【経営者様向け特別講座】名古屋開催!既存・新規顧客への収益最大化する為の新規事業拡大講座

――――――――――――――――――――――――――――――
※本セミナーは、【同日・同会場】にて、【同一の内容】を、午前・午後の2回開催しております。

 【午前(10:30~13:00)】
 【午後(15:30~18:00)】

 どちらの開催(午前・午後)をご希望の場合にも、こちらのページよりお申込みください。
――――――――――――――――――――――――――――――

株式会社ライトアップは日本全国すべての中小企業様の黒字化支援の為に、
WEB/公的支援制度やセミナーなどを通じて、
どのように事業拡大していくかのノウハウをお伝えしてまいりました。

今回はその中でも特にご相談として多い、【既存・新規顧客への収益拡大の方法】について
お伝え致します。

■以下のようなお悩みをお持ちの経営者様が参加しています
・他社と差別化し、顧客との関係性を深めていきたい。
・既存の顧客に対して収益を最大化させたい。
・なにをすれば新規顧客を獲得できるか分からない
・本業を周知させたいがどのようにすればいいかわからない
・新規事業を立ち上げたい
・・・等々

上記に挙げたお悩みは、今回ご案内している講座で全て解決できます。

本講座を通じて、今までWEB活用ができていなかった中小企業様が【営業活動を行わずに】HPの問い合わせを通じて、沢山の案件を獲得、収益化できた例や、
【営業活動を行わずに】WEB制作・集客をお客様へ販売して収益化できた例など、次々に誕生しております。

■当日の講座内容

〇日本の市場の変化-中小企業が準備すべきこと
〇WEB活用の必要性-市場の変化
〇WEB施策の重要性ー①分析(3C分析)②集客(SEOの歴史とgoogleについて)③CV対策
〇事業拡大の方法・事例のご紹介

行動心理に基づいたオフィス創りで、企業変革を生み出す。
翔栄クリエイトの空間創りノウハウセミナー

経営を取り巻く環境が急激に変化する中、今まで以上にフレキシブルな企業改革が必要になっています。また、それを実現するために、人材育成・組織改変・人材採用などにおいて、人事部門に求められるミッションの重要度は、ますます高くなっていると感じています。

・社長と社員のベクトルを合わせるための会議の実施
・より幅広いことにチャレンジできる社員を増やしてくための社員研修
・よりフレキシブルな対応ができるような組織改変
・モチベーションを上げるためのさまざまな施策

いろいろと策を講じても社長の想いはなかなか社員には伝わらない、社員・社風・会社はなかなか変わらない……。やはり改革には時間がかかる、と感じている方も多いのではないでしょうか。しかし、そのような場合も『オフィス空間』の使い方によって、人事的な課題を解決する方法があることをご存じですか? オフィスのことは総務管轄だと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、『オフィス空間』はその使い方によって、社員の心が動き、行動が変わります。また、それが社風・企業改革につながっていき、人事として抱えるミッションの解決手段にもなりうるのです。

本講演では、実際にオフィス空間を変えたことにより、短期間でさまざまな変革が起こった実例を中心に、新しい視点で人事課題にアプローチするためのヒントをお伝えします。

行動心理に基づいたオフィス創りで、企業変革を生み出す。
翔栄クリエイトの空間創りノウハウセミナー

経営を取り巻く環境が急激に変化する中、今まで以上にフレキシブルな企業改革が必要になっています。また、それを実現するために、人材育成・組織改変・人材採用などにおいて、人事部門に求められるミッションの重要度は、ますます高くなっていると感じています。

・社長と社員のベクトルを合わせるための会議の実施
・より幅広いことにチャレンジできる社員を増やしてくための社員研修
・よりフレキシブルな対応ができるような組織改変
・モチベーションを上げるためのさまざまな施策

いろいろと策を講じても社長の想いはなかなか社員には伝わらない、社員・社風・会社はなかなか変わらない……。やはり改革には時間がかかる、と感じている方も多いのではないでしょうか。しかし、そのような場合も『オフィス空間』の使い方によって、人事的な課題を解決する方法があることをご存じですか? オフィスのことは総務管轄だと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、『オフィス空間』はその使い方によって、社員の心が動き、行動が変わります。また、それが社風・企業改革につながっていき、人事として抱えるミッションの解決手段にもなりうるのです。

