【DX人材育成セミナー】DXを推進するためのビジネス職の人材育成

「DX」というキーワードをニュースで目にしない日がないほど、デジタル技術を活用した事業変革が注目されている一方で、「DXを推進できる人材がいない」「何から取り組めばよいかわからない」という声も多く聞かれます。
そこで、事例を交えながら、DX推進の論点と、DX推進人材を育成するコースをご紹介します。

 

― セミナーアジェンダ ―
01 いろいろ言われているけど、DXってつまりどういうこと?
02 複数の事例から言える共通の論点
03 DX推進の進め方とDXにおけるビジネス職人材の役割
04 ビジネス職のためのDX人材育成コンテンツ
05 テックアカデミーの学習方法と特徴

 

参加特典として、セミナーご参加後にアンケートにお答えいただき、ご希望の方には実際のサポートとプログラミングを体験できる無料トライアルをご提供します。

改正電帳法施行から約半年。猶予はあと1年半!
法対応とガバナンスを両立させる最適解とは?
見落としがちなリスクと成功事例を徹底解説

改正電子帳簿保存法の施行から約半年が経過し、猶予期間も残り1年半となってまいりました。
改正前から業務効率化含め法対応の準備を進められ、施行直後から法対応を行なっている会社様の事例も徐々に集まり始め、対応パターンとそのメリット・デメリットが浮かび上がってきております。

 

本セミナーでは、そのような事例から対応パターンとそのメリット・デメリットを紹介させていただきます。
経理実務担当者はもちろん、法対応をきっかけにシステム導入を進めるプロジェクトリーダーも必見のセミナーになっております。

2023年までに備える!改正電帳法とインボイス制度

電子帳簿保存法改正直前の2021年(令和3年)12月に発表された令和4年度税制改正大綱で、電子取引情報の電子保存制度について2年間の経過措置が設けられるなど、改正直前のタイミングでも様々な動きがありました。経理部門、情報システム部門を中心に、業務の現場にも少なからず影響があったことかと思います。

 

また2年間の経過措置が設けられたとはいえ、法改正はすでに施行されており、2023年10月にはインボイス制度の開始も控えています。

 

本セミナーでは電子帳簿保存法に関する改正のポイントとインボイス制度に対応する上で注意すべき点について触れ、その具体的な対策方法をご紹介いたします。

改正電帳法とインボイス制度に対応した支出管理ペーパーレス化の最適解

今年1月から施行された改正電帳法、2年の猶予期間があるとはいえ、来年10月にはインボイス制度の導入も控えています。

 

時代に乗り遅れないためにも、経理部門はデジタル化・ペーパーレス化の対応が必須だといえます。

 

本講演では、電帳法対応/インボイス制度対応それぞれ着手すべきポイントについて、支出管理ペーパーレスの観点から解説します。

経理担当者へ調査実施!電帳法の対応で業務は楽になる?

今年1月から電子帳簿保存法が改正されたことをご存知の方は多いでしょう。
しかし、実際に対応ができている企業はどのくらいいるのでしょうか?

 

また、対応している企業は本当に業務効率化やペーパーレス化がすすんでいるのでしょうか?

 

 

本セミナーでは、実際に経理を担当されている方々に調査を実施し、それぞれの対応状況やその方法、またその対応方法ごとのメリット/デメリットについて紹介します。

 

今後電帳法のご対応をお考えの方にはぜひ参考にしていただきたい内容となっております。

【ゼロから始めるWEB3.0事業開発】STEPNから学ぶ、成功するNFT/P2Eサービスの3つの法則

定員に達したため、お申し込みは終了しました。

 

【イベント概要】
2022年、グローバルで沸騰するWeb3.0。
従来のビジネスの仕組みを根本から変えてしまいかねないこのメガトレンドに、企業はキャッチアップしていくことが求められています。

 

Web3、NFT、暗号通貨、メタバース… 様々な関係する言葉が飛び交う中、今回はP2E(Play To Earn)のサービスとして世界一のユーザーとなり、ものすごい盛り上がりを見せている「STEPN(ステップン)」について、弊社独自の調査によってわかった、STEPNの成功要因を全てをお話します。

 

