Nebulaライブ イベント

セキュリティ環境は変化しました。それも、大幅に。自動化を利用した巧妙な戦略を用いる攻撃者から、ネットワーク セキュリティ防御を突破できる回避型脅威まで、重大なサイバー攻撃がこれまで以上に増加しています。
最新のネットワーク セキュリティ イノベーション シリーズ『Nebula』を採用してインライン ディープ ラーニングを導入するとともに、クラウドの処理能力を活用しましょう。PAN-OS(R) 10.2 Nebulaはディープ ラーニングを利用して潜在的なゼロデイ脅威をリアルタイムに収集、分析、判断します(業界初)。その結果、回避型脅威の検出スピードが6倍、検出量が48%増というどの既存製品よりも優れた成果が得られるのです。

 

イノベーションが満載のライブイベントにご参加ください。Nebulaをネットワーク セキュリティ分野の大きな進歩たらしめる機能と長所について、パロアルトネットワークスのセキュリティ エキスパートが詳細に解説します。

 

<Nebulaによって実現できること>
・ゼロデイ攻撃の侵入の試みを即座に検出して阻止。
– Nebulaはセキュリティ分析を「オフライン」から「インライン」に進化させることで、パフォーマンスを犠牲にすることなく、データとディープ ラーニングの力で回避型攻撃をリアルタイムに阻止できます。
・従来の製品と比べて量・速度ともに優れた脅威対策。
– Nebulaはディープ ラーニングを利用して潜在的なゼロデイ脅威をリアルタイムに収集、分析、判断する業界初の能力を有します。
・スマート デバイスに最もスマートなセキュリティを導入。
– 最新のIoTセキュリティ2.0は、全デバイスの90%を48時間以内に検出して20倍高速にポリシーを決定することで、IoTデバイス向けの強力な可視性、コンプライアンス、ゼロ トラスト適用を実現します。

 

この他にもNebulaによって、パロアルトネットワークスの10番目のセキュリティ サービスであるAIOpsと最新の高度な脅威防御サービスが導入されます。また、高度なURLフィルタリング機能とDNSセキュリティ機能も強化されます。さらに、パロアルトネットワークスの第4世代ハードウェアPA-3400 SeriesとPA-5400 Series NGFWが一層強力な製品に。小型ながら機械学習を活用した3倍高速なセキュリティを実現します。
現代企業のための最新セキュリティ イベントに参加するチャンスをお見逃しなく。ぜひご登録ください。

─サステナビリティが企業経営を左右する時代─ 循環型ビジネスが示すアパレル経営の未来

サステナビリティ、SDGs、ESG投資・・・。多くの企業経営者は、これらのキーワードを流行り廃りのある“トレンド”として扱い、ビジネスと両立できないと考えているのが実情でしょう。しかし、欧米企業は既にサステナビリティをビジネス化しており、この潮流は近いうちに必ず日本に押し寄せます。

 

本ウェビナーでは、廃棄衣料品を繊維に戻し新たな衣服を作る究極のサステナビリティを実践する日本環境設計社長・髙尾正樹氏が登壇。循環型ビジネスの可能性を披露します。フルカイテン瀬川との対談では、リサイクル素材を使っても利益を出せるビジネスモデルへの変革について徹底討論していきます。

導入後全く動いていないマーケティングオートメーションツールをフル活用する為のMAツール本当の活用法

急激に導入が進んだマーケティングオートメーションツールですが、導入企業はおよそ3万社程度と推測できます。
しかしながら実際に効果を実感できている会社は導入企業の内の10%にも満たないのでは無いでしょうか。(当社企業調査による)
当社もMAツールの販売ベンダーですが、正直成果を出して頂くには毎度大きなハードルに直面してきました。
その苦戦の中で、行き着いた答えがMarketingREPというサービスです。
当セミナーではMAの本当の活用法からCookie規制問題を想定した追客法まで当社の実例を基に徹底解説をして参ります。
是非ともご参加の程よろしくお願いします。

 

【以下の条件に当てはまる方、是非ご参加ください】
・MAツールを導入したけど全く効果がない
・MAツールに大量の工数を取られ継続できない
・Cookie規制後どのような対策をすれば良いか不安
・MA導入を検討しているがどれを導入すれば良いかわからない
・MAを活用せずに追客する良い方法について調べている

