【一人法務向け】契約書チェックを法務AIはどのように効率化するか

企業にお勤めで、契約書のリーガルチェックについて情報収集中の方に、「契約書AI活用のセミナー」を開催させていただきます。ぜひお気軽にご参加ください。

本セミナーでは、契約書チェックに関して弁護士が業務のコツをお話するお役立ちセミナーです。また、「法務AI」を使って和文・英文の契約書レビューを効率的に行うためのAI活用のポイントや導入効果を1時間で解説します。

講師は、元西村あさひ法律事務所パートナーのリセ社代表の藤田美樹 弁護士が経験を交えて『契約書のチェックすべきポイント』と、契約書チェックAIクラウド「LeCHECK(リチェック)」最新版を使って活用法と導入効果についても講演します。

【セミナー概要】
日時:10月25日(月)
場所:オンライン(ZOOM)

【内容】
・少人数法務の見えないリスクとは
・紛争になりやすい契約書のチェックポイント
・契約書チェックAIクラウド「リチェック」の機能と導入効果
・英文契約書チェックのポイント
・準拠法条項
・支払い条項
・管轄条項など
を詳しく解説します。

【参加費】
無料

【ご対象の方】
企業にて、契約書のチェックや作成業務をご担当されている方。※現在法人にお勤めではない方、対象部署以外の方のご参加は何卒お控えください。

一人法務で
・契約書チェックの時間が足りない
・チェック内容に不安がある
・作業が面倒とお困りの方
・顧問弁護士の費用と時間を削減したい

また、少人数で法務を担当されていて
・リーガルチェックの基準が担当者ごとに異なって困る
・経験のある担当者が辞めるので人を教育する必要がある

といった方におすすめです。

契約書チェック業務改善を検討されている皆様にとって有益な情報となるかと思いますので、ぜひご参加ください。

※ 競合他社製品をお取り扱いの企業様およびフリーメールでのお申込はお断りしております。
予めご了承のほど、よろしくお願いいたします。

脱PPAP総点検~脱したつもりになってない?つまずきがちなポイントを解説~

2020年11月の平井卓也デジタル大臣の脱PPAP発言以降、まもなく1年が経とうとしています。最近では「PPAP対策を実施してきたものの、うまくいかない」というお問い合わせを多くいただくようになりました。そういった企業様の声から、ある共通の課題がみえてきました。
本ウェビナーでは、PPAP対策を実施し始めた企業がつまずきがちなポイントを解説しながら、PPAP対策を総点検します。

18:00からの開催となりますので、業務時間中にウェビナー視聴が難しい方にもおすすめです。
皆様のご参加を心よりお待ちしております。

こんな方におすすめ
・PPAP対策検討時に直面する課題や、解決方法について具体的に知りたい
・脱PPAPに関して情報収集しており、一歩踏み込んだ情報が知りたい

経理現場からはじめる近未来トレンドを見据えた業務のデジタル化とは
-「電子帳簿保存法」対応からはじめる実用的なDXへのアプローチ -

【関西、東海、中四国エリアにお勤めの財務・経理・情シスご担当者様必見!!】

ニューノーマルな時代が到来したことで、テレワーク、ペーパーレス、電子取引、等が当たり前の世の中となってきました。
また電子帳簿保存法の適用要件緩和、インボイス対応等、ここ数年にわたり経理業務もデジタル化に向けて環境が大きく変わろうとしています。これらはDXのテーマにもよく設定されており、検討が加速しておりますが、実際の経理現場ではどのように活用できるのでしょうか?本セミナーでは、経理現場における実用的な業務改善を施したDXの取り組みと考え方について、NTTデータ関西が導入支援したお客様の事例を通じてご紹介させていただきます。

【セミナー概要】
■日時:10月21日(木)14:00~15:00
■場所:オンライン(ZOOMを予定)
■参加費:無料
■対象:関西、東海、中四国エリアの財務・経理・情シスご担当者さま
  ※上記対象エリア外や同業他社および個人の方の参加はお断りさせていただく場合がございます。
   あらかじめご了承ください。
■プログラム詳細
①NTTデータ関西が描く、経理業務デジタル化へのシステムデザイン
~お客様が目指す繋がる会計とは~
 開催日時:10月21日(木) 14:00~14:20