STEPNの洗練されたユーザー巻き込みの仕組みは、過去の様々なP2Eサービスの失敗を下敷きにされており、非常に練られたものになっています。

 

STEPNのようなサービスを、日本企業も作るためにどうしたら良いのか?ビジネスに適用可能な形で徹底解剖・翻訳し、セミナー参加者の方のビジネスに繋げられるようにお話します。

 

Web3事業検討ステップもお話しますので、明日から担当者の会社でも事業の検討を開始できます。

 

まだ世界のどこにも無い情報がここにはあります。無料ですのでぜひご参加下さい。
また、当ウェビナーの視聴者には、当日の資料と事例集をプレゼントいたします。

 

【このイベントで得られること】
・Web3に関するグローバルのトレンド
・日本企業がWeb3の検討を行うべき理由
・STEPNのユーザーを巻き込む洗練された仕組み
・なぜSTEPNがP2Eサービスとして大成功出来たのか。他のP2Eサービスと何が違うのか
・STEPNの今後の展望
・Web3サービスを検討するための検討ステップ
・Web3サービスを作るための組織・人材の要件
・日本においてWeb3サービスを作るための法的/ 税務論点

 

【対象者】
・WEB3.0の事業検討を行いたいと考えている担当者
・Web3.0の事業に投資を検討できる立場の方
・新規事業/ イノベーション担当者
※ある程度Web3に関する知識があるとよりセミナーを楽しめます。
※特に、IPを保有し、IPの活用を検討されている方/ P2EやNFTサービスを検討されている方にはオススメです。

 

【日時】
2022/6/10(金) 16:00~17:00
オンライン上での開催です(ZoomのURLを事前にお知らせします)

 

【当日のコンテンツ】
・登壇者と会社紹介 【10分】​
・なぜ今Web3が重要なのか?【10分】​
・数あるP2Eサービスの中でもSTEPNが成功した要因は何か?【20分】​
→STEPNのユーザーを巻き込む洗練された仕組みを他のP2Eサービス(Axieなど)と比較しながらお伝えします。
・日本におけるWeb3サービス実装のための検討論点【15分】​
ー 事業化に向けた検討ステップ
ー Web3の事業を立ち上げるための
ー 法務/税務的な論点
・Q&A、クロージング 【5分】​

“はたらきがい”を育む働き方とは WORK VIEW 2022

【総務・経営企画ご担当者様必見!!】

 

働き方改革や新型コロナの影響で、テレワークの導入等、働き方が大きく変化しました。
変化後、働き方は定着してきているものの、今注目されているのが”はたらきがい”です。
セミナーでは約3,000名の意識調査をもとに、どのような体験が、チームにとって、また個人にとって
はたらきがいをもたらすのかを紐解きます。是非、組織の働き方を再設計するヒントに!

 

《セミナータイトル》

 

“はたらきがい”を育む働き方とは
WORK VIEW 2022

 

《セミナー日程》

 

2022年6月16日(木) 11:00~11:40

 

■こんな方におすすめ!
・新しい働き方を検討してる方
・テレワークを検討している方
・他企業の働き方動向を知りたい方

 

【注意事項】
※企業メールアドレスでお申し込みください。

個人アドレスでのお申し込みはお断りさせていただきますのでご了承ください。

 

※同業・競合他社・関係会社からのお申し込みはお断りさせていただきますのでご了承ください。

自律的な働き方を推進するハイブリッドワークへ ~最新事例に学ぶ、コミュニケーションの最適化を実現する秘訣とは~

【総務・経営企画ご担当者様必見!!】

 

アフターコロナを見据えた働き方として、リモートワークとオフィスワークを組み合わせたハイブリッドワークが注目されています。多くの企業がハイブリッドワーク導入に取り組む中で、大きな課題になっているのが社内のコミュニケーションです。離れた場所、異なる働き方の中でどのように円滑にコミュニケーションをとり、生産性・創造性を向上させるかが重要で、解決のためには新しいオフィスの役割や機能、DXによるアプローチが鍵となります。
本セミナーでは、企業のハイブリッドワークの取り組みの現状や課題を解説、課題となるコミュニケーションについて、実際に最前線で改革に取り組む有識者がオンライン/オフラインそれぞれの視点から実現のヒントを議論します。