なぜナノ・ユニバースはEC化率40%を実現できたのか – 集客から顧客育成までWebマーケティングの取り組み事例をご紹介

ECサイトを運営している方であれば、こんなお悩みがあるのではないでしょうか。
「コロナ禍以降、リアル店舗での集客が難しくECを強化したい」
「ECサイトの集客や会員獲得後のロイヤルカスタマーへの育成方法が分からない」
「リアル店舗とECを相互に活用するOMOに取り組みたいが、何からすれば良いのかわからない」
このセミナーでは、そのようなお悩みを解決します。

 

今回は、ナノ・ユニバース × b→dash × Speeeの共催で、
ECサイトと店舗を相互に活用するWebマーケティングのお取り組み事例を
パネルディスカッション形式でご紹介いたします。

 

Speeeとナノ・ユニバース様は、SEOによる集客力強化に2016年から取り組み、
オーガニック売上120%UP、指名キーワードの1位獲得率を70%以上UPさせるなど
大きな成果を上げることができました。

 

b→dashとナノ・ユニバース様は、データマーケティングソリューションの「b→dash」を利用して、
データ活用による既存顧客の育成に取り組み、その結果としてシナリオ数を2倍、
工数を1/3に削減しながら、KPIであるクロスユース率150%UPさせるという成果を上げています。

 

今回のセミナーでは、データを活用しながらどのように成果を創出したのか、
なぜナノ・ユニバース様はb→dashとSpeeeをパートナーとして選定したのかなど、
Webマーケティング活動の裏側も合わせてご紹介いたします。

 

ご参加いただいた方には、参加者特典「SEOヘルスチェックシート」をご用意しておりますので、是非ご参加ください。

なぜナノ・ユニバースはEC化率40%を実現できたのか – 集客から顧客育成までWebマーケティングの取り組み事例をご紹介

ECサイトを運営している方であれば、こんなお悩みがあるのではないでしょうか。
「コロナ禍以降、リアル店舗での集客が難しくECを強化したい」
「ECサイトの集客や会員獲得後のロイヤルカスタマーへの育成方法が分からない」
「リアル店舗とECを相互に活用するOMOに取り組みたいが、何からすれば良いのかわからない」
このセミナーでは、そのようなお悩みを解決します。

 

今回は、ナノ・ユニバース × b→dash × Speeeの共催で、
ECサイトと店舗を相互に活用するWebマーケティングのお取り組み事例を
パネルディスカッション形式でご紹介いたします。

 

Speeeとナノ・ユニバース様は、SEOによる集客力強化に2016年から取り組み、
オーガニック売上120%UP、指名キーワードの1位獲得率を70%以上UPさせるなど
大きな成果を上げることができました。

 

b→dashとナノ・ユニバース様は、データマーケティングソリューションの「b→dash」を利用して、
データ活用による既存顧客の育成に取り組み、その結果としてシナリオ数を2倍、
工数を1/3に削減しながら、KPIであるクロスユース率150%UPさせるという成果を上げています。

 

今回のセミナーでは、データを活用しながらどのように成果を創出したのか、
なぜナノ・ユニバース様はb→dashとSpeeeをパートナーとして選定したのかなど、
Webマーケティング活動の裏側も合わせてご紹介いたします。

 

ご参加いただいた方には、参加者特典「SEOヘルスチェックシート」をご用意しておりますので、是非ご参加ください。

テレワーク時代の業績向上につながるオフィスの創り方

 

 

行動心理視点での
人の基本的行動』から考えるテレワークの根本の課題と、
人が集まらなくなり、役目を問われるようになったオフィスを、
業績向上につながる場』として活かす為のオフィスの創り方を、
数々の事例と共に、お伝えするセミナーです。

 

 

 

■セミナータイトル

 

翔栄クリエイトが考える、
「テレワーク時代の、業績向上につながるオフィスの創り方」

 

 

 

■セミナー概要 

 

