チケットのお申込み

Overview
開催概要

企業のDXへの取り組みが本格化する中で、これまで以上にITインフラの重要性が高まっています。DXを支えるため、そして既存インフラの効率化や品質向上を実現するために多くの企業が自動化に取り組んでいます。しかし、実際にインフラの自動化で大きな効果を生み出すに至った企業はまだまだ少数というのが現状です。これは現在の運用を行いながら、従来の制約を突破して大きな効果に結びつけるということが如何に困難かを示しています。そこで本 Ansible Automatesでは、実際に自動化で成果を上げたお客様やパートナー様、そして現場での自動化推進を支援したレッドハットのメンバーから、自動化で成功するためのポイントを「自動化2.0」というキーワードを中心にご紹介します。

Day1は、役員/部門責任者/マネージャーの皆様向けに、自動化で成果を上げていらっしゃるお客様の事例講演や、パートナー様による最新の取り組みをご覧いただきます。

Day2では、ビジネスアジリティに課題を持ち、品質も担保しながら自動化をスピーディに展開していきたい現場で自動化を進めていらっしゃるお客様へ、自動化2.0の真価をお伝えします。

Ansible Automatesは、世界各国で開かれているRed Hatの自動化イベントであり、日本では2018年の初回より今年で4回目の開催となります。毎年前年度を上回る数のお客様やコミュニティメンバーからご参加いただいております。

Day2終了後には、Ansibleの開発や各企業様の取り組みを支えるコミュニティ活動のアップデートを「Ansible Night」(主催:Japan Ansibleコミュニティ)を開催します。

インフラの自動化に興味をお持ちのみなさま必見です。

※本イベントは、7月13日(火)・ 20日(火)の 2日開催です。一度のお申込みで各日ともご視聴いただけます

イベント名 Red Hat Ansible Automates 2021 Japan 日本自動化2.0 フォーラム
開催日時 2021年7月13日 (火) 13:00~18:00
会場 オンライン
定員 1,500名
受講料 無料
主催・共催 主催:レッドハット株式会社
お問合せ:Ansible Automates 2021 Japan イベント事務局
    (E-mail:redhat-events@event-info.jp)

チケットのお申込み

Program
プログラム

開始
時刻
ー track1 ー ー track2 ー
7/13 13:00~13:05 ・ご挨拶
・Q&Aセッション
・ご挨拶
・Q&Aセッション
7/13 13:05~13:50 ・自動化推進を"自動化"する
〜自動化の自走力を如何につけるか〜
・Q&Aセッション
・自動化推進を"自動化"する
〜自動化の自走力を如何につけるか〜
・Q&Aセッション
7/13 13:55~14:15 ・Exastro&Ansible連携活用の
ユースケース紹介
7/13 14:15~14:55 ・進化を続けるドコモのインフラ開発
~自動化導入によって開発業務がどう変わったか~
・ライブトークセッション
7/13 14:40~15:00 ・設定作業だけじゃない、Ansibleで私たちが目指すネットワーク運用自動化
7/13 15:05~15:45 ・自動化サービスへ向けてAAPによるサービス開発手法習得と実装チャレンジ
・ライブトークセッション
7/13 15:30~15:50 ・IBMにおけるAnsible活用の紹介と自動化の実現支援サービス
7/13 15:55~16:15 ・Ansibleを使ったヤマハNW機器の遠隔制御方法を解説
7/13 16:10~16:50 ・「Ansible×SmartCS 最新事例」~運用自動化の本質とテクニック~
・ライブトークセッション
7/13 16:35~16:55 ・持続可能な運用自動化へ Ansible支援サービスの紹介
7/13 17:00~17:20 ・IT人材不足が深刻化!ITインフラの技術を磨き続けますか?
7/13 17:15~17:55 ・自動化は技術だけではない~ATLASが考える自動化2.0戦略~
・ライブトークセッション
7/13 17:40~18:00 ・縁(ENISHI)で繋ぐ自動化2.0+1

Access
会場アクセス

オンライン


チケットのお申込み

イベントガイドトップへ

日経BizGate会員登録はこちら

イベント、セミナー情報を掲載したい方はこちら