チケットのお申込み

Overview
開催概要

 2019年4月1日から働き方改革関連法が施行され、はや2か月が過ぎようとしています。2019年4月1日前に万全の準備ができた企業もあれば、まだ対応が追いついておらずあたふたしている企業もいらっしゃるのではないでしょうか。働き方改革関連法の対応だけであれば粛々とやるだけですが(といっても様々な摩擦が生じますが)、法律に対応するだけでは働き方改革の真のゴールとは言えないでしょう。

 働き方改革ではズバリ、何を目的に、どこまでやるかというゴールが非常に重要となります。先述のとおり、法律に対応するために残業削減や有給取得奨励をすると現場の社員は「やらされ感」を感じます。法律を守るために「●●してください」という内容を現場は嫌います。そう考えると、法律遵守を目的に、必要最低限のことをやるというのは止めたほうがいいと言えそうです。働き方改革を進めようとすると現場からは抵抗がありますし、低い目的とゴールだと更に反発される羽目になります。

 となると、「生産性向上」を目指すことになってきます。実際、87%の企業は「生産性向上」を働き方改革の目的として掲げ、「従業員の心身の健康の向上:76%」、「従業員満足度の向上:74%」をおさえ、第1位です(※)。しかしながら、「生産性向上」だけでも足りず、日本の人口減・生産年齢人口減のスピードを考えるともう一歩先の「目的設定」が必要だと弊社は考えています。

(※)働き方改革の実態調査結果(デロイトトーマツ)

 まとめると、「法律対応」→「生産性向上」→「その一歩先」の三段階の目的/ゴール設定が考えられます。「その一歩先」の話を現場の管理職や、人事の責任者の方に話して反発されたことはありません。ゆえに、「その一歩先」まで掲げて働き方改革に取り組むのがいいのではないかと考えています。

 しかし、ここで問題になってくるのが「その一歩先」まで実現しようとなると、働き方改革の推進責任者や人事総務の工数が非常に大きくなるということです。使える予算も限られています(あるいは無かったりします)。工数と予算の制限があるなかで働き方改革を進めなければいけません。ここで多くの企業がつまづいている印象です。

 これらの問題を解決すべく、「働き方改革で、いかに効率的に成果を創出するか?」をテーマとして、

①働き方改革で、思うような成果があがらないのはなぜか?
②現場の管理職が、どのような施策を求めているのか?
③どのような指標設定/効果測定ができれば良いのか?

を解説しながら、「その一歩先」まで実現するにはどうすればよいかをご紹介します。

ご興味がある人事総トップ・経営者は奮ってご参加ください。

※ご同業や個人の方のご参加はご遠慮いただいておりますので、予めご了承ください。

イベント名 【働き方改革の責任者/人事トップ向け】思うような成果が働き方改革であがらず、次の一手を暗中模索している企業向けセミナー※無料 700名以上の企業向け
開催日時 2019年6月19日 (水) 13:40~16:00
会場 JR有楽町駅徒歩1分 東京国際フォーラム 会議室G609
定員 10名
対象:働き方改革ご推進者(人事・総務トップ)、経営者 
※ご同業や個人の方のご参加はご遠慮いただいておりますので、予めご了承ください。
受講料 無料
主催・共催 株式会社プロスタンダード TEL:03-6712-8474

チケットのお申込み

Program
プログラム

開始
時刻
プログラム
13:40~14:00 受付
14:00~16:00 【働き方改革の責任者/人事トップ向け】思うような成果が働き方改革であがらず、次の一手を暗中模索している企業向けセミナー※無料 700名以上の企業向け

Access
会場アクセス

JR有楽町駅徒歩1分 東京国際フォーラム 会議室G609

〒100-0005
東京都千代田区丸の内3丁目5−1

有楽町駅(国際フォーラム口)より徒歩1分
東京駅より徒歩5分

チケットのお申込み

イベントガイドトップへ

日経BizGate会員登録はこちら

イベント、セミナー情報を掲載したい方はこちら