ニューノーマル時代の到来。
従来のように、当たり前にオフィスへ通う時代は終わり、
どの場所で仕事をするのかを自ら選ぶ。
そんな時代が来たと言われています。

 

結果、オフィスに来る人は来る。来ない人は来ない。
そのような状態の企業が増えつつあります。

 

私は、多くの経営者と話をさせて頂く中で、
「現状、特に問題はないが、
部下育成や、組織の結束を考えると、先々、大丈夫だろうか・・・
しかし、もうテレワークの時代だから、、、」と、若干不安に思いながらも、
気にしないようにしている方が多いと感じています。

 

テレワークであろうが、オフィスワークであろうが、
社員の結束を固め、気持ちを合わせて、
会社を前進させていく、それに変わりはありません。

 

行動科学の視点から、企業の業績向上のお手伝いを20年し続けてきた翔栄クリエイトが、
これからの時代に求めるべき、業績向上につながるオフィスの創り方をお伝えします。

 

 

 

■以下のように少しでも感じた事がある 経営者・経営幹部・管理職の方々、是非ご覧下さい。

 

・オフィスを縮小すべきか、維持すべきか判断に迷う、、、
・テレワークになり、以前に比べ、社員に想いが伝わらなくなってきた気がする、、、
・テレワークとオフィスワークの使い分けが、イマイチ判らない、、、
・もっと、オフィスを組織活性化の場として使うにはどうすればよいのか?  等

 

 

 

■録画配信 

 

配信期間:2022年3月25日(金)~3月31日(木)

 

申し込み受付時間:平日10:00~17:00

 

※申し込み後、24時間以内(※土日祝を挟む場合は翌営業日)に、視聴用URLをメールにてお送り致します。
 視聴は、24時間いつでもご覧いただけます。

 

 

 

■ご注意

 

※同業種・同業界企業からのお申し込みはお断りさせて頂きます。
※企業メールアドレスでお申し込み下さい。
 個人メールアドレスでのお申し込みはお断りさせて頂いております。ご了承下さい。
※日経BizGateイベントガイドに掲載の別日の弊社セミナーに既お申込みされた方は本フォーラムへのお申込みはお控え下さい。

 

 

 

 

テレワーク時代の業績向上につながるオフィスの創り方

 

 

行動心理視点での
人の基本的行動』から考えるテレワークの根本の課題と、
人が集まらなくなり、役目を問われるようになったオフィスを、
業績向上につながる場』として活かす為のオフィスの創り方を、
数々の事例と共に、お伝えするセミナーです。

 

 

 

■セミナータイトル

 

翔栄クリエイトが考える、
「テレワーク時代の、業績向上につながるオフィスの創り方」

 

 

 

■セミナー概要 

 

ニューノーマル時代の到来。
従来のように、当たり前にオフィスへ通う時代は終わり、
どの場所で仕事をするのかを自ら選ぶ。
そんな時代が来たと言われています。

 

結果、オフィスに来る人は来る。来ない人は来ない。
そのような状態の企業が増えつつあります。

 

私は、多くの経営者と話をさせて頂く中で、
「現状、特に問題はないが、
部下育成や、組織の結束を考えると、先々、大丈夫だろうか・・・
しかし、もうテレワークの時代だから、、、」と、若干不安に思いながらも、
気にしないようにしている方が多いと感じています。

 

テレワークであろうが、オフィスワークであろうが、
社員の結束を固め、気持ちを合わせて、
会社を前進させていく、それに変わりはありません。

 

行動科学の視点から、企業の業績向上のお手伝いを20年し続けてきた翔栄クリエイトが、
これからの時代に求めるべき、業績向上につながるオフィスの創り方をお伝えします。

 

 

 

■以下のように少しでも感じた事がある 経営者・経営幹部・管理職の方々、是非ご覧下さい。

 

・オフィスを縮小すべきか、維持すべきか判断に迷う、、、
・テレワークになり、以前に比べ、社員に想いが伝わらなくなってきた気がする、、、
・テレワークとオフィスワークの使い分けが、イマイチ判らない、、、
・もっと、オフィスを組織活性化の場として使うにはどうすればよいのか?  等

 

 

 

■録画配信 

 

