サブスクPCからはじめるデジタルトランスフォーメーション ~サブスクでミニマム投資を実現する方法~

コロナ禍でわたしたちのワークスタイルは様変わりしました。
オフィスや現場での密を避ける施策やテレワークの導入、クラウド利用など、
その変化は「2ヶ月で2年分のデジタル改革が起きた」といわれています。
今までの業界の枠組みの中で起こる変化に対応できれば、事業は維持され成長できる時代は終わりました。
環境はわたしたちの想像以上に激化し激変している中、今何が必要とされているのでしょうか?
圧倒的なビジネス・スピードを獲得する(高速に見える化・判断・行動)ことが求められていることに対して、
今までのIT投資のやり方である、十分な仕様検討とアプリケーションの整合性、規模の経済(集中購買)によるコスト低減といった
段階を踏んでいては期待されるビジネス・スピードを実現できません。
そこで登場したのが柔軟なIT投資を実現するサブスクモデルです。
所有ではなく利用、いつからでも小額からはじめることができるデジタルトランスフォーメーションに取り組んでみませんか?

製造業経営者・経営幹部様限定
中堅製造業における高収益ビジネスモデル研究セミナー
~中堅製造業8,000社中から収益性上位50社企業分析結果より~

現在日本の製造業の多くは厳しい環境下、利益率を高くし、高収益企業になるための突破口が見つかりにくい状況です。

グローバル化の進展により国際競争の激化、低コストで生産ができる新興国の台頭など、多くの要因があります。
そんな中で中堅製造業が高収益企業に転換していくためにはどうすれば良いのか、
具体的な事例を用いて高収益ビジネスモデルについてお話します。

また、不確実性の時代に企業が生き残るために本業以外の安定収益構造を築くための不動産戦略についても触れていきますので、奮ってご参加ください。

リモートワーク時代の購買管理に求められること

=========================================
 インターネット上で実施するオンラインセミナーです。
 インターネット環境があればどこからでも視聴可能です。
=========================================

<本セミナー参加のメリット>
間接材購買の総合プラットフォームを提供するソロエル株式会社と、SOLOELシステムの接続サプライヤとして
顧客へ利便性を提供する株式会社MonotaRO。
カタログ購買のパンチアウトシステム連携パートナーである両社が、購買システム利用の現況と新潮流を考察し、
企業が抱える間接資材購買の課題と解決策をお伝えするセミナーです。

Withコロナの環境において、調達・購買のあるべき状況が明確に変化してきて
おります。秋口にも第二派が懸念されており、しばらく同様の状況が続くことが
想定されます。

こういったタイミングで、特にリモートワークが企業のデフォルトになりつつある環境の中、
購買管理システムの利活用や企業が対応していくべき事柄などについて触れるウェビナーを開催いたします。

当日は、SOLOEL/MonotaRO両社の利用顧客ご利用概況について分析内容などをお伝え致します。
自社購買活動の生産性改善のヒントとなれば幸いです。
オンラインで開催いたしますので、ご自宅やオフィスなどから是非お気軽にご参加ください。

< このような方におすすめ >
下記のようなお考えをお持ちの大企業の調達・購買・資材・経理・総務等 責任者様、担当者様
・間接材購買システムの採用を検討している
・webカタログ購買比率を向上させたい(アナログな購買手法を減らしたい)
・サプライヤ管理手法の見直し/改善を検討している
・間接材購買の最新動向をチェックしたい

<セミナー日程>
2020年10月14日(水)14:00~15:15
※セミナー会場入場用URLについてはお申込いただいたメールアドレス宛に改めてお送りいたします。

<対象>
・間接材のコスト削減にご興味のある大企業の経営に関わる方
・従業員100名程度~の企業にお勤めの調達・購買・経理・総務等ご担当者様 

※競合他社からのお申し込みはお断りさせていただいております。
※お申込時に企業メールアドレス以外でお申込いただいた場合、お申込をお断りさせていただくことがございますので予めご了承いただけますと幸いです。

CDP選定前に知っておきたい DX推進を成功に導くCDP選定プロセス

コロナ禍により、企業のデジタルシフトの重要性はさらに増しています。
そんな中で、マーケティングや営業活動にCDPの活用を
視野に入れている企業様も多いのではないでしょうか。

CDPを正しく自社の目的に合わせて選定することは、
その後のプロジェクトの成否をわける重要なファクターです。

しかし世の中にはまだまだCDPの知見が少なく、
十分に情報収集し、意思決定することは容易ではありません。
不適切なCDP選定は、プロジェクトの頓挫という結果を招くリスクが高まります。

そこで、Speeeが企業様のデータ活用を支援する中で見えてきた、
CDPを選定する秘訣をお伝えするセミナーを開催することといたしました。

セミナーでは、

・CDPの選定の落とし穴
・CDP選定5つのプロセスとは
・ケーススタディ

の3つについて主にお話いたします。

自社のデータ活用プロジェクト成功に導きたいと
お考えの方は、ぜひ一度お聞きになっていただければ幸いです。

このような方におすすめ
・ 来期CDPの導入を考えており、これから比較検討を行う。
・ 現在CDPの比較検討を行っているが、選定ができないでいる。
・ これからCDPの比較検討を行うにあたり、どのようなステップで進めればよいか知りたい。
・ CDP導入の失敗リスクについて事前に知っておきたい。

以下フォームよりぜひお申し込みください。