 

《アーカイブ配信》※お好きなお時間にご視聴いただけます

 

2022年6月8日(水)-6月30日(木) 
※土日にお申込をいただいた場合、視聴URLの送付は翌営業日になります
※本動画は2022年5月18日に日経電子版オンラインセミナーで実施した内容をアーカイブとして配信するものです

 

《セミナープログラム》

 

1.基調講演(20分間) 
柔軟な働き方を推進するハイブリッドワークへ
~多様な働き方から多様性、創造性、生産性を向上~

 

相模女子大学大学院特任教授
白河 桃子氏

 

【講演内容】
働き方が変わると人の意識が変わる、ハイブリッドワークは働き方の進化でありオフィスの進化でもある、ダイバーシティ経営が求められる理由、働き方と同質性のリスク、心理的安全性とイノベーションなどについて講演します。

 

2.パネルディスカッション(40分間) 
自律的な働き方を推進するハイブリッドワークへ
~最新事例に学ぶ、コミュニケーションの最適化を実現する秘訣とは~

 

<パネリスト>
サンスター株式会社 総務部 東京人事・総務グループ グループ長
阿部 渉氏

 

コクヨ株式会社 WORKSIGHT編集長/ワークスタイル研究所 所長
山下 正太郎氏

 

株式会社ネオジャパン プロダクト事業本部 クラウド営業部長 兼 カスタマーサクセス部長 執行役員
早馬 一郎氏

 

<モデレーター>
相模女子大学大学院特任教授
白河 桃子氏

 

【講演内容】
多くの企業がハイブリッドワーク導入に取り組む中で、大きな課題になっているのが社内のコミュニケーションについて、基調講演に引き続き登壇いただく白河桃子氏とともに、最前線で改革に取り組むパネリストがそれぞれの視点で解説・議論します。オンライン/オフラインの課題と、ハイブリッドにそれらを最適化するために必要な要素とは。解決のヒントを探ります。

 

【注意事項】
※企業メールアドレスでお申し込みください。

個人アドレスでのお申し込みはお断りさせていただきますのでご了承ください。

 

※同業・競合他社・関係会社からのお申し込みはお断りさせていただきますのでご了承ください。

Cortex Symphony Japan 2022

【雑音ではなく旋律を】

 

オーケストラの調和が崩れれば、聞こえてくるのは雑音だけです。
セキュリティ運用も同じで、コア テクノロジを調和させなければ、将来的な脅威を無事に阻止することはできません。

 

年に一度のオンライン ユーザー サミットにご参加ください。

 

 

【見どころ】

 

・新たにどのような脅威が出現しつつあるかを、攻撃側と防御側、両方の視点から学ぶ
・自動化を利用したSOC変革事例
・脅威検出スキルと調査スキルを高めるヒントとコツ
・業界のベスト プラクティスを学び、チームや同僚の皆様と共有
・スペシャル ゲスト:著名なサイバー犯罪ジャーナリストであるBrian Krebs氏(krebsonsecurity.com)

 

※当イベントは午前の部・午後の部に分かれています。詳細は下記のプログラムよりご確認ください。

今、チェーン店で注目される効果的なマーケティング手法とは
〜SNS・マップ・動画・広告の活用で店舗販促の効果を最大化〜

コロナ禍において、これまでの顧客体験に大きな変化が生じる中、
お客様と新たな接点を作り、店舗販促の効果を最大化させるためにどうしたらよいかお悩みの企業様も多いのではないでしょうか。

 

本ウェビナーは、数あるマーケティング施策の中で、最も効果的なSNS・マップ・動画・広告の活用方法について
株式会社BESW、株式会社カンリー、株式会社グラッドキューブ、株式会社NewsTVの4社が具体的な事例を交えながらご紹介します。

 

<主な講演内容>
株式会社BESW:Instagramで新規顧客を獲得!明日から始められるノウハウを一挙大公開!
株式会社カンリー:これからの店舗集客におけるポイントを、これまで支援させていただいた企業様の具体事例と共に解説
株式会社グラッドキューブ:お客様とのタッチポイントの増加に効果的なGoogle 広告を使った店舗集客テクニックをご紹介
株式会社NewsTV:「動画広告」「動画コンテンツ」を軸に、SNSでより効果の出る動画の具体的な活用例を徹底解説

実践から学ぶ、働きやすいオフィスのつくり方 働きやすいオフィスには共通点が!