配信期間:2022年4月1日(金)~4月7日(木)

 

申し込み受付時間:平日10:00~17:00

 

※申し込み後、24時間以内(※土日祝を挟む場合は翌営業日)に、視聴用URLをメールにてお送り致します。
 視聴は、24時間いつでもご覧いただけます。

 

 

 

■ご注意

 

※同業種・同業界企業からのお申し込みはお断りさせて頂きます。
※企業メールアドレスでお申し込み下さい。
 個人メールアドレスでのお申し込みはお断りさせて頂いております。ご了承下さい。
※日経BizGateイベントガイドに掲載の別日の弊社セミナーに既お申込みされた方は本フォーラムへのお申込みはお控え下さい。

 

 

 

 

コラム経由のCV数1.6倍!サンスター公式通販のSEO – 医療・健康系通販サイトにおけるSEO戦略戦術とは

Webサイトを運営している方であれば、こんなお悩みがあるのではないでしょうか。
「サイトの集客が広告中心だが、広告予算の上限に近づいており他の手法を検討したい」
「特定のカテゴリで強い認知度はあるものの、それ以外の商品の認知度を高めたい」
「自然検索流入を強化したいが、どこから対策すればいいのか分からない」
このセミナーでは、そのようなお悩みを解決します。

 

今回ご紹介するのは、サンスター様が運営する公式通販サイト
サンスターオンラインショップの事例。
お取り組み開始時から、自然検索流入数約5倍に増加させた事例となります。

 

特にコラムディレクトリにおいては、自然検索流入数は約8倍と大幅増加となっています。
また、自然検索流入を起点とするアシストコンバージョンの数値も、
対策前後で1.6倍となりました。

 

サンスターオンラインショップでの取り組みでは、サイトの状況を踏まえて
コラムページへの対策を優先的に行い、
その結果コアアルゴリズムアップデートで大きく順位を上昇させました。
また、コラムコンテンツは通常CVに寄与しにくいとされていますが 、
施策や運用の工夫を行うことで、前述のアシストコンバージョンも増加しました。

 

ECサイトで売上を上昇させるには、キーワード戦略が重要であり、
対策を怠ると自社サイト以外に顧客が流出し機会損失に繋がります。
本セミナーを通して、その機会損失を無くしチャンスに変えていく方法をお伝えします。

 

ご参加いただいた方には、参加者特典「SEO UIUXチェックシート」をご用意しておりますので、是非ご参加ください。
ぜひご参加ください。

コラム経由のCV数1.6倍!サンスター公式通販のSEO – 医療・健康系通販サイトにおけるSEO戦略戦術とは

Webサイトを運営している方であれば、こんなお悩みがあるのではないでしょうか。
「サイトの集客が広告中心だが、広告予算の上限に近づいており他の手法を検討したい」
「特定のカテゴリで強い認知度はあるものの、それ以外の商品の認知度を高めたい」
「自然検索流入を強化したいが、どこから対策すればいいのか分からない」
このセミナーでは、そのようなお悩みを解決します。

 

今回ご紹介するのは、サンスター様が運営する公式通販サイト
サンスターオンラインショップの事例。
お取り組み開始時から、自然検索流入数約5倍に増加させた事例となります。

 

特にコラムディレクトリにおいては、自然検索流入数は約8倍と大幅増加となっています。
また、自然検索流入を起点とするアシストコンバージョンの数値も、
対策前後で1.6倍となりました。

 

サンスターオンラインショップでの取り組みでは、サイトの状況を踏まえて
コラムページへの対策を優先的に行い、
その結果コアアルゴリズムアップデートで大きく順位を上昇させました。
また、コラムコンテンツは通常CVに寄与しにくいとされていますが 、
施策や運用の工夫を行うことで、前述のアシストコンバージョンも増加しました。

 

ECサイトで売上を上昇させるには、キーワード戦略が重要であり、
対策を怠ると自社サイト以外に顧客が流出し機会損失に繋がります。
本セミナーを通して、その機会損失を無くしチャンスに変えていく方法をお伝えします。

 