業務のデジタル化に向けた課題を提起し取り組むにあたって、NTTデータ関西が描く、経理業務デジタル化へのシステムデザインを、お客様の導入事例を踏まえご紹介します。
講演者:NTTデータ関西 第一法人事業部 営業担当 主任 竹内 知矢

②Biz∫で実現するDX!
~電子帳簿保存法や電子インボイス制度を見据えた取り組み~
 開催日時:10月21日(木) 14:20~14:35


電子帳簿保存法やインボイス制度などにより、経理業務のデジタル化が加速しております。
本講演では経理業務に関わる直近の制度改正に対するERPメーカーとしての対応方法をご紹介いたします。
講演者:NTTデータビズインテグラル コンサルティング事業部 コンサルティング部 谷口 恭平

③改正電帳法・電子取引データの保存はSPAでこう乗り切る!
 開催日時:10月21日(木) 14:35~14:50


令和3年度の改正電子帳簿保存法がいよいよ2022年1月より施行されます。
本セッションでは「電子取引における紙保存措置廃止」への対応に苦慮されている方や、ペーパーレスやデジタル化を推進したい方向けに、「電子取引に置ける紙保存措置廃止」への対応ポイントの解説と共にJIIMA認証を取得したSPAや電帳法支援サービスをご紹介いたします。
講演者:ウイングアーク1st株式会社 上級文書情報管理士・記録情報管理士1級 直江 優

財務・経理業務改善を検討されている皆様にとって有益な情報となるかと思いますので、ぜひご参加ください。

経理の未来会議 2021

定員に達したため、お申し込みは終了しました。

「経理の未来会議」は、特に財務経理領域に携わり、企業の成長をファイナンス面から支えている方々とともに考える未来をコンセプトとしたオンラインカンファレンスです。業界のトップリーダーによる講演やセッション、実務家による具体的なノウハウ共有を通じて、ファイナンス戦略をはじめ、経理業務の非効率をなくしバックオフィス業務がなめらかにつながる環境を実現するためのヒントなどを得ることができる1日となります。

基調講演は、APAMAN株式会社代表取締役 兼 システムソフト取締役 大村浩次氏と当社代表取締役社長CEO 辻庸介による対談で、APAMANのデジタル化推進やその経営の強さの根源に迫ります。午後からの2つの特別講演は、大型資金調達を成功させたCFOとしてユニファ株式会社 取締役CFO 星直人氏と当社取締役執行役員CFO 金坂直哉が登壇します。また、全国の生産者から食材などを直接購入できるオンライン直売所「食べチョク」を運営する株式会社ビビッドガーデン 代表取締役社長 秋元里奈氏とジャフコ グループ株式会社 投資部 プリンシパル 小沼晴義氏をゲストに迎え、ユーザーにも投資家にも応援され続けるベンチャーをどう作るのかといったテーマでセッションを繰り広げます。

当社は、「変化を恐れない企業のための進化し続けるERP」をコンセプトに、企業の成長にあわせて様々な領域のサービスを柔軟に活用できる『マネーフォワード クラウドERP』を展開しています。『マネーフォワード クラウド契約』や『マネーフォワード クラウド固定資産』や『マネーフォワード クラウド人事管理』も開始するなど、サービスラインナップ拡充に努めています。今後も当社は、会計財務に加えて、法務、人事労務分野も含めた、企業のバックオフィス全体の課題解決を目指していきます。

■「経理の未来会議2021」開催概要
イベント名:「経理の未来会議 2021」
開催日時 :10月13日(水)10:30~18:15
場所   :オンライン
参加費  :無料・事前申込制

データから読み解く、システムの持続的変革を妨げる障壁とは!? ~Aras Innovatorが示す、これからの製造業DXの可能性~

製造業やITに限らず、デジタルトランスフォーメーション(DX)の必要性が謳われて久しくなりましたが、その一方で、日経BP社の調査で約半数の企業が順調ではないと回答しているように、DXは必ずしも進んでいるとは言えない状況も見えてきています。特に、製造業のITシステムでは、迅速なビジネス変革やその意思決定に必要なデータ基盤であるPLMが、旧システムのままDXの足かせにもなりかねない状態であるとも言われています。