定員に達したため、お申し込みは終了しました。

 

【総務・経営企画ご担当者様必見!!】

 

どんなに準備、計画してつくったオフィスでも、時間が経過すると使い勝手の悪さ、不都合が日々表面化してきます。セミナーでは、そんな日常的なオフィスの問題を解決し、常にオフィス環境を快適な状態に維持し続ける運営維持のポイント、働きやすいオフィスづくりのポイントをご紹介します。

 

《セミナータイトル》

 

実践から学ぶ、働きやすいオフィスのつくり方 
働きやすいオフィスには共通点が!

 

《セミナー日程》

 

2022年6月21日(火) 15:00~15:30

 

■こんな方におすすめ!
・オフィスの維持管理をする総務ご担当者の方
・傘立てが晴れでもいっぱい!等、オフィスの日常的な課題を抱えている方
・オフィス移転・リニューアルした際うまく運用できなかったことがある方

 

【注意事項】
※企業メールアドレスでお申し込みください。

個人アドレスでのお申し込みはお断りさせていただきますのでご了承ください。

 

※同業・競合他社・関係会社からのお申し込みはお断りさせていただきますのでご了承ください。

フリーアドレスにおけるマネジメント方法とは フリアド歴20年、コクヨの事例でご紹介します!

【総務・経営企画ご担当者様必見!!】

 

新型コロナウイルス拡大以降、注目が集まるフリーアドレス。導入するとさまざまなメリットがある一方、心配な課題の1つに”マネジメントしにくい”が挙げられます。フリーアドレスにすると、従来の固定席型マネジメントからは脱却しなくてはなりません。セミナーでは、フリーアドレス歴20年のコクヨがどのようにマネジメントしているかご説明します。

 

《セミナータイトル》

 

フリーアドレスにおけるマネジメント方法とは 
フリアド歴20年、コクヨの事例でご紹介します!

 

《セミナー日程》

 

2022年6月14日(火) 11:00~11:30

 

■こんな方におすすめ!
・フリーアドレスを検討されたい方
・オフィスのリニューアル・移転を予定している方
・他の企業がどう働いているか知りたい方

 

【注意事項】
※企業メールアドレスでお申し込みください。

個人アドレスでのお申し込みはお断りさせていただきますのでご了承ください。

 

※同業・競合他社・関係会社からのお申し込みはお断りさせていただきますのでご了承ください。

「どげんかせんといかん!」
既成概念を壊して、日本企業は強くなる

定員に達したため、お申し込みは終了しました。

 

宮崎県知事時代、宮崎をどげんかせんといかんために「県庁に見学コースを作り、来場者50万人を超える人気の観光名所とした」「宮崎県産のマンゴーに自分のキャラクターを入れて、ブランディングを成功させた」 など既成概念を壊し、東国原氏はイノベーションを起こし続けてきました。
そして今、不確実性の世の中で多くの企業が苦境に立たされています。そのような中「どげんかせんといかん!」という思いのもと、地方企業や中小企業経営者の方に向けて、これからの戦略をたてる上での一助となるお話をいたします。ぜひご参加ください。

今やるべきSEOがわかる!2022年上半期最新SEOトレンド

今回のセミナーでは、約2,000社との取り組み実績のあるSpeeeが、
コアアルゴリズムアップデートで発生した定量面・定性面の変化を中心とした
2022年の最新SEOトレンドの振り返りと、Googleの発表を踏まえた今やるべきSEOを解説します。

 

・2022年上半期の変動傾向を定量的に振り返り
・SEOに関するトピックから読み解く2022年のトレンド
・最新SEO情報

上記のトピックを中心に、調査結果や事例等を解説致します。

 

また、今最も注目されている最新のSEO対策に関して、重要視されている背景から
具体的な対策方法まで、経験豊富なコンサルタントがわかりやすくお伝えします。

 