ご参加いただいた方には、参加者特典「SEO UIUXチェックシート」をご用意しておりますので、是非ご参加ください。
ぜひご参加ください。

良質なリード獲得の切り札になる BtoBのSEO戦略

Webサイトを運営している方であれば、こんなお悩みがあるのではないでしょうか。
「コロナ禍で対面営業が減り、受注することが難しくなっている」
「Webの集客を強化したいが、どう対策を進めたら良いか分からない」
「SEOに取り組んでいるが、なかなか成果が出なくて困っている」
このセミナーでは、そのようなお悩みを解決します。

 

今回のセミナーでは、約2,000社との取り組み実績のあるSpeeeが、
様々なBtoBビジネスの事業者様とのお取り組み事例を踏まえた、
BtoBサイトにおけるSEOの勝ち筋となる戦略・戦術を解説します。

 

新型コロナウィルスの感染拡大以降、直接対面で営業する機会は減りつつあります。
そのような状況では、toB向けビジネスの営業活動も
オンライン化への対策が急がれています。
これまで対面営業を中心にされてきた事業者様においては、
その減少分を補うために自社サイトの活用を考えられている事業者様も多いかと思います。
また、これまで自社サイトでの集客を強化してきた事業者様にとっても、
受注にまで繋がるような質の高いリードを獲得することには
苦戦されているのではないでしょうか。

 

オンラインでの集客においては、広告やSNSといった様々な手法はございますが、
その中でも重要な要素となり得るのが【SEO】です。
ただし、一般的なSEOの考え方に沿って対策したとしても、
BtoBビジネスの場合は効率的なリード獲得につながらない場合も多いです。

 

・BtoBとBtoCの違いはどのようなところにあるのか
・質の高いリード獲得のためには、どのような戦略を描けば良いのか
・オフライン/オンラインをどのように結びつければ良いのか

 

BtoBサイトにおけるSEOでは、上記のような観点が重要であり、
一般的なサイトにおけるキーワード選定や戦略と異なる考え方が必要です。
今回のセミナーでは、BtoBビジネスのサイトのSEOにおける基本的な戦略の考え方から、
対策方法まで、経験豊富なコンサルタントがわかりやすくお伝えします。

 

ご参加いただいた方には、特典として「SEO に関するヘルスチェックシート」をご用意しておりますので
ぜひご参加ください。

良質なリード獲得の切り札になる BtoBのSEO戦略

Webサイトを運営している方であれば、こんなお悩みがあるのではないでしょうか。
「コロナ禍で対面営業が減り、受注することが難しくなっている」
「Webの集客を強化したいが、どう対策を進めたら良いか分からない」
「SEOに取り組んでいるが、なかなか成果が出なくて困っている」
このセミナーでは、そのようなお悩みを解決します。

 

今回のセミナーでは、約2,000社との取り組み実績のあるSpeeeが、
様々なBtoBビジネスの事業者様とのお取り組み事例を踏まえた、
BtoBサイトにおけるSEOの勝ち筋となる戦略・戦術を解説します。

 

新型コロナウィルスの感染拡大以降、直接対面で営業する機会は減りつつあります。
そのような状況では、toB向けビジネスの営業活動も
オンライン化への対策が急がれています。
これまで対面営業を中心にされてきた事業者様においては、
その減少分を補うために自社サイトの活用を考えられている事業者様も多いかと思います。
また、これまで自社サイトでの集客を強化してきた事業者様にとっても、
受注にまで繋がるような質の高いリードを獲得することには
苦戦されているのではないでしょうか。

 

オンラインでの集客においては、広告やSNSといった様々な手法はございますが、
その中でも重要な要素となり得るのが【SEO】です。
ただし、一般的なSEOの考え方に沿って対策したとしても、
BtoBビジネスの場合は効率的なリード獲得につながらない場合も多いです。

 

・BtoBとBtoCの違いはどのようなところにあるのか
・質の高いリード獲得のためには、どのような戦略を描けば良いのか
・オフライン/オンラインをどのように結びつければ良いのか

 

BtoBサイトにおけるSEOでは、上記のような観点が重要であり、
一般的なサイトにおけるキーワード選定や戦略と異なる考え方が必要です。
今回のセミナーでは、BtoBビジネスのサイトのSEOにおける基本的な戦略の考え方から、
対策方法まで、経験豊富なコンサルタントがわかりやすくお伝えします。