本ウェビナーでは、CIMdata日本代表の江澤様をゲストスピーカーお迎えし、製造業のITシステム、特にPLMシステムについて、これからも継続するDXには避けて通れない持続的な変革を実現するためには、何が障壁になっているのか、それを回避するためのポイントや施策について、データを交えながらご紹介します。

◆セッション◆
1. はじめに(アラスジャパン合同会社)

2. 競争優位のためのデジタルトランスフォーメーション (DX) にはPLM実装の再考が必要(メタリンク株式会社)

3. DXによる持続的変革を“手の内化”するAras Innovator(アラスジャパン合同会社)

◆講演者◆
江澤 智 様
米国CIMdata日本代表(メタリンク株式会社 代表取締役社長)
大手専門商社で約20年、米国製先端製品の日本市場展開のソフトウエア技術者に従事、取引先企業でのR&D参画、地図情報管理システムやエキスパートシステム、製造業向けインテリジェントドキュメントや初期のPDMシステムの啓蒙&実装、1995年、経験を活かしメタリンク (株) 創業、同時に米国CIMdata社の日本代表、現在に至る。一貫してPLMを中心にプロバイダー&エンドユーザー両者を支援。CMII Certified (ICM (現IpX) 社&アリゾナ州立大学)

真殿 晃輔
アラスジャパン合同会社 コミュニティ マネージャー
新卒でシステムインテグレーターに入社。CAD/PLM/MESソリューションの営業として延べ70社超の顧客を担当。アラスジャパン入社後は、DX時代のIT人材不足という課題を解決すべく「ベンダーロックインからの解放」をキーワードにAras Innovatorの「ローコード」「オープン性」を活かした提案活動に従事している。

※ 競合他社製品をお取り扱いの企業様およびフリーメールでのお申込はお断りしております。
予めご了承のほど、よろしくお願いいたします。

最適な「場所」と「時間」を自分で選択できる働き方、ABWの実態とは? ~オフィスリニューアルのご参考に!~

定員に達したため、お申し込みは終了しました。

【総務・経営企画ご担当者様必見!!】

今後の働き方、オフィスはどう変わるのだろうか?新たな感染症、自然災害等、推測不可能なことが多いこれからの不確実時代に、テレワークを含めた働き方の「柔軟性」に注目が集まっています。本セミナーでは、場所や時間を選択して働くABW(Activity Based Working)の働き方の実態や良さ、また働き方を支えるオフィスはどういう空間か、コクヨ品川オフィス、「THE CAMPUS」を事例にお届けします。

《セミナータイトル》

最適な「場所」と「時間」を自分で選択できる働き方、ABWの実態とは? 
~オフィスリニューアルのご参考に!~

《セミナー日程》

2021年10月26日(火) 11:00~11:30

■こんな方におすすめ!
・オフィスリニューアルを予定している方
・新しい働き方にシフトしようと考えている方
・最近の働き方、オフィスの動向を知りたい方

【注意事項】
※企業メールアドレスでお申し込みください。
個人アドレスでのお申し込みはお断りする可能性がございますのでご了承ください。

※同業・競合他社からのお申し込みはお断りさせていただきますのでご了承ください。

実践から学ぶ、働きやすいオフィスのつくり方 ~働きやすいオフィスには共通点が!~

定員に達したため、お申し込みは終了しました。

どんなに準備、計画してつくったオフィスでも、時間が経過すると使い勝手の悪さ、不都合が日々表面化してきます。セミナーでは、そんな日常的なオフィスの問題を解決し、常にオフィス環境を快適な状態に維持し続ける運営維持のポイント、働きやすいオフィスづくりのポイントをご紹介します。

《セミナータイトル》

実践から学ぶ、働きやすいオフィスのつくり方
~働きやすいオフィスには共通点が!~

《セミナー日程》

2021年10月20日(水) 14:00~14:30

■こんな方におすすめ!
・オフィスの維持管理をする総務ご担当者の方
・傘立ては晴れの日でもいっぱい!など、オフィスの日常的な課題を抱えている方
・オフィス移転・リニューアルした際うまく運用できなかったことがある方