本講演では、実際にオフィス空間を変えたことにより、短期間でさまざまな変革が起こった実例を中心に、新しい視点で人事課題にアプローチするためのヒントをお伝えします。

行動心理に基づいたオフィス創りで、企業変革を生み出す。
翔栄クリエイトの空間創りノウハウセミナー

経営を取り巻く環境が急激に変化する中、今まで以上にフレキシブルな企業改革が必要になっています。また、それを実現するために、人材育成・組織改変・人材採用などにおいて、人事部門に求められるミッションの重要度は、ますます高くなっていると感じています。

・社長と社員のベクトルを合わせるための会議の実施
・より幅広いことにチャレンジできる社員を増やしてくための社員研修
・よりフレキシブルな対応ができるような組織改変
・モチベーションを上げるためのさまざまな施策

いろいろと策を講じても社長の想いはなかなか社員には伝わらない、社員・社風・会社はなかなか変わらない……。やはり改革には時間がかかる、と感じている方も多いのではないでしょうか。しかし、そのような場合も『オフィス空間』の使い方によって、人事的な課題を解決する方法があることをご存じですか? オフィスのことは総務管轄だと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、『オフィス空間』はその使い方によって、社員の心が動き、行動が変わります。また、それが社風・企業改革につながっていき、人事として抱えるミッションの解決手段にもなりうるのです。

本講演では、実際にオフィス空間を変えたことにより、短期間でさまざまな変革が起こった実例を中心に、新しい視点で人事課題にアプローチするためのヒントをお伝えします。

行動心理に基づいたオフィス創りで、企業変革を生み出す。
翔栄クリエイトの空間創りノウハウセミナー

経営を取り巻く環境が急激に変化する中、今まで以上にフレキシブルな企業改革が必要になっています。また、それを実現するために、人材育成・組織改変・人材採用などにおいて、人事部門に求められるミッションの重要度は、ますます高くなっていると感じています。

・社長と社員のベクトルを合わせるための会議の実施
・より幅広いことにチャレンジできる社員を増やしてくための社員研修
・よりフレキシブルな対応ができるような組織改変
・モチベーションを上げるためのさまざまな施策

いろいろと策を講じても社長の想いはなかなか社員には伝わらない、社員・社風・会社はなかなか変わらない……。やはり改革には時間がかかる、と感じている方も多いのではないでしょうか。しかし、そのような場合も『オフィス空間』の使い方によって、人事的な課題を解決する方法があることをご存じですか? オフィスのことは総務管轄だと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、『オフィス空間』はその使い方によって、社員の心が動き、行動が変わります。また、それが社風・企業改革につながっていき、人事として抱えるミッションの解決手段にもなりうるのです。

本講演では、実際にオフィス空間を変えたことにより、短期間でさまざまな変革が起こった実例を中心に、新しい視点で人事課題にアプローチするためのヒントをお伝えします。

行動心理に基づいたオフィス創りで、企業変革を生み出す。
翔栄クリエイトの空間創りノウハウセミナー

経営を取り巻く環境が急激に変化する中、今まで以上にフレキシブルな企業改革が必要になっています。また、それを実現するために、人材育成・組織改変・人材採用などにおいて、人事部門に求められるミッションの重要度は、ますます高くなっていると感じています。

・社長と社員のベクトルを合わせるための会議の実施
・より幅広いことにチャレンジできる社員を増やしてくための社員研修
・よりフレキシブルな対応ができるような組織改変
・モチベーションを上げるためのさまざまな施策

いろいろと策を講じても社長の想いはなかなか社員には伝わらない、社員・社風・会社はなかなか変わらない……。やはり改革には時間がかかる、と感じている方も多いのではないでしょうか。しかし、そのような場合も『オフィス空間』の使い方によって、人事的な課題を解決する方法があることをご存じですか? オフィスのことは総務管轄だと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、『オフィス空間』はその使い方によって、社員の心が動き、行動が変わります。また、それが社風・企業改革につながっていき、人事として抱えるミッションの解決手段にもなりうるのです。

本講演では、実際にオフィス空間を変えたことにより、短期間でさまざまな変革が起こった実例を中心に、新しい視点で人事課題にアプローチするためのヒントをお伝えします。

行動心理に基づいたオフィス創りで、企業変革を生み出す。
翔栄クリエイトの空間創りノウハウセミナー

経営を取り巻く環境が急激に変化する中、今まで以上にフレキシブルな企業改革が必要になっています。また、それを実現するために、人材育成・組織改変・人材採用などにおいて、人事部門に求められるミッションの重要度は、ますます高くなっていると感じています。

