【一人法務向け】契約書チェックにおける法務AI活用法

契約書のリーガルチェックについて情報収集中の方に、「契約書AI活用のセミナー」を開催させていただきます。ぜひお気軽にご参加ください。

本セミナーでは、契約書チェックに関して弁護士が業務のコツをお話するお役立ちセミナーです。また、「法務AI」を使って和文・英文の契約書レビューを効率的に行うためのAI活用のポイントや導入効果を1時間で解説します。

講師は、元西村あさひ法律事務所パートナーのリセ社代表の藤田美樹 弁護士が経験を交えて『契約書のチェックすべきポイント』と、契約書チェックAIクラウド「LeCHECK(リチェック)」最新版を使って活用法と導入効果についても講演します。

【セミナー概要】
日時:8月23日(月)
場所:オンライン(ZOOM)

【内容】
・少人数法務の見えないリスクとは
・紛争になりやすい契約書のチェックポイント
・契約書チェックAIクラウド「リチェック」の機能と導入効果
・英文契約書チェックのポイント
・準拠法条項
・支払い条項
・管轄条項など
を詳しく解説します。

【参加費】
無料

【ご対象の方】
企業にて、契約書のチェックや作成業務をご担当されている方。

一人法務で
・契約書チェックの時間が足りない
・チェック内容に不安がある
・作業が面倒とお困りの方
・顧問弁護士の費用と時間を削減したい

また、少人数で法務を担当されていて
・リーガルチェックの基準が担当者ごとに異なって困る
・経験のある担当者が辞めるので人を教育する必要がある

といった方におすすめです。

契約書チェック業務改善を検討されている皆様にとって有益な情報となるかと思いますので、ぜひご参加ください。

ニューノーマル 監視カメラを利用したスーパーバイジングシステム ~コロナ禍での取り組み事例紹介~

チェーン展開している企業では、コロナ前からスーパーバイジングの効率化、見える化が課題になっていました。
コロナ禍の今、スーパーバイザーは地域によって違う指導基準が求められたり、テレワーク対応や店舗減少に伴う
サポート店舗数変動への対応など負荷が高くなっているにも関わらず、臨店を抑えなければならないなど、これまでの業務を大きく見直す必要が出てきています。

このような状況に対し、今回セミナー中でご紹介する全国に2000店舗以上を展開する持ち帰り弁当大手企業さまでは、監視カメラを有効利用した弊社「バイジングシステム」でスーパーバイザー業務の効率化と見える化に取り組み、店舗オペレーションの品質向上と優良店舗オペレーションの分析・共有を目指しています。

本セミナーでは、上記事例をもとに「バイジングシステム」の概要と活用例を紹介します。

※同業他社に所属の方、企業に所属がない方のお申し込みはお断りしております
※セミナー終了後、ご希望の方にはWeb会議にて個別相談を承ります

【製造・建設 土木・社会インフラ業の方向け】ローカル5G&プライベートLTEの導入を検討している方に~身近に迫る次世代通信時代!今知っておくべき活用メリット~

本イベントでは、5講演の中で「ローカル5G&プライベートLTEの導入を検討している方に~身近に迫る次世代通信時代!今知っておくべき活用メリット~」をテーマにお客様の疑問や課題を解決していきます。そもそもローカル5G・プライベートLTEとは?というところから、免許申請についてや、海外/国内動向、想定ユースケースまで盛りだくさんの内容をご紹介いたします。ぜひお気軽にご参加ください。

Workday Elevate Digital Experience 〜変革 – 変化の激しい時代を生き抜く

自然災害、COVID-19、先行き不透明の経済状況、DXによるビジネスモデルの変移など企業は数多くの変化に対応をして行かなくてはなりません。

ビジネスリーダーには、迅速な意思決定と実行が求められており、そうしたリーダーを支える情報提供、柔軟なオペレーション体制の確立が不可欠となっています。

企業の人事、財務・会計部門、経営企画、情報システム、デジタル推進などの各部門のリーダーは、現況に立ち向かい、変化する時代に対応し、ビジネスをリードするために「何を考え、どう行動すべきか」よいのでしょうか?
本イベントでは、数多くの事例と専門家の知見を中心にご紹介します。