【注意事項】
※企業メールアドレスでお申し込みください。
個人アドレスでのお申し込みはお断りする可能性がございますのでご了承ください。

※同業・競合他社からのお申し込みはお断りさせていただきますのでご了承ください。

目標達成をし続ける営業組織の秘訣は仕組みにあり!
リクルートとキーエンスの営業組織の仕組みを徹底解説

定員に達したため、お申し込みは終了しました。

【このセミナーで学べるポイント】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●リクルートの 営業メンバーがやりがいを感じ、行動を促すことで成果を上げ続ける営業組織の仕組み
●キーエンスの 徹底した管理で自社の利益を考え、行動できる営業人材を生み出す仕組み
●自社の業界・組織にはどちらの仕組みがマッチするのか?判断のポイントとは?

【メンバーが目標達成に徹底的にコミットする組織の創り方、知りたくありませんか?】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
日本を代表する営業組織リクルート/キーエンス徹底比較し、目標達成をし続ける営業組織の創り方を解説します。

組織体系の構築や営業管理方法など、この2社はこれまで別々のベンチマークとして語られてきました。
それは、表面的には大きく異なる組織創りをしているためです。

しかし、2社を比較すると”目標を達成し続ける営業組織の本質”ともいうべき共通点・原理原則が見えてきました。
その共通点とは<営業の圧倒的稼働率を生み出すメカニズム>です。
ここでの稼働率とは業務時間内における売上を生み出す行動の割合を指します。

2社とも営業メンバーが売上を生み出す行動を自発的に行う仕組みを整えることで
目標達成に強烈にコミットする組織を実現しています。

しかし、同じ目的に対して、両社の仕組みは対照的です。
ー――――――――――――――――――――――――――――――――
 リクルート:営業メンバーにやりがいを感じさせ、行動を促す仕組み
 キーエンス:定義された成果を出すやるべき行動を徹底させる仕組み
ー――――――――――――――――――――――――――――――――

今回のセミナーでは、それぞれの仕組みの解説と商材や業界の特徴に応じて
どちらの組織作りが適しているのかもお伝えいたします。

また、2社の営業組織の創り方以外にも、組織創りのノウハウを活用した
・半年で20件しかアポ獲得できなかった営業組織が、3日でアポを20件を実現した営業マネジメント変革
・受注が0件だった新商品に対して、4か月で6つの業界の勝ちパターンを生み出した営業組織変革
といった具体的な営業組織変革の事例もご紹介します。

【Indeed社登壇決定】「Indeedが3rd Party Cookie計測終了」でどう変わる?派遣会社の採用トレンド徹底解説

近日Indeedがプライバシー保護の観点からCV計測用のCookieの発行を取りやめるなど、今日の採用活動をとりまく環境は大きな変化を迎えます。
それによって今後人材業界はどう変わっていかないといけないのか、採用戦略にも変化が求められる今、これからの勝ち筋のヒントをお伝えいたします!

今回のセミナーは人材支援を行っている3社が集結し、対談形式で実施。

人材派遣事業を行い採用管理システムも提供する 株式会社キャスティングロード
求人媒体最大手 indeed Japan株式会社
Web運営のプロ オンサイト株式会社

人材業界の皆さま、こんなお悩み抱えていませんか?

・IndeedでCV計測ができなくなることでどんな影響があるのか。
・Indeed以外の媒体も検討すべきなのか?
・サイトクローリングをやめて直接投稿に切り替えるべきだろうか。

今回のセミナーでは、
・今後のIndeedに対する向き合い方とは!
・自社採用サイトを軸とした新たなWeb集客体制の可能性!
・集客データを活用・分析する際のポイント!
を、メインに様々な立場、目線から人材獲得のプロフェッショナルとして活動する講師3名が、今後の人材派遣会社の採用戦略を余すことなく公開いたします。

【年商3~50億の売り手様向け】M&Aアドバイザーの選び方と注意点~今注目のセカンドオピニオン&FAとは?