・社長と社員のベクトルを合わせるための会議の実施
・より幅広いことにチャレンジできる社員を増やしてくための社員研修
・よりフレキシブルな対応ができるような組織改変
・モチベーションを上げるためのさまざまな施策

いろいろと策を講じても社長の想いはなかなか社員には伝わらない、社員・社風・会社はなかなか変わらない……。やはり改革には時間がかかる、と感じている方も多いのではないでしょうか。しかし、そのような場合も『オフィス空間』の使い方によって、人事的な課題を解決する方法があることをご存じですか? オフィスのことは総務管轄だと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、『オフィス空間』はその使い方によって、社員の心が動き、行動が変わります。また、それが社風・企業改革につながっていき、人事として抱えるミッションの解決手段にもなりうるのです。

本講演では、実際にオフィス空間を変えたことにより、短期間でさまざまな変革が起こった実例を中心に、新しい視点で人事課題にアプローチするためのヒントをお伝えします。

行動心理に基づいたオフィス創りで、企業変革を生み出す。
翔栄クリエイトの空間創りノウハウセミナー

経営を取り巻く環境が急激に変化する中、今まで以上にフレキシブルな企業改革が必要になっています。また、それを実現するために、人材育成・組織改変・人材採用などにおいて、人事部門に求められるミッションの重要度は、ますます高くなっていると感じています。

・社長と社員のベクトルを合わせるための会議の実施
・より幅広いことにチャレンジできる社員を増やしてくための社員研修
・よりフレキシブルな対応ができるような組織改変
・モチベーションを上げるためのさまざまな施策

いろいろと策を講じても社長の想いはなかなか社員には伝わらない、社員・社風・会社はなかなか変わらない……。やはり改革には時間がかかる、と感じている方も多いのではないでしょうか。しかし、そのような場合も『オフィス空間』の使い方によって、人事的な課題を解決する方法があることをご存じですか? オフィスのことは総務管轄だと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、『オフィス空間』はその使い方によって、社員の心が動き、行動が変わります。また、それが社風・企業改革につながっていき、人事として抱えるミッションの解決手段にもなりうるのです。

本講演では、実際にオフィス空間を変えたことにより、短期間でさまざまな変革が起こった実例を中心に、新しい視点で人事課題にアプローチするためのヒントをお伝えします。

行動心理に基づいたオフィス創りで、企業変革を生み出す。
翔栄クリエイトの空間創りノウハウセミナー

経営を取り巻く環境が急激に変化する中、今まで以上にフレキシブルな企業改革が必要になっています。また、それを実現するために、人材育成・組織改変・人材採用などにおいて、人事部門に求められるミッションの重要度は、ますます高くなっていると感じています。

・社長と社員のベクトルを合わせるための会議の実施
・より幅広いことにチャレンジできる社員を増やしてくための社員研修
・よりフレキシブルな対応ができるような組織改変
・モチベーションを上げるためのさまざまな施策

いろいろと策を講じても社長の想いはなかなか社員には伝わらない、社員・社風・会社はなかなか変わらない……。やはり改革には時間がかかる、と感じている方も多いのではないでしょうか。しかし、そのような場合も『オフィス空間』の使い方によって、人事的な課題を解決する方法があることをご存じですか? オフィスのことは総務管轄だと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、『オフィス空間』はその使い方によって、社員の心が動き、行動が変わります。また、それが社風・企業改革につながっていき、人事として抱えるミッションの解決手段にもなりうるのです。

本講演では、実際にオフィス空間を変えたことにより、短期間でさまざまな変革が起こった実例を中心に、新しい視点で人事課題にアプローチするためのヒントをお伝えします。

【テレワークに最適】企業のIT担当者必見 さよならファイルサーバー 失敗しない!クラウドストレージの選び方

【こんな方にオススメです】
・働き方改革を実現し、在宅勤務やリモートワークで業務時間の効率化や短縮を図りたい

・大容量のデータを扱う機会が多く、データのダウンロードやアップロード、社外での閲覧の際に毎度数分時間を費やしている

・データを探す時間が社員1人につき、毎週数時間は発生している。
 また、最新のデータが分からなくなってしまったり、バージョン管理にも苦労している。

・様々な企業の成功例を知りたい
—————————————————-
企業内でのファイル共有の手段として広く利用されている、
ファイルサーバーやNAS。
社内での業務においては大変便利な仕組みではありますが、
その運用や利用において様々な課題もあります。