Red Hat OpenShift 事例セミナーシリーズ NTT東日本様 − 映像AI解析プラットフォーム

先進的な企業で、ハイブリッドクラウドやマルチクラウドが注目されている一方、既存のシステム課題に足を取られ、次の一歩が踏み出せない企業も少なくありません。

多くの企業では、コンテナを導入するにあたり、まずクラウド製品の比較や仮想化技術との比較といった技術観点の違いに着目してしまいます。しかし、このアプローチだと、クラウドを跨ぐ運用の可搬性やコスト削減といったコンテナ技術のもたらすメリットが充分に得られません。

Red Hat では、これらの経験をもとに、予め既存システムの運用課題を明確にしながら、コンテナ導入によって変化する運用プロセスそのものをお客様と一緒に構築してきました。Red Hatではこうした様々な業界における導入事例からそのビジネス効果とポイントを分析してきました。

本セミナーでは、カメラ映像をAIで解析するクラウド基盤を提供する NTT東日本様の「映像AI解析プラットフォーム」にフォーカス。小売業・商業施設などの業種はもちろん、全産業において注目を増す「映像解析」について、AIの推論処理をエッジではなくクラウドに集約するエッジアーキテクチャに触れながら、OpenShiftで実現するクラウド型基盤サービスのメリットについて迫ります。
映像解析を行うみなさまはもちろん、サービスを開発するSIerの皆様必見。ぜひご登録ください。

「成長戦略としての脱炭素経営」
~日清食品・カシオ計算機にいま学ぶロードマップ策定と再エネ活用~

 菅首相のカーボンニュートラル宣言を機に、脱炭素経営への関心が急速に高まっております。
一方で、皆様から「ゴールは決めたものの、それを達成するまでの具体的な取組や戦略を決めかねている」というお声も聞きます。

 今回のウェビナーでは、先進的な脱炭素経営を実践されている日清食品ホールディングス様・カシオ計算機様、日本で唯一の「CDP気候変動コンサルティングパートナー」である株式会社ウェイストボックス様をお招きし、最先端の脱炭素経営の現状と課題、経営戦略における脱炭素の位置付け、具体的なロードマップ策定方法をご紹介いただきます。

 脱炭素経営に取り組む企業経営者やご担当者さま、再生可能エネルギー電力の導入をご検討の企業の皆さまに参考となる内容となっておりますので、ぜひご参加ください。

Z世代の社員が本当に育つ、オンラインでの社員教育の3つのポイントとは?

Z世代がみるみる育つコツを発見しました。
Z世代社員を育成したいと考えた時に、良くいただく相談があります。

・何を学ばせたらいいのか?
・どのように教えたらいいのか?
・誰が教えるのがいいのか?
・いつ、どのくらい時間を使うのがいいのか?

これらのご相談には、ある共通点がありました。
それは、すべて『インプット』が論点であること。

もちろん、インプットはとても大事です。
しかし本気で育成を考えるならば、
最も大事な視点が抜け落ちてしまっている、ということが分かりました。

それは、ズバリ『アウトプット』という視点です。

アウトプットとは、
「実際にやってみる」ということ。

INPUTした内容を
実際に自分でやってみて、
その内容や結果を確認、
できてなかった点、足りてなかった点を
またINPUTして、実際にやってみる。

このINPUTとOUTPUTの組み合わせで
人は何かを習得したり、育っていきます。

一見当たり前のことですよね。
しかし、ちょっと待ってください。

このアウトプットの仕組み、
御社の教育フローの中に「仕組み」として入っていますでしょうか?

もしかして、このアウトプットを
研修の後のレポートやテストで終わらせてしまっている、
そんなもったいない状態になっていませんか?

INPUT主体のもったいない状態から脱出し、
OUTPUT主体の効果的な教育体制実現へと進むために。

本セミナーでは、
これからの世代であるZ世代に適したインプットの方法と、
私達が最も力を入れて開発した効果的なアウトプットの方法を
実際に提供してきたサービスを通じて、具体的な事例と共にお伝えします。

ぜひご参加ください!

★本セミナーのポイント★
1.成功の秘訣① 期待以上に社員が育つ会社に共通する「逆算の育成」とは?
2.成功の秘訣② 「知ってます」「わかってます」で終わらせない、アウトプットの質×量の仕掛けとは?
3.成功の秘訣③ あなたの会社で「活躍している人」のように育てる仕組みとは?