※事業譲渡をお考えの売り手オーナー様以外(M&A仲介会社やFA会社など同業者、会計事務所、中小企業向けコンサルタント、買い手担当者など)の参加はお断りしております。予めご了承ください。

[好評につき第二弾]
M&Aを買い手として経験した大手金融機関出身者が買い手の実情やM&Aのコツをお伝えします。
今回はゲストにM&A仲介とFA(セミナーにて解説します)を両方経験し、両社の良し悪しを当事者として体験した公認会計士をお呼びしました。
対談にて事例を交えて率直な意見交換を行います。

【概要】
M&Aアドバイザー各社の特徴や強み、活用法や留意点が分かる1時間

【対象者】
M&Aでの事業譲渡を検討中の中小企業オーナー様で、既に情報収集を開始されている方

【内容】
第一部:M&A会社各社の特徴と強み~セカンドオピニオン会社による業界解説
そもそもM&A会社にはどのような種別があるのか?どのM&A会社を活用するのが良いのか?多数寄せられる疑問にM&A調査会社がお答え。大手から中堅、小規模の会社まで、特徴や強みなどを解説します。

第二部:【対談】売り手を救うFAとは~M&A業界を渡り歩いた公認会計士による解説
M&Aといえば仲介会社が有名ですが、仲介ではないアドバイザーもいます。仲介も仲介以外の形態も両方こなしてきた公認会計士に業界内部からの生の声を聞きます。

第三部:信頼できる相談相手の見極め方と、セカンドオピニオンが命運を分ける本当の理由
~M&Aでよくあるお悩み解消
実は中小企業庁がセカンドオピニオンを推奨しています。M&Aはオーナー様にとって人生を変えるほど重大なご決断であり、それゆえに悩みが尽きないのは自然なことですが、他にも業界に起因する様々な背景があります。セカンドオピニオンが推奨される背景と具体的な活用法をお伝えします。

【プロセスマイニング入門ウェビナー】 業務改革を成功させる地図を手に入れる

定員に達したため、お申し込みは終了しました。

この度、プロセスマイニング入門ウェビナーを開催します。

「業務改革を進めたいがどこから手を付ければ良いかわからない」
「プロセスマイニングに興味があるが、具体的なイメージが湧かない」
このような課題を感じている方向けに、業務改革を成功へ導くステップと事例を解説します。

本来、可視化できていないものは改善が不可能ですが業務改革においては現状を把握しないままシステム導入・RPA導入などのプロジェクトを見切り発車した結果うまくいかないケースが多発しています。
業務改革のファーストステップとなる「業務のボトルネック」発見をどのように進めるのか、そしてプロセスマイニングがどのように役立つのか理解することができるウェビナーです。ぜひご参加ください。

コンテンツ
1.業務改革の進め方
2.プロセスマイニングの価値とは何か
3.プロセスマイニングの活用事例
4.日本型プロセスマイニングの進め方

こんな方におすすめ
・プロセスマイニングに興味がある方
・社内の業務改革推進を担当している方
・業務可視化に課題を感じている方

コロナ禍におけるマーケット環境とDCを活用した資産形成~加入者はどのくらい儲かっている?~

この度、DC導入を検討されている外資系企業の担当者様向けに「コロナ禍におけるマーケット環境とDCを活用した資産形成~加入者はどのくらい儲かっている?~」をテーマにセミナーを実施いたします。

コロナ禍で変化するマーケット状況を振り返るとともに、今後のマーケットの見通しについて解説します。またDC加入者の運用実態や運用状況を踏まえて、どのようにDC制度を運営したらよいか、加入者と向き合っていくとよいのかご説明いたします。

昨今、多くの外資系企業様では、世界的なDCシフトの流れや日本における雇用環境の変化などを背景にDCの新設や見直しを検討するケースが増加しており、今までDCを導入されていなかった企業様が導入を検討されることはもちろん、DCを導入されている企業様においても DC 制度の見直し機会が増えております。

本セミナーが、企業年金・DC制度導入検討の一助となればと考えております。

皆様のご参加を心よりお待ちしてます。

MuleSoft×Globalwayが実現するDX推進と組織改革

世界のトップ企業のデジタルトランスフォーメーションを支えるMuleSoftとGlobalwayの初の共催セミナーです。 GlobalwayからはDX推進の実現に向けてどんな視点が必要か、MuleSoftからはMuleSoftを活用したAPI主導のインテグレーションおよび国内外事例をお伝えします。