IT部門の課題としては、データの増加によるストレージコストの増加、
バックアップ運用の負荷増大。
複数拠点でファイルサーバーが乱立する事によるセキュリティリスク。
ハードウェア老朽化による、定期的な投資などが代表的な課題とてよく聞かれます。
また、ユーザー部門としては、社外からのアクセスやスマートデバイスでの利用制限、
社外とのファイル共有の手間などがあげられます。

これらの課題の解決策として、クラウドストレージを導入する企業が増えている中で、
Dropbox Business を単純なファイル共有システムの
クラウドストレージとしてだけではなく、
社内外とのコミュニケーション基盤として導入される企業が増えています。

本セミナーでは、一般的にクラウドストレージがどのように活用されているのか、
また、その選定の際にどのようなポイントに気をつけるべきなのか、
そして、 Dropbox Business がどのようにお客様のコミュニケーション基盤として
使われているのかを実際のユーザー企業をお招きしてご紹介いたします。

【テレワークに最適】企業のIT担当者必見 さよならファイルサーバー 失敗しない!クラウドストレージの選び方

【こんな方にオススメです】
・働き方改革を実現し、在宅勤務やリモートワークで業務時間の効率化や短縮を図りたい

・大容量のデータを扱う機会が多く、データのダウンロードやアップロード、社外での閲覧の際に毎度数分時間を費やしている

・データを探す時間が社員1人につき、毎週数時間は発生している。
 また、最新のデータが分からなくなってしまったり、バージョン管理にも苦労している。

・様々な企業の成功例を知りたい
—————————————————-

企業内でのファイル共有の手段として広く利用されている、
ファイルサーバーやNAS。
社内での業務においては大変便利な仕組みではありますが、
その運用や利用において様々な課題もあります。

IT部門の課題としては、データの増加によるストレージコストの増加、
バックアップ運用の負荷増大。
複数拠点でファイルサーバーが乱立する事によるセキュリティリスク。
ハードウェア老朽化による、定期的な投資などが代表的な課題とてよく聞かれます。
また、ユーザー部門としては、社外からのアクセスやスマートデバイスでの利用制限、
社外とのファイル共有の手間などがあげられます。

これらの課題の解決策として、クラウドストレージを導入する企業が増えている中で、
Dropbox Business を単純なファイル共有システムの
クラウドストレージとしてだけではなく、
社内外とのコミュニケーション基盤として導入される企業が増えています。

本セミナーでは、一般的にクラウドストレージがどのように活用されているのか、
また、その選定の際にどのようなポイントに気をつけるべきなのか、
そして、 Dropbox Business がどのようにお客様のコミュニケーション基盤として
使われているのかを実際のユーザー企業をお招きしてご紹介いたします。

【2月4日@広島開催】《ビズリーチ×識学共催セミナー》
~ビズリーチ式「ダイレクトリクルーティング」×識学式「面接術」~

人材の獲得競争が熾烈を極める中で、能動的な採用手法「ダイレクトリクルーティング」を中心とした採用活動にシフトする企業が増えています。
一方で、面接という局地戦では、適切に求めているスキル要件との合致度や自社の組織風土になじむ人材か見抜く力が必要です。

そこで今回は、ダイレクトリクルーティングを提唱した株式会社ビズリーチと、学問をベースとした組織マネジメントで定評がある
株式会社識学が、「会社を強くするための人材採用と面接術」についてお話しします。

識学は、人の意識構造に着目した独自の理論をベースにした、組織マネジメント理論「識学(しきがく)」を使ったコンサルティングサービスを
企業経営者や経営幹部へ提供し、クライアント企業の組織改革、生産性向上の支援を行っています。
2019年2月22日には創業からわずか4年で東証マザーズ上場を果たすなど圧倒的なスピードで事業成長をしている今注目の企業です。

本セミナーは、第一部でビズリーチが「待つ採用から攻める採用へ」というテーマで、経営戦略と密接に関わる人材採用のポイントをお伝えします。
第二部は、株式会社識学 大阪支店長の冨樫篤史氏に「識学を用いた採用力強化メソッド」というテーマで、「企業が面接で見るべき2軸」などについてお伝えいただきます。
こちらは、「面接では期待度が高かったのに採用してみると期待を裏切られた」「どのように選考・面接をすれば良い人材が
採用できるのかがわからない」といった課題をお持ちの企業様必見の内容です。