講師:
株式会社FCEトレーニング・カンパニー
代表取締役社長

荻野 純子(おぎの じゅんこ)
大手人材ビジネス会社での営業経験、キャリアコンサルタント経験を経て、一部上場企業の社内人財育成を担当。2010年、FCEトレーニング・カンパニーの事業立ち上げに携わり、研修事業のメイントレーナーとして、年間277研修、トレーニングを担当。2016年取締役、2018年代表取締役社長就任。

==================
【参加費用】無料
【受講対象】経営者・役員・人事責任者・部長 様
==================

【注意事項】
※ 同業他社・個人でのご参加はお断りさせて頂いております。ご了承ください。
※先ずは、お申込み情報をフォームにご記載ください。
後日「ブラウザ閲覧用URL」がメールで届きます。
本セミナーは、本プログラムは専用のWebシステム(ZOOM)を利用して実施いたします。セミナー会場にご来場いただく必要はありません。
※インターネット環境があれば、どこからでもご参加いただけます。

Z世代の社員が本当に育つ、オンラインでの社員教育の3つのポイントとは?

Z世代がみるみる育つコツを発見しました。
Z世代社員を育成したいと考えた時に、良くいただく相談があります。

・何を学ばせたらいいのか?
・どのように教えたらいいのか?
・誰が教えるのがいいのか?
・いつ、どのくらい時間を使うのがいいのか?

これらのご相談には、ある共通点がありました。
それは、すべて『インプット』が論点であること。

もちろん、インプットはとても大事です。
しかし本気で育成を考えるならば、
最も大事な視点が抜け落ちてしまっている、ということが分かりました。

それは、ズバリ『アウトプット』という視点です。

アウトプットとは、
「実際にやってみる」ということ。

INPUTした内容を
実際に自分でやってみて、
その内容や結果を確認、
できてなかった点、足りてなかった点を
またINPUTして、実際にやってみる。

このINPUTとOUTPUTの組み合わせで
人は何かを習得したり、育っていきます。

一見当たり前のことですよね。
しかし、ちょっと待ってください。

このアウトプットの仕組み、
御社の教育フローの中に「仕組み」として入っていますでしょうか?

もしかして、このアウトプットを
研修の後のレポートやテストで終わらせてしまっている、
そんなもったいない状態になっていませんか?

INPUT主体のもったいない状態から脱出し、
OUTPUT主体の効果的な教育体制実現へと進むために。

本セミナーでは、
これからの世代であるZ世代に適したインプットの方法と、
私達が最も力を入れて開発した効果的なアウトプットの方法を
実際に提供してきたサービスを通じて、具体的な事例と共にお伝えします。

ぜひご参加ください!

★本セミナーのポイント★
1.成功の秘訣① 期待以上に社員が育つ会社に共通する「逆算の育成」とは?
2.成功の秘訣② 「知ってます」「わかってます」で終わらせない、アウトプットの質×量の仕掛けとは?
3.成功の秘訣③ あなたの会社で「活躍している人」のように育てる仕組みとは?

講師:
株式会社FCEトレーニング・カンパニー
代表取締役社長

荻野 純子(おぎの じゅんこ)
大手人材ビジネス会社での営業経験、キャリアコンサルタント経験を経て、一部上場企業の社内人財育成を担当。2010年、FCEトレーニング・カンパニーの事業立ち上げに携わり、研修事業のメイントレーナーとして、年間277研修、トレーニングを担当。2016年取締役、2018年代表取締役社長就任。

==================
【参加費用】無料
【受講対象】経営者・役員・人事責任者・部長 様
==================

【注意事項】
※ 同業他社・個人でのご参加はお断りさせて頂いております。ご了承ください。
※先ずは、お申込み情報をフォームにご記載ください。
後日「ブラウザ閲覧用URL」がメールで届きます。
本セミナーは、本プログラムは専用のWebシステム(ZOOM)を利用して実施いたします。セミナー会場にご来場いただく必要はありません。
※インターネット環境があれば、どこからでもご参加いただけます。

