法務・総務に特化したランチタイムスタディの25分┃ManegyランスタWEEK

◆ランチタイムに食事をしながら視聴可能、気軽に学べるオンラインイベント◆

法務・総務関連業務に携わっている方の方々向けに、
ランチタイムに気軽に学べるオンラインイベントを開催いたします。

法務・総務関連業務に精通した講師陣が、最新動向や業務のノウハウなどをわかりやすく解説します。

【注意事項】
<セミナー内容・申込について>
・本ページよりお申し込みいただくと、下記セッションにお申し込みいただいたことになり、ご入力いただいた情報が下記企業に開示されます。
株式会社LegalForce、GVA TECH株式会社、FRAIM株式会社、株式会社リセ、株式会社エイトレッド、株式会社スマートドライブ、ContractS株式会社、寺田倉庫株式会社、LawFlow株式会社、サイオステクノロジー株式会社
・開催日を過ぎたお申し込みの場合、後日ご視聴いただけるURLをご案内いたします。

クラウドHPCプラットフォーム Rescale ScaleXセミナー
~クラウドHPCで実現する設計変革 弊社取り組みと事例紹介~

☆日程:2021年11月17日(水)13:00-15:00
☆名称:クラウドHPCプラットフォーム Rescale ScaleXセミナー
    ~クラウドHPCで実現する設計変革 弊社取り組みと事例紹介~

☆費用:無料(事前WEB登録制)

☆主催:伊藤忠テクノソリューションズ株式会社

☆概要:Rescale ScaleXは、製品開発や生産にかかわる解析業務に必要なコンピュータとアプリケーションをクラウドで提供します。
従来のピーク時順番待ちやオンプレ計算資源制約による解析時間短縮が困難な場面や設計探索などの一次的な資源ニーズなどに対して、柔軟に資源を提供し、大幅な時間短縮、設計品質向上による設計環境の改革を実現します。
セミナーでは、事例を交えながらScaleXの紹介を致します。

☆AGENDA
1.CAEに適したマルチクラウド戦略とRescaleのソリューション (30分)

2.ソフトウェアベンダーとしてのCTCが取り組むクラウド戦略 (30分)

3.ScaleX事例のご紹介 (30分)

もしPDFファイルが精度高く翻訳できたらあなたの業務、劇的に改善出来ませんか?
~紙ベース資料翻訳の効率化による翻訳スピードの劇的変化~

もしPDFファイルが精度高く翻訳できたらあなたの業務、劇的に改善出来ませんか?
紙やPDFなどの紙ベース資料を効率良く翻訳しその他の業務に使える「時間」が短縮出来たら貴方のビジネスにどれだけインパクトが出るでしょうか?

又、製造業に於けるDX推進の重要性について昨今益々議論が活発になってきております。
特に海外とお取引のある企業様に於いて未だPDFでの書類データが多く翻訳作業に手間取ってらっしゃるのではないでしょうか?

そういったお悩みの声をお聞きしまして今回は「もしPDFファイルが精度高く翻訳できたらあなたの業務、劇的に改善出来ませんか?」
というテーマでウェビナーを開催します。

当日はデモで具体的な翻訳方法をお見せいたします。

どの位の効率化が図れるかが分かるよう、デモンストレーションさせて頂きますのでそのすごさを体感していただけたらと思います。

このような方におススメ
・画像PDFを読み込み翻訳を直ぐにしたいご担当者様
・原文修正ができること=翻訳精度を上げたいご担当者様
・ぺーパレス化したいが移行できず困ってらっしゃる総務ご担当者様
・ぺーパレス化したいが移行できず困ってらっしゃる海外工場を管理している監督者様
・DXをすすめようとしていたがPDF書類が多く翻訳に困ってらっしゃるDX推進部門のご担当者様
・AdobeAcrobatProを使っての翻訳に困ってらっしゃるマニュアル部門のご担当者様

IPランドスケープを促進する機械翻訳エンジンの実力とは?

知財情報分析と企業戦略を統合するタームとして、近年注目を浴びる「IPランドスケープ」。非常に高度な価値判断が要求される一方、特許調査等の膨大な情報収集も必要となるため、 早急なシステム効率化を迫られる知財担当部門の声も聞かれます。IPランドスケープの概略に触れながら、 専門分野に対応したAI自動翻訳による特許調査の効率化事例について解説します。

このような方におススメ
・知財管理部門の方
・知財関連コンサルティングファーム、知財翻訳を扱う専門翻訳会社
・海外特許の調査/分析を効率的に進めたい
・知財情報を自社の企業戦略に活用したい
※本ウェビナーは10月28日開催分の再放送です。

外国人材の早期離職を防ぐ、「見極め・受け入れ・生活サポート」ノウハウセミナー

【社宅管理をされている企業の人事・総務ご担当者様必見!】

今後より多くの外国人材が日本企業に入社することが見込まれています。しかし日本には独特の習慣があり、様々な夢をもって日本に来る方が、「外国人だから」という理由で困難な場面に遭遇することが たくさんあります。特に外国人材の方々が自分達で住まいを探すのは簡単なことではありません。

そこで外国人材向けの社員寮(借り上げ社宅)を用意するケースもありますが、その管理においてはExcel管理によるファイルの肥大化やデータ消失、各種手続きに関する業務負荷などといった課題があり、簡単な事ではありません。
また住まいのサポート以前に、自社にマッチする外国人材を集めて見極め、職場の受け入れ力を高めることも重要です。職場の10人に1人が外国人になりえる2030年に向けて、外国人採用の仕組みを作ることは組織を維持する必須条件です。文化・価値観の異なる社員で組織を動かすにはIQ・EQに次ぐ概念、CQ(文化の知能指数)が鍵となります。

本セミナーでは、社宅管理における課題を解決するシステム管理ノウハウのご紹介およびCQを中核とした外国人採用戦略の解説を実施し、外国人採用における皆さまの疑問や不安が解消されることを目指しております。

※ 競合他社製品をお取り扱いの企業様およびフリーメールでのお申込はお断りしております。
予めご了承のほど、よろしくお願いいたします。

「伝わる」会議を実現する最新 IT コミュニケーション
会議を効率化し、新しい価値を生み出すニューノーマル時代の働き方とは?

新型コロナウイルスの感染拡大は、働き方を大きく変化させ、企業のDXを加速させました。特にテレワークの浸透は、オフィスの在り方にも大きな変化を与えました。一方で、オンライン会議が一方通行になり生産性が上がらないという新しい課題も生まれ、出社している社員同士による会議の効率化だけでなく、テレワーク中の社員も含めた新しい会議の形が求められています。本セミナーでは、電子ホワイトボードの活用例や、オンラインでのホワイトボードを活用した会議の進め方を紹介し、次世代オフィスに求められる役割は何か、効果的に相手に伝わる会議を行うにはどうすればよいのかを紐解きます。