データ活用人材の祭典「Waha! Day 2021」~データ連携の先にあるイノベーションの“タネ”~

定員に達したため、お申し込みは終了しました。

日本のビジネス現場で、毎日これでもかというぐらい起動・編集を繰り返されるExcel作業に代表されるように、データの更新作業に追われるビジネスパーソンは少なくありません。

一方で、人口減少社会における労働生産性の向上が国家課題となってはや十数年、「女性活躍」や「働き方改革」、「副業解禁」といった政策が打ち出されてはいるものの、肝心なビジネス現場に変革が起こせない限り、一人あたりGDPが世界25位あたりをウロウロしている状況は、一向に改善されることはないのではないでしょうか。

私たちはそのような問題意識から、今年のイベントテーマを設定しました。

~データ連携の先にあるイノベーションの“タネ” ~

時間が許す限り働いて・稼いでいた時代は終わり、限りある時間の中で、最適解をアウトプットするために工夫を繰り返す。
そんな時代のど真ん中を、データ処理の標準化・機械化・自動化によるデータ活用、データドリブン経営という切り口で、ご一緒させていただきたいと考えております。

このような主旨にご賛同いただける皆さまと、日本中にその熱量を拡げていくことができましたら、それに勝る喜びはございません。

男性育休フォーラム2021

今年6月に育児・介護休業法が改正されましたが、現在の育児休業取得率は12.65%にとどまります。一方で厚生労働省が、夫が育児休業を取りやすくするために新設する出生時育児休業は来年10月の施行が検討されており、男性の育児参加に対する動きは増しつつあります。

そこで更なる男性育休推進に向け、各企業トップや識者の目線も交えながら今後の在り方を議論すべく、積水ハウス株式会社は、9月14日(火)に、オンライン形式にて「男性育休フォーラム2021」を開催いたします。

当日は、積水ハウスの今年度の取り組み、今後の展望などをご説明した後、日本の育児実態について調査した「男性育休白書2021」を発表します。また、男性格差や育児に関する著書も多数執筆されている、ジャーナリスト/東工大准教授の治部れんげさんをモデレーターに迎え、「男性育休・働き方のアップデートを推進するリーディングカンパニーの経営者や識者が語る今後の男性育休について」をテーマにディスカッションします。

【日時】
2021年9月14日(火)12:30~14:10(12:00配信開始)
 ※記念日「育休を考える日」は9月19日となりますが、今年は同日が日曜日のため、開催日を前倒して実施いたします。

【登壇者】 ※順不同
厚生労働省 雇用環境・均等局 職業生活両立課長 古瀬 陽子
ジャーナリスト/東工大准教授 治部 れんげ
日本ユニシス株式会社 代表取締役社長CEO・CHO 平岡 昭良
株式会社サカタ製作所 代表取締役社長 坂田 匠
認定NPO法人フローレンス 代表室長 前田 晃平
積水ハウス株式会社 代表取締役 社長執行役員 兼 CEO 仲井 嘉浩
積水ハウス株式会社ダイバーシティ推進部 部長 森本 泰弘

【プログラム】
■主催者挨拶
 積水ハウス株式会社 代表取締役 社長執行役員 兼 CEO 仲井 嘉浩

■「男性育休白書2021」、「男性育児についての大規模調査」発表
 積水ハウス株式会社 ダイバーシティ推進部 部長 森本 泰弘

■育児・介護休業法の改正について
 厚生労働省 雇用環境・均等局 職業生活両立課長 古瀬 陽子

■パネルディスカッション
 男性育休・働き方のアップデートを推進する
 リーディングカンパニーの経営者や識者が語る今後の男性育休について
 モデレーター:ジャーナリスト/東工大准教授 治部 れんげ
 パネリスト:日本ユニシス株式会社 代表取締役社長CEO・CHO 平岡 昭良
       株式会社サカタ製作所 代表取締役社長 坂田 匠
       認定NPO法人フローレンス 代表室長 前田 晃平
       積水ハウス株式会社 代表取締役 社長執行役員 兼 CEO 仲井 嘉浩
       積水ハウス株式会社 ダイバーシティ推進部 部長 森本 泰弘