【中小企業オーナー・経営者向け 無料オンラインセミナー】
 後継者不在問題を解決する!
 M&Aで自社事業の譲渡・売却を成功させる法則とは!

後継者不在問題を解決するため、あるいは事業の「選択と集中」に取り組むため、現在経営する会社・事業をM&Aによって他社へ譲渡・売却を考える企業が増えています。
自社では事業を継続できないとしても、これまで育ててきた事業や顧客、人材を守るために、その事業を継続してもらえる確かな存在(買い手)を探すことは重要な取り組みです。
しかし、自社にとって本当に価値ある買い手の候補先を探し、双方にとってメリットがあるように交渉をすすめ、適正な価格を決定するまでには、大変な苦労があり、その過程で失敗をする企業が多いのも事実です。
そこで、M&Aにおいて、譲渡側(売り手側)の観点から、基本的な手続きからバリューアップの方法まで、成功に導く法則を1時間でお伝えします。

■こんな方にオススメです。
・M&Aも選択肢の一つとして考えておきたいが、基本的な事項から実際のM&Aまで勉強しておきたい企業様
・M&Aで必ず成功するためのキーポイントを知りたい企業様

■プログラム
・基本的な手続きの流れ
・M&Aを進めていく上で気をつけなければいけないこと
・M&Aを成功に導く基本法則

【オンライン配信】
本セミナーはオンラインセミナーとなります。
視聴方法は、後日ご案内いたします。

【中小企業オーナー・経営者向け 無料オンラインセミナー】
2021年の事業成長を勝ち取るためのM&A戦略をお教えします!
【無料ご招待】M&Aで事業拡大を目指せ!60分で分かる「買収候補先の選定・交渉・価格決定の戦略」とは!

大企業だけでなく、中小企業も含めて、事業拡大を図るためにM&Aを活用する企業が増えています。
ゼロから立ち上げるよりも、すでに、顧客・商品・技術・人材を保有する会社を買収、あるいは資本業務提携によって事業拡大を図るほうが、確実に成功確率とスピードを高めることが可能になります。

しかも、後継者不足によって、価値ある事業を持っていても継続することができない中小企業は増え続けているため、すべての企業にとって、M&A戦略による事業拡大のチャンスが存在するのです!

しかし、自社にとって本当に価値ある候補先を探し、双方によってメリットがあるように交渉をすすめ、適正な価格を決定するまでには、大変な苦労があり、その過程で頓挫・失敗をする企業が多いのも事実です。

そこで、M&Aにおいて、譲受側(買い手側)の観点からターゲティング、アプローチ、譲受価格の考え方までのノウハウを1時間でお伝えするセミナーを開催します!

■こんな方にオススメです。
・M&Aも選択肢の一つとして考えておきたいが、基本的な事項から実際のM&Aまで勉強しておきたい企業様
・M&Aで必ず成功するためのキーポイントを知りたい企業様

■プログラム
・基本的な手続きの流れ
・M&Aを進めていく上で気をつけなければいけないこと
・M&Aを成功に導く基本法則

【オンライン配信】
本セミナーはオンラインセミナーとなります。
視聴方法は、後日ご案内いたします。

テクマトリックス CRM FORUM 2021

コンタクトセンター関係者向け日本最大級イベントを、2021年2月17日(水)・18日(木)・19日(金)の3日間、オンライン・無料で開催します。
60以上の多彩なセッションと展示で、業界のトレンドや最新ソリューションをご紹介。「未来をつくる次の一手」をテーマに、コンタクトセンターで今注目の「DX」「顧客接点」「VOC活用」について業界のリーダーカンパニー30社以上が熱く語ります!

スペシャルセッションには【 青山学院大学陸上競技部監督・原晋氏 】のご登壇が決定!「人と組織を強くするメソッド」について、自身のビジネス経験と共にお話しいただきます。
場所や時間に縛られないオンライン開催ですので、是非お気軽にご参加ください。【事前登録制】

本申込で、イベント内すべての講演をご視聴いただけます。
https://fastseries.jp/crmforum/bizg.html

<成熟期にあるBtoB企業の経営幹部向け>脱・受け身型営業/値下げ競争!
創注型提案営業を組織で実践する営業組織の売り方変革セミナー

ー「受け身型営業への依存」から「創注型の提案営業」へー

BtoB成熟期の企業や大企業の経営陣の頭を悩ますテーマではないでしょうか。

・なぜ創注型の提案営業へうまくシフトできないのか?
・うまくシフトし、業績をあげている企業は、どのように営業組織を変えたのか?

本セミナーでは、
●創注型の提案営業がうまくいくメカニズム(売り方)
●その売り方を営業組織へ落とし込む方法
を実際の取り組み事例を織り交ぜてご紹介します!