 

ご参加いただいた方には、特典として「SEO に関するヘルスチェックシート」をご用意しておりますので
ぜひご参加ください。

テレワーク時代の業績向上につながるオフィスの創り方

 

 

行動心理視点での
人の基本的行動』から考えるテレワークの根本の課題と、
人が集まらなくなり、役目を問われるようになったオフィスを、
業績向上につながる場』として活かす為のオフィスの創り方を、
数々の事例と共に、お伝えするセミナーです。

 

 

 

■セミナータイトル

 

翔栄クリエイトが考える、
「テレワーク時代の、業績向上につながるオフィスの創り方」

 

 

 

■セミナー概要 

 

ニューノーマル時代の到来。
従来のように、当たり前にオフィスへ通う時代は終わり、
どの場所で仕事をするのかを自ら選ぶ。
そんな時代が来たと言われています。

 

結果、オフィスに来る人は来る。来ない人は来ない。
そのような状態の企業が増えつつあります。

 

私は、多くの経営者と話をさせて頂く中で、
「現状、特に問題はないが、
部下育成や、組織の結束を考えると、先々、大丈夫だろうか・・・
しかし、もうテレワークの時代だから、、、」と、若干不安に思いながらも、
気にしないようにしている方が多いと感じています。

 

テレワークであろうが、オフィスワークであろうが、
社員の結束を固め、気持ちを合わせて、
会社を前進させていく、それに変わりはありません。

 

行動科学の視点から、企業の業績向上のお手伝いを20年し続けてきた翔栄クリエイトが、
これからの時代に求めるべき、業績向上につながるオフィスの創り方をお伝えします。

 

 

 

■以下のように少しでも感じた事がある 経営者・経営幹部・管理職の方々、是非ご覧下さい。

 

・オフィスを縮小すべきか、維持すべきか判断に迷う、、、
・テレワークになり、以前に比べ、社員に想いが伝わらなくなってきた気がする、、、
・テレワークとオフィスワークの使い分けが、イマイチ判らない、、、
・もっと、オフィスを組織活性化の場として使うにはどうすればよいのか?  等

 

 

 

■録画配信 

 

配信期間:2022年3月4日(金)~3月17日(木)

 

申し込み受付時間:平日10:00~17:00

 

※申し込み後、24時間以内(※土日祝を挟む場合は翌営業日)に、視聴用URLをメールにてお送り致します。
 視聴は、24時間いつでもご覧いただけます。

 

 

 

■ご注意

 

※同業種・同業界企業からのお申し込みはお断りさせて頂きます。
※企業メールアドレスでお申し込み下さい。
 個人メールアドレスでのお申し込みはお断りさせて頂いております。ご了承下さい。

 

 

 

 

Microsoft365活用無料ハンズオンセミナー – 日報アプリ編

Microsoft365に加入したが、Teamsを使っているくらいで、
活用しきれていない…そんなお悩みをお持ちではありませんか?
Power Automate Desktop導入コンサルティングのアシスタントでは、
Power Automate Desktopのみならず、Microsoft365の活用コンサルティングも提供しております。
この度、年度末キャンペーン企画として、
「Microsoft365活用無料ハンズオンセミナー – 日報アプリ編」をリリースいたしました。
競合他社様からのお申し込みなど、弊社の判断で参加をお断りすることがございます。予めご了承ください。

Microsoft365活用無料ハンズオンセミナー – 日報アプリ編

Microsoft365に加入したが、Teamsを使っているくらいで、
活用しきれていない…そんなお悩みをお持ちではありませんか?
Power Automate Desktop導入コンサルティングのアシスタントでは、
Power Automate Desktopのみならず、Microsoft365の活用コンサルティングも提供しております。
この度、年度末キャンペーン企画として、
「Microsoft365活用無料ハンズオンセミナー – 日報アプリ編」をリリースいたしました。
競合他社様からのお申し込みなど、弊社の判断で参加をお断りすることがございます。予めご了承ください。