ご参加いただいた方には、特典として、
SEO ヘルスチェックシート」をご用意していますので、ぜひご参加ください。

今やるべきSEOがわかる!2022年上半期最新SEOトレンド

今回のセミナーでは、約2,000社との取り組み実績のあるSpeeeが、
コアアルゴリズムアップデートで発生した定量面・定性面の変化を中心とした
2022年の最新SEOトレンドの振り返りと、Googleの発表を踏まえた今やるべきSEOを解説します。

 

・2022年上半期の変動傾向を定量的に振り返り
・SEOに関するトピックから読み解く2022年のトレンド
・最新SEO情報

上記のトピックを中心に、調査結果や事例等を解説致します。

 

また、今最も注目されている最新のSEO対策に関して、重要視されている背景から
具体的な対策方法まで、経験豊富なコンサルタントがわかりやすくお伝えします。

 

ご参加いただいた方には、特典として、
SEO ヘルスチェックシート」をご用意していますので、ぜひご参加ください。

小売・飲食のチェーン店が今実践すべきエリアマーケティングとは?
〜販促活動をオフライン・オンラインで効率よく行う方法〜

店舗の認知拡大・購買行動を高めるためにチェーン店でよく実施されているマーケティング施策には、オフラインからオンラインまで様々な施策があります。
各施策を実行する中で、「店舗の販促活動をより効率化したい」といったお悩みを持つ担当者の方も多いのではないでしょうか。
本ウェビナーでは、数多あるマーケティング施策の中で「エリアマーケティング」をテーマに、
以下の2つの施策について、小売・飲食業界における具体事例とともにご紹介いたします。
・以前からオフラインの販促施策として活用されている「ポスティング」や「折込チラシ」の業務効率化
・マップサービスの普及により、新たな集客施策として注目を集める「Googleマップ」を活用した店舗集客術

営業成果向上のために必要なデータマネジメント

成果・生産性の向上をさせるべく営業活動のDXに期待が高まる中、営業データの活用に苦戦しているという方は多いのではないでしょうか。生産性高く成果を生み出す営業組織をつくるためにはデータドリブンなマネジメントが不可欠ですが、データを主軸とした組織構築がなされないままに、ITツールの導入や施策を行うことはDXが実現しない最大の要因となります。

 

データドリブンなマネジメントを行うためには、集めるべきデータの選定、データの集め方・分析方法・具体的手法など、営業組織におけるデータ活用方針や活用におけるあり方を組織として定め、推進する必要がありますが、データドリブンなマネジメントに苦戦しているというお声をよく耳にします。

 

本セミナーでは営業組織の成果向上・生産性を向上させるために必要なデータ、収集したデータの実践的な活用方法など、データドリブンな営業組織を構築する最新のマネジメント方法をSansan株式会社、株式会社セールスフォース・ジャパン、株式会社Retoolの3社にてプレゼンテーション形式でお伝えいたします。

 

当日限りのセミナーとなっておりますので、ぜひご参加ください。

~SDGsへの取組で企業価値向上に繋げる~
“環境配慮型”購買の取組事例ご紹介

総務・経営企画部門の方必見!
今話題のSDGs。まずは多くの社員が使う消耗品から始めてみませんか?
購買での取組手法や環境配慮型購買に貢献できる商品をお客様事例を交えてご紹介します!
「間接材購買でどんなことができるのか」や「他社ではどんな取り組みをしているのか」など
取り組みのヒントを探している方は是非ご参加ください。

 

<本セミナーでご紹介する事例>
・グリーン購買の現状把握ができていない状態からPDCAを回せる体制を構築した事例
・オフィスリニューアルをきっかけに環境配慮型購買の取組みを強化した事例
・環境配慮型購買でブランディングに貢献した事例

 

<こんな方におすすめ>
・SDGsに関した社内プロジェクトのご担当者様
・SDGsへの社内の取組として具体的に何をすればよいかお悩みの方

 

<セミナー日程>
2022年6月17日(金)11:00~11:30
※セミナーURLについてはお申込いただいたメールアドレス宛に改めてお送りいたします。

 

※競合他社からのお申し込みはお断りさせていただいております。
※お申込時に企業メールアドレス以外でお申込いただいた場合、お申込をお断りさせていただくことがございますので予めご了承いただけますと幸いです。