■提案営業の2つ問題点
その説明をする前に、時代と共に変化する顧客の「購買活動の変化」を押さえておかなければなりません。
昨今、ネット検索による情報収集力のアップにより、購買担当者は「自社の問題をわかっているが解決する術を知らない」から、「すでに自社の求めるソリューションを把握している」に変化しています。ここで有名な話ではありますが、とある2つの問題がおきています。

①57:37のギャップ

まず、購買担当者は検討のプロセスで57%経過した段階で初めてサプライヤーに接触をするという話です。この事実が発表されたのは数年前なので、昨今のリモート化もあり、この数字は70%程度に上がっているだろうという予測もあるほどです。この段階では既に社内の議論がほぼ終了し、サプライヤーを比較すべきテーマとして「価格」ぐらいしかテーマが残っていないのです。

ところが意思決定が最も行き詰まりやすいのは、37%を経過する段階なのです。37%程度の段階では、社内で比較検討すべき項目が多いにもかかわらず、サプライヤーに相談や問い合わせをせず、検討が進んでいってしまいます。

➁購買に関わる関係者は5.4人

また、購買に関係する顧客関係者は平均5.4人と人数も多く、また多様化をしています。
例えば、情報収集や窓口担当をする若手社員、自社の課題とサービスの条件検討を進めるマネジメント層、そしてそれらが出揃った際に決定権を持つ役員層など…皆さんはどの方にどの段階でアプローチを行うことが効果的かわかりますか?そのカギは、顧客内で信頼されているモビライザーと呼ばれている存在へのアプローチです。

■「ブルーオーシャン」で行う提案営業とは?
先に結論からお伝えしますと、「ブルーオーシャン」で提案営業を行うには、顧客の購買プロセスの初期段階に適切なターゲット「モビライザー」に入り込んでいく必要があります。

さらにその「モビライザー」に対し、自社の商品・サービスの優位性が生きる「顧客課題」や「購買決定要因」を握ることも必要です。

その際のポイントは2つです。
A)顧客が気づいていない課題や解決策を提示すること(以下:インサイト営業)
B)モビライザーから信頼を得ること

しかし、A)のインサイト営業をするには、1つ大きな課題があります。インサイト営業は、一部の優秀な営業職員にしかできていないという現実です。なぜなら、顧客の業界や部署機能を顧客以上に理解し、顧客が気づいていない課題と解決策を提案していく必要があるからです。

では、営業組織全体で、どの営業職員でもインサイト営業を実践することは難しいのでしょうか?
そんなことはありません!営業組織として受け身型営業から創注型の提案営業(=インサイト営業)へのシフトを成功している組織はあります。

■組織で実践する営業手法「ナビゲーション型インサイト営業」

その組織は「ナビゲーション型インサイト営業」を組織単位で行っています。
ナビゲーション型インサイト営業とは、ある特定の業界や部署機能において、顧客が気づいていない課題を提示し、その解決策を自社の商品やサービスに結びつける営業手法です。

そこで構築した営業の勝ちパターンを、ひとつの台本にし、組織全体に展開していきます。
この手法であれば、組織単位で「インサイト営業」ができそうだと感じませんか?

■本セミナーでお伝えする重要なポイント

本セミナーでは、改めて下記の内容について具体事例を交えながら、詳しくお伝えしていきます。
・「ブルーオーシャン」で提案営業を行うにはどうすれば良いか?
・取引先の隠れたキーマン(=モビライザー)とはどんな特徴を持つ人物か?
・「ナビゲーション型インサイト営業」とはどんな営業手法か?
・組織単位で「ナビゲーション型インサイト営業」を実践する方法とは何か?

当日のセミナーでは、営業現場に入り込み、変革の設計から実走までを伴走してきたベテランコンサルタントが登壇します。 当日は既存の弊社クライアントも参加いたしますので、ご参加枠には限りがありますが、是非ご参加をお待ちしております!

在宅勤務の盲点! 今までのセキュリティ対策では危険!その対策で本当に大丈夫?
~リモートワークに潜むリスクと企業としてとるべき対応を紹介~

2020年(昨年)は新型コロナウイルス感染症の流行により大きな環境変化の年となった。ビジネス環境も大きな変化を迎え、特にリモートワークの導入といった急激な働き方改革へ対応せざるえなかった。例えば、社外で仕事を行うことにより企業情報の漏洩リスクが高くなったり、社外で作業を行う上で企業内と変わらない情報セキュリティレベルの維持が難しくなった。
そのような状況の中で、リモートワークを始めるにあたり多額な設備投資コストが掛かり、結果、業務の効率化や生産性の向上に結びつかないという課題が見えてきた。そこで、当セミナーでは、在宅勤務の盲点について解説を行い、どのようなセキュリティが求められるのか、そこに対する課題解決としてウェブルートのソリューションを紹介する。

ニューノーマル時代の『自走』に必要な3つの要素とは?