Less is More. デジタルで、「人間らしさ」を取り戻す。業務改革をもたらすデジタルツール発掘イベント

<参加費無料>【「経理・財務」「総務・人事」「マーケティング」「セールス」部門責任者、ご担当の方必見!】

7月14、15日の2日間に渡り、大手~スタートアップまで国内先進40社超が一堂に集結!4つの部門ごとに企業DXをコンセプトにした最新トレンド・事例のご紹介や、有識者とのディスカッション等を行います。さらに、15日8~9時には、スタートアップ企業によるサービスピッチ「モーニングベンチャー」も開催いたします。

また、参加される皆様にとって、講演以外でもご参加いただけるコンテンツや参画企業同士の交流が図れる新企画等、豊富なコンテンツで本イベントを盛り上げてまいります。

基調講演では、科学文化作家の宮本 道人氏やシリーズ累計5万部突破「無敗営業」の著者、高橋 浩一氏、そして、一般社団法人FOSC 副理事長の岡田 大士郎氏や国税局OBの袖山 喜久造氏といった、個性豊かな有識者にご登壇いただき、各カテゴリに沿ったDXの取り組みや最新事例、新しい時代の働き方等についての講演を予定しています。

社内DX推進担当や現状の非効率なアナログ業務に課題をお持ちの方は、ぜひお見逃しなく!

購買管理の最新潮流 – 間接材調達の課題解決~運用までワンストップで提供するサービスとは

 =========================================
  インターネット上で実施するオンラインセミナーです。
  インターネット環境があればどこからでも視聴可能です。
 =========================================

<本セミナー参加のメリット>
間接材購買マネジメントサービス「パーチェスワン」を提供するSB C&S株式会社と、パーチェスワンの接続サプライヤとして顧客へ利便性を提供する株式会社MonotaRO。
カタログ購買のパンチアウトシステム連携パートナーである両社が、ニューノーマルにおける戦略的な購買改革をご紹介するセミナーです。

新型コロナウイルスの影響で「ニューノーマル時代」という言葉が話題になりました。
働き方・生活様式の変化によって、各企業様でSCMの大きな変革を余儀なくされています。
そのような流れの中、間接材購買においてもこれまで以上にDX化やコスト削減の重要性がクローズアップされ、購買業務の効率化やIT活用に対する関心が非常に多くなってきております。

いざ購買システムを導入しようとしても、間接材領域における導入価値が判断できない、現状の社内規定や稟議システムが存在している中で、どのように購買システムを導入したらよいか分からない、というお悩みがある企業様の初めの一歩となるような、まずは購買システムを導入しやすい領域に対して少額・少リソースで開始できるサービスをご紹介いたします。

本ウェビナーでは、お悩みを持つ企業様に、少しでも課題解決になりうるコンテンツを準備しております。

実際に購買管理システムを導入した企業様の導入背景や導入後のご状況などをご紹介しながら、ディスカッションベースでウェビナーを進行して参ります。
オンラインで実施いたしますので、ぜひお気軽にご参加ください!

<セミナー日程>
2021年8月4日(水)14:00~15:00
※セミナー会場入場用URLについてはお申込いただいたメールアドレス宛に改めてお送りいたします。

<対象>
・現在の間接材購買にお悩みの経営企画・総務・購買・調達の方
・購買管理システムの切替えなどを検討されている方
・間接材購買の改革は模索しているが、どこから手を付ければよいのかお悩みの方

※競合他社からのお申し込みはお断りさせていただいております。
※お申込時に企業メールアドレス以外でお申込いただいた場合、お申込をお断りさせていただくことがございますので予めご了承いただけますと幸いです。

Z世代がオンラインで育つ会社がやっている逆算の教育制度とは?

Z世代と呼ばれる、若手の人材育成に関わる方から、
良くいただくご相談があります。

「世代が違うのは理解しているが、 どのように関わるのが正解かわからない。」
「仕事に対する考え方が、そもそも違う気がする。 関わり方を間違えれば、すぐ辞めてしまうのではないか?心が離れてしまうのではないか?という怖さもある。」
「本人の強み、考え方は尊重してあげたい。でも、会社として本人に求めたいこと、身に着けてほしいこともある。どのようにすれば、やらされ感なく、意欲的に取り組んでもらえるのだろうか。」

これまでビジネスを支えてきた世代と、
全く違う価値観を持つZ世代。
そのGAPから生じた、リアルなお悩みの声でした。

Z世代の特徴を理解した上で、
適切なマネジメントが出来なかった結果、
せっかく苦労して採用した貴重な人材が、すぐに転職してしまう。。
上手く育たずに、現場の成果・生産性が全く上がらない。。なんてことも。

本セミナーでは、
これからの世代である「Z世代の特徴」を理解した上で、

・Z世代が「この会社で頑張りたい!成長したい!」と、
 思ってくれるようなアプローチ方法

・属人的なマネジメントからの脱却! Z世代に対して、
「だれが上司になっても」効果的な育成ができる、教育の仕組み作り

など、【Z世代育成のコツ】を、具体的な事例と共にお伝えします。
ぜひご参加ください!

