影響を与えている。この動きはサプライチェーン全体に拡大中で、多くの企業が手遅れにならないよう対策を本格化させている。
 このような背景の中、E(環境)の対策として、[エネルギー使用の合理化]や[自家消費型の太陽光発電システム]の導入を進める企業が増えている。
 本セミナーでは、SBT目標設定を表明しているオムロン株式会社の「カーボンゼロ」の取組みを紹介するとともに、環境省の企業版2℃・RE100アドバイザーであるオムロン フィールドエンジニアリングが、具体的な導⼊事例を交え、すぐに取り組める「エネルギー使⽤の合理化」をわかりやすく解説する。
※第一種及び第二種エネルギー管理指定工場、特定指定工場および特定連鎖化事業者様向けのセミナーとなります。

今、企業がエネルギー対策に力を入れる理由とは -注目のESG、SBT、RE100・・・、傾向と対策を紹介-

 E(環境)、S(社会)、G(企業統治)の3つの観点を取り入れた経営戦略の推進が、企業体質の強化や企業評価の向上に繋がるという考え方が主流化。この[ESG]の評価が取引先選定の要素や投資の意思決定に大きく影響を与えている。この動きはサプライチェーン全体に拡大中で、多くの企業が手遅れにならないよう対策を本格化させている。
 このような背景の中、E(環境)の対策として、[エネルギー使用の合理化]や[自家消費型の太陽光発電システム]の導入を進める企業が増えている。
 本セミナーでは、SBT目標設定を表明しているオムロン株式会社の「カーボンゼロ」の取組みを紹介するとともに、環境省の企業版2℃・RE100アドバイザーであるオムロン フィールドエンジニアリングが、具体的な導⼊事例を交え、すぐに取り組める「エネルギー使⽤の合理化」をわかりやすく解説する。
※第一種及び第二種エネルギー管理指定工場、特定指定工場および特定連鎖化事業者様向けのセミナーとなります。

再生可能エネルギーを活用したこれからの省エネ -注目の集まるエネルギー使用の合理化とは-

◎Environment(環境)、Social(社会)、Governance(企業統治)の3つの観点を取り入れた経営戦略の推進が、企業体質の強化や企業評価の向上に繋がるという考え方が主流化。この[ESG]の評価が取引先選定の要素や投資の意思決定に大きく影響を与えている。この動きはサプライチェーン全体に拡大中で、多くの企業が手遅れにならないよう対策を本格化させている。
このような背景の中、ESG対策として、またエネルギーコスト削減策として、[自家消費型]の太陽光発電システムやエネルギー使用の合理化への関心が高まっている。本セミナーでは、すぐに取り組める「エネルギー使⽤合理化」について、 環境省の企業版2℃・RE100アドバイザーに加盟するオムロン フィールドエンジニアリングが、具体的な導⼊事例を交えわかりやすく解説する。
※第一種及び第二種エネルギー管理指定工場、特定指定工場および特定連鎖化事業者様向けのセミナーとなります。