※当セミナーは有料研修同様の体験ができるようにするため、
ZOOMミーディングにてカメラオンを必須としたオンラインセミナーです。
カメラオンにできない方の参加はご遠慮頂いております。
尚、当日参加後にカメラオンにしていない方は運営側から退室をご依頼致しますので、
ご注意ください。

▶リーダーシップ研修の組織導入を検討している【経営者様・部門決裁者の方限定】

11月・12月のみプレミアムオンライン体験会を無料開催!

社員1人1人がセルフリーダーシップを発揮し、
ニューノーマル時代でも自走した組織を本気で作りたい
経営幹部・管理職・人事責任者様におすすめの体験型オンラインセミナーです。

※経営幹部・部門決裁様限定で、
本来10,000円(税抜)の経営者向け『7つの習慣体験会』を
書籍の30周年出版記念により、無料でご案内しております。

※経営幹部・部門決裁のある方以外は
通常費用10,000円(税抜)を頂戴しております。
どうぞご注意ください。

==================

▶書籍『7つの習慣(R)』について

発行部数が世界4000万部・国内240万部のベストセラー作品です。
過去200年間に渡り、長期的に成功した人を研究し、
その共通項を7つにまとめたリーダーシップに関する書籍です。

・企業経営者100人が選ぶ
「社会人になってから影響を受けた書籍」ランキング 第1位
株式会社ラーニングエージェンシー調査

・新入社員や部下・後輩に読んでほしいビジネス書 第1位
・悩んだときに読むべきビジネス書 第1位
・10年後も読みたいビジネス書 第1位
・人生のターニングポイントで読むべきビジネス書 第1位

キングベアー出版調査(ビジネスパーソン1500名)

==================

あなたはこのような悩みを抱えていないでしょうか?

「メンバーがなかなか自走して働いてくれない」

「指示したことを実行してくれない」

「管理職がプレイヤーとしては優秀だがマネジメントが苦手」

「現場でももっとスピーディーに新たな施策を考え実行してほしい」

「これから会社が存続する為に、自部門や自分にこれから何ができるのか?
何を変える必要があるのか?を自ら考え、行動してほしい。」

「失敗を恐れて行動しないのではなく、トライ&エラーから新たな価値を生んで欲しい。」

もし、1つでもあてはまるなら、
このセミナーはあなたのためのセミナーです。

このセミナーでは、下記のようなことをお伝えします。

1、 ニューノーマル時代に『自走する人材』に必要な3つの要素とは?

2、『7つの習慣(R)』研修を実際に体験してみよう!

3、経営幹部を気をつける組織に学びを定着させるためのポイントとは?
~個人・組織でどのように『リーダーシップ』醸成させていくのか?~

「7つの習慣(R)」はリーダーシップ研修として
多くの企業に導入されており、その数、国内導入社数4,000社以上。
多くのリーダーたちに愛されてきました。

新しい時代を生き抜く自走した組織を作るために、
今回は無料で4時間の「7つの習慣(R)」体験会を開催をします。

自走したチーム・組織作りにお悩みの
経営幹部・管理職・人事責任者はこの機会に
是非、いますぐお申し込みください!

(参照)
弊社では最新のオンラインセミナー手法を駆使し、
リアルセミナー以上の満足度を実現しました。
教育効果は“対面”も“オンライン”も変わらない!?
「感動した!」の声は2倍増という結果も

~世界的ベストセラー『7つの習慣』企業向け研修がオンライン化~
https://www.value-press.com/pressrelease/241191

==================

【受講対象】経営幹部・部門決裁のある方
【参加費用】無料

※経営幹部・部門決裁のある方以外は
有料(10,000円(税抜))となっております。
どうぞご理解のほどを宜しくお願い致します。

==================

【注意事項】

<セミナー内容・申込について>

※本セミナーは経営幹部・管理職・人事責任者の方を対象としたセミナーです。
※「7つの習慣(R)」は、米国フランクリン・コヴィーまたは、フランクリン・コヴィー・ジャパン株式会社の登録商標です。
※本プログラムはフランクリン・コヴィー・ジャパン株式会社(FCJ社)とのパートナーシップ契約に基づき、
FCJ社の監修のもと、研修、および 振り返りテキストを通してビジネスシーンでの実践を目的に開発しております。
※同業他社・個人でのご参加はお断りさせて頂いております。ご了承ください。

<セミナー当日について>

※フランクリン・コヴィー・ジャパン株式会社とのライセンス契約に基づいて開催されるセミナーのため、5分以上遅刻された場合は、ご入室をご遠慮せねばなりません。
※休憩時間は2回~3回ほどご用意させていただきます。
※原則、途中入場・途中退席ができません。予め全ての時間参加が難しい場合はお問い合わせください。

<キャンセルについて>

※開催前日までにキャンセルをお願いいたします。
無断キャンセルは原則禁止となっております。ご理解のほどをお願い致します。