★本セミナーのポイント★

1.成功の秘訣① Z世代が、会社(チーム)の成長にも意欲的になる!
         若手が育つ会社に共通する「逆算の育成」とは?

2.成功の秘訣② 「知ってます」「わかってます」で終わらせない、
          アウトプットの質×量の仕掛けとは?

3.成功の秘訣③ Z世代を、あなたの会社で「活躍している人」のように
         育てる仕組みとは?

講師:
株式会社FCEトレーニング・カンパニー
代表取締役社長
荻野 純子(おぎの じゅんこ)
大手人材ビジネス会社での営業経験、キャリアコンサルタント経験を経て、一部上場企業の社内人財育成を担当。2010年、FCEトレーニング・カンパニーの事業立ち上げに携わり、研修事業のメイントレーナーとして、年間277研修、トレーニングを担当。2016年取締役、2018年代表取締役社長就任。
==================
【参加費用】無料
【受講対象】経営者・役員・人事責任者・部長 様
==================

【注意事項】
※ 同業他社・個人でのご参加はお断りさせて頂いております。ご了承ください。
※先ずは、お申込み情報をフォームにご記載ください。
後日「ブラウザ閲覧用URL」がメールで届きます。
本セミナーは、本プログラムは専用のWebシステム(ZOOM)を利用して実施いたします。セミナー会場にご来場いただく必要はありません。
※インターネット環境があれば、どこからでもご参加いただけます。

時代の変化に適応する企業カルチャーはどのように作られるのか? 〜アドビの人事・組織・採用戦略に迫る〜

新型コロナウイルスの影響で、世界の不確実性は急速に高まっています。
世界的な消費の減退、国際交易の急減など、その影響はすべての産業に及び、多くの企業で決算発表の延期や業績予測の非開示など、先の見通しが立ちづらい状況が続いています。
不確実性の高まる経済環境の中では、生産性や戦略の実行度に影響を与える「ヒト」の重要度がますます高まっています。
そこで今回のセミナーでは、OpenWorkの評価スコアが上位2%(※)に入るアドビ株式会社から人事部シニアマネージャーの杉本隆一郎様をお招きし、変化の時代に求められる人事・組織戦略や採用戦略について、お話しいただきます。
ビジネスモデルの大きな変化や、新型コロナウイルスの影響に適応しながらも、高い業績と社員満足度を維持できる背景には、一体どんな仕組みや制度が存在するのか。
OpenWorkに投稿されている実際のクチコミや評価スコアデータを参考にしながら紐解いていきます。

(※)2021年6月にOpenWorkにスコア登録のある全56,363社中の上位2%に該当

【個人情報の取扱いについて】

[ 事業者の名称 ]
オープンワーク株式会社

[ 個⼈情報保護管理者 ]
情報管理グループ グループ⻑
お問合せ先: privacy@vorkers.com

[ 個⼈情報の利⽤⽬的 ]
当社は、収集した個⼈情報を以下の⽬的で利⽤します。
1. イベント・セミナー・オンラインフォーラム等の参加登録に関する連絡、運営管理のため
2. イベント・セミナー・オンラインフォーラム等のご案内のため
3. キャンペーン等のマーケティング活動のため
4. サービス向上のためのアンケート内容の集計、分析
5. 広告・宣伝・販促物・WEBコンテンツ等における活⽤
6. メールマガジン、各種レポート等の配信のため
7. 当社および当社グループ会社の各種サービスのご案内、営業活動のため
8. 当社サービスの改善や新サービス開発のため
9. お客様からの問い合わせ、質問に対する回答を⾏うため
10. その他、上記に付帯または関連する事項