「リスキリングなくしてDXなし」
~事例と共に語るDX時代の人材育成戦略~

大手企業の多くがリスキリング(=Reskilling、職業能力の再開発、再教育)に取り組み、日々ニュースや新聞でもリスキリングや再教育という言葉が多くなっています。これは、社内のDXを推進していくために、社内の人材戦略が急務となっていることが原因です。新型コロナウイルスの影響によって、非対面、すなわちデジタル空間を通じたサービスの提供やモノづくりが必須になった世の中。DXを実現するためには、社内人材の迅速なリスキリングが不可欠。まさに「リスキリングなくしてDXはなし」という状況に多くの企業が陥っています。

 

弊社は過去20年にわたって個人のスキル開発を支援したノウハウを用いて、これまで総勢170社、延べ約2万人へのITスキル研修を実施してきました。
本セミナーでは、リスキリングが注目されるようになった原点からさかのぼり、リスキリングをはじめたての企業が人材戦略、人材育成として、どのようにリスキリングを進めていくべきなのかを、過去の事例から具体例を交えて紐解いていきます。

今話題の給与前払いサービスを導入するメリットとは?

【好評につき追加開催!経営者・人事総務担当者様必見!今話題の給与前払いサービスについて解説します!】
コロナ禍において、働く環境が急激に変化している中、最近では給与のデジタルマネー化の動きもあり、
給与受取の柔軟性は益々需要が高くなっています。
本セミナーでは、今注目されている「給与前払いサービス」について解説いたします。

 

〈こんなお悩み・疑問をお持ちの方にオススメ〉
・人手不足で仕事が回らない、人材が定着しない
・給与前払いサービスは利用料が高そう
・自社で回そうと思ったけど、事務処理が大変
・もっと簡単に前払い制度を導入したい
など…

 

弊社の給与前払いサービス「プリポケ」は、立替払い型と直接払い型の2つのプランをご用意しております。
本セミナー終了後、ご希望の企業様には、オンライン等によりそれぞれに合ったプランをご提案させて頂く用意がございます。
ぜひお気軽にご相談頂ければ幸いです。

 

両プランについても詳細をご説明いたしますので、
3/9 参加をお待ちしております!

 

なお、競合及び、同業企業様からのお申込はお断りさせて頂いております。
また、お申込時に企業メールアドレス以外をご使用頂いた場合、お申込をお断りさせて頂くことがございますので、
予めご了承頂けますと幸いです。

センサー・通信・ノイズ対策など需要が拡大!電子電気業界のAI翻訳活用事例

世界の電子機器需要は2020年以降拡大を続け、2021年は過去最大の水準に達しています。 注目技術である5GやEV(自動車)の需要も高まる一方です。
日本企業の電子機器販売や新規プロダクト開発において海外企業との競争は避けられません。 開発や検査、通関部門など多くのパターンで外国語を使う需要も増えているでしょう。
今回はそんな電気電子業界の専門用語にも対応するAI翻訳を活用する方法をご案内します。

 

このような方におススメ
・通関(貿易)関連や技術関連、検査関連で翻訳する機会が多い
・サプライチェーン構築における研究開発で外国語の文章を読む
・海外工場とのやりとりが多い
・コロナ渦の落ち着きにより業務が増えている
・電気電子業界における翻訳業務での弊社プロダクトの活かし方を知りたい

AIを活用したドキュメントDXによる文書作成・レビュー効率化

海外企業との取引や協業、現地法人の設立等 法務関連業務において、英文契約書を取り扱う機会は近年急速に増えています。
英文契約書はそのレビューやドラフト時の翻訳にも大きな労力が掛かるため、効率化の施策を検討されている企業も多いようです。 本ウェビナーでは、FRAIM株式会社が提供する「LAWGUE」、ロゼッタが提供するAI翻訳エンジン「T-4OO」のディープ・コラボレーションによる ドキュメントDX:日・英の文書作成・レビューを効率化するソリューションをご提案いたします。

 

このような方におススメ
・法務部門/知財管理部門の方
・契約書の作成/修正/レビュー作業を効率化したい
・過去の翻訳ナレッジを集約、管理したい
・業務効率化/DXを推進したい経営企画/管理部門の方