[ 個⼈情報提⽰の任意性 ]
個⼈情報の提供はユーザーの任意ではありますが、⼗分な情報をご提供いただけない場合は、当社の提供するサービスが⼗分に利⽤できなくなる可能性があります。

[ 本⼈が容易に認識できない⽅法による個⼈情報の取得 ]
当社サービスにおいて情報収集モジュール(https://www.vorkers.com/information_gathering_module)を利⽤します。

[ 個⼈情報の第三者提供について ]
当社は、本⼈から別途同意を得た場合若しくは法令上要求⼜は許容される場合を除き、ユーザーの個⼈情報を第三者に提供することはありません。

[ 個⼈情報の委託について ]
当社が提供するサービスを円滑に進めるため、業務委託先に対して個⼈情報の⼀部または全部を委託することがあります。他の事業者へ個⼈情報を委託する場合は、個⼈ 情報保護体制が整備された委託先を選定するとともに、個⼈情報保護に関する契約を締結いたします。

[ 取得した個⼈情報の開⽰等及びお問合せ窓⼝ ]
ユーザーからの求めにより、本⼿続きにより取得した個⼈情報の利⽤⽬的の通知・開⽰・内容の訂正・追加または削除・利⽤の停⽌・消去(「開⽰等」といいます。)に 応じます。開⽰等に応じる窓⼝は、「個⼈情報に関する苦情・相談窓⼝」になります。

<個⼈情報相談窓⼝>
オープンワーク株式会社 個⼈情報に関する苦情・相談窓⼝
privacy@vorkers.com

【ストック型・新規ビジネス立ち上げセミナー】~助成金事業の立ち上げとWEBを活用した事業展開はここまで簡単にできる~

■このような方は是非ご参加ください
 ・単発の案件ではなく、ストック型の収益で事業を安定させたい
 ・新しい収益拡大を図りたいがどうすればいいかわからない
 ・助成金の自社活用&助成金の提案を事業として立ち上げたい
 ・デジタル化(IT化)を図りたいが具体的にどうすればいいかわからない​
 ・HPから問い合わせを増加させる等WEBの活用についてどうすればいいか知りたい

無料でご案内いたしますのでお気軽にご参加ください!

■当日の講座内容
 ・2021年、中小企業が新規事業を検討すべき理由
 ・助成金・補助金の活用方法について
 ・WEBビジネス・ネット広告市場の動向、WEBマーケティングの基礎的な考え方
 ・今、中小企業がデジタル化するにあたって活用すべきITツール、その使い方
 ・コロナ禍での本業の展開と新規事業立ち上げの方法について

■開催の背景
弊社は「全国、全ての中小企業を黒字にする」 をビジョンに掲げて、
中小企業のお悩みを解決するため、
情報やサービスの提供を踏まえて支援しております。

実績としましては、年間で1万社以上の中小企業に対して情報提供を行い、
全国の1000社のパートナー企業と協業し
中小企業のお悩みを解決するためのサービスの開発・提供、ITツールの活用支援を行っています。
お陰様で18年度東証マザーズ上場を果たした会社になります。

先日、中小企業庁より「中小企業・小規模企業白書」が発表になり、
「感染症流行により、多くの中小企業が引き続き厳しい状況にある」と伝えています。

また、本書では危機を乗り越えるために以下の4つのポイントが大事と謳っております。
 1「財務基盤と感染症の影響を踏まえた経営戦略」
 2「事業継続力と競争力を高めるデジタル化」
 3「事業継承を通じた企業の成長・発展とM&Aによる経営資源の有効活用」
 4「消費者の意識の変化と小規模事業者の底力」

本勉強会では、上記のポイントの中で1(経営戦略)と2(デジタル化)に焦点をあてて、助成金の活用した事業展開から、約1000社の企業が展開しているストック型・新規事業立ち上げのノウハウについて「今すぐに何をすべきなのか」「具体的に」「わかりやすく」ご説明致します。

【ストック型・新規ビジネス立ち上げセミナー】~助成金事業の立ち上げとWEBを活用した事業展開はここまで簡単にできる~

■このような方は是非ご参加ください
 ・単発の案件ではなく、ストック型の収益で事業を安定させたい
 ・新しい収益拡大を図りたいがどうすればいいかわからない
 ・助成金の自社活用&助成金の提案を事業として立ち上げたい
 ・デジタル化(IT化)を図りたいが具体的にどうすればいいかわからない​
 ・HPから問い合わせを増加させる等WEBの活用についてどうすればいいか知りたい

無料でご案内いたしますのでお気軽にご参加ください!

■当日の講座内容
 ・2021年、中小企業が新規事業を検討すべき理由
 ・助成金・補助金の活用方法について
 ・WEBビジネス・ネット広告市場の動向、WEBマーケティングの基礎的な考え方
 ・今、中小企業がデジタル化するにあたって活用すべきITツール、その使い方
 ・コロナ禍での本業の展開と新規事業立ち上げの方法について

■開催の背景
弊社は「全国、全ての中小企業を黒字にする」 をビジョンに掲げて、
中小企業のお悩みを解決するため、
情報やサービスの提供を踏まえて支援しております。

実績としましては、年間で1万社以上の中小企業に対して情報提供を行い、
全国の1000社のパートナー企業と協業し
中小企業のお悩みを解決するためのサービスの開発・提供、ITツールの活用支援を行っています。
お陰様で18年度東証マザーズ上場を果たした会社になります。

先日、中小企業庁より「中小企業・小規模企業白書」が発表になり、
「感染症流行により、多くの中小企業が引き続き厳しい状況にある」と伝えています。

また、本書では危機を乗り越えるために以下の4つのポイントが大事と謳っております。
 1「財務基盤と感染症の影響を踏まえた経営戦略」
 2「事業継続力と競争力を高めるデジタル化」
 3「事業継承を通じた企業の成長・発展とM&Aによる経営資源の有効活用」
 4「消費者の意識の変化と小規模事業者の底力」

本勉強会では、上記のポイントの中で1(経営戦略)と2(デジタル化)に焦点をあてて、助成金の活用した事業展開から、約1000社の企業が展開しているストック型・新規事業立ち上げのノウハウについて「今すぐに何をすべきなのか」「具体的に」「わかりやすく」ご説明致します。

【ストック型・新規ビジネス立ち上げセミナー】~助成金事業の立ち上げとWEBを活用した事業展開はここまで簡単にできる~

■このような方は是非ご参加ください
 ・単発の案件ではなく、ストック型の収益で事業を安定させたい
 ・新しい収益拡大を図りたいがどうすればいいかわからない
 ・助成金の自社活用&助成金の提案を事業として立ち上げたい
 ・デジタル化(IT化)を図りたいが具体的にどうすればいいかわからない​
 ・HPから問い合わせを増加させる等WEBの活用についてどうすればいいか知りたい

無料でご案内いたしますのでお気軽にご参加ください!

■当日の講座内容
 ・2021年、中小企業が新規事業を検討すべき理由
 ・助成金・補助金の活用方法について
 ・WEBビジネス・ネット広告市場の動向、WEBマーケティングの基礎的な考え方
 ・今、中小企業がデジタル化するにあたって活用すべきITツール、その使い方
 ・コロナ禍での本業の展開と新規事業立ち上げの方法について

■開催の背景
弊社は「全国、全ての中小企業を黒字にする」 をビジョンに掲げて、
中小企業のお悩みを解決するため、
情報やサービスの提供を踏まえて支援しております。

実績としましては、年間で1万社以上の中小企業に対して情報提供を行い、
全国の1000社のパートナー企業と協業し
中小企業のお悩みを解決するためのサービスの開発・提供、ITツールの活用支援を行っています。
お陰様で18年度東証マザーズ上場を果たした会社になります。

先日、中小企業庁より「中小企業・小規模企業白書」が発表になり、
「感染症流行により、多くの中小企業が引き続き厳しい状況にある」と伝えています。

また、本書では危機を乗り越えるために以下の4つのポイントが大事と謳っております。
 1「財務基盤と感染症の影響を踏まえた経営戦略」
 2「事業継続力と競争力を高めるデジタル化」
 3「事業継承を通じた企業の成長・発展とM&Aによる経営資源の有効活用」
 4「消費者の意識の変化と小規模事業者の底力」

本勉強会では、上記のポイントの中で1(経営戦略)と2(デジタル化)に焦点をあてて、助成金の活用した事業展開から、約1000社の企業が展開しているストック型・新規事業立ち上げのノウハウについて「今すぐに何をすべきなのか」「具体的に」「わかりやすく」ご説明致します。