旧態依然とした採用手法や直感や主観に依存する面接から抜け出すヒントをお探しの方には特に役立つプログラムとなっていますので、
この機会にぜひ奮ってご参加ください。

※お申し込みは先着順となります。定員となり次第、お申し込みを締め切らせていただきます。
※同業の企業や個人事業主、学生、その他弊社が不適切と判断した場合は参加をお断りする場合がございます。
※お申し込み人数により会場が変更となる場合があります。

【2月3日@福岡開催】《ビズリーチ×識学共催セミナー》
~ビズリーチ式「ダイレクトリクルーティング」×識学式「面接術」~

人材の獲得競争が熾烈を極める中で、能動的な採用手法「ダイレクトリクルーティング」を中心とした採用活動にシフトする企業が増えています。
一方で、面接という局地戦では、適切に求めているスキル要件との合致度や自社の組織風土になじむ人材か見抜く力が必要です。

そこで今回は、ダイレクトリクルーティングを提唱した株式会社ビズリーチと、学問をベースとした組織マネジメントで定評がある
株式会社識学が、「会社を強くするための人材採用と面接術」についてお話しします。

識学は、人の意識構造に着目した独自の理論をベースにした、組織マネジメント理論「識学(しきがく)」を使ったコンサルティングサービスを
企業経営者や経営幹部へ提供し、クライアント企業の組織改革、生産性向上の支援を行っています。
2019年2月22日には創業からわずか4年で東証マザーズ上場を果たすなど圧倒的なスピードで事業成長をしている今注目の企業です。

本セミナーは、第一部でビズリーチが「待つ採用から攻める採用へ」というテーマで、経営戦略と密接に関わる人材採用のポイントをお伝えします。
第二部は、株式会社識学 大阪支店長の冨樫篤史氏に「識学を用いた採用力強化メソッド」というテーマで、「企業が面接で見るべき2軸」などについてお伝えいただきます。
こちらは、「面接では期待度が高かったのに採用してみると期待を裏切られた」「どのように選考・面接をすれば良い人材が
採用できるのかがわからない」といった課題をお持ちの企業様必見の内容です。

旧態依然とした採用手法や直感や主観に依存する面接から抜け出すヒントをお探しの方には特に役立つプログラムとなっていますので、
この機会にぜひ奮ってご参加ください。

※お申し込みは先着順となります。定員となり次第、お申し込みを締め切らせていただきます。
※同業の企業や個人事業主、学生、その他弊社が不適切と判断した場合は参加をお断りする場合がございます。
※お申し込み人数により会場が変更となる場合があります。

【2月5日@京都開催】「人材獲得」成功3カ条
~地元先進企業の事例から学ぶ~

【本セミナー参加のメリット】

・人材紹介会社、求人広告ではない新しい採用手法を知れる
・日本の採用市場について、改めて理解できる
・地元先進企業の事例から「人材獲得」成功のための3つのポイントが学べる

【このような方におすすめ】

・求人広告や人材紹介会社を用いた採用活動に苦戦している方
・地元先進企業の採用成功事例に興味がある方
・新しい採用手法が気になる方
・「ダイレクトリクルーティング」について詳しく知りたい方
・採用担当の方、人事担当の方

【セミナー内容】

「中途採用では良い人材が採れない……」

このような人事の先入観を覆す先進的な採用手法。
それが「ダイレクトリクルーティング」です。

日本の労働力人口の減少、人材の都市部集中がますます加速していくといわれている昨今。

「2018年の中小企業の景況見通し」(日本政策金融公庫)によれば、
「人材不足、育成難が経営上の今後の不安要素」と考えている経営者は約6割。人材獲得競争は激しさを増しています。
「求人広告を出しても応募が来ない」「人材紹介会社に依頼しても紹介がこない」とお悩みの方も多いです。

そのようななかで、企業の知名度を問わず、あらゆる企業が自社の求める人材を採用できるのが「ダイレクトリクルーティング」です。
本セミナーでは、先進的な採用手法「ダイレクトリクルーティング」をご紹介いたします。
そして「ダイレクトリクルーティング」を活用した採用成功のための3つのポイントを、地元先進企業の事例をもとにお伝えいたします。

※お申し込みは先着順となります。定員となり次第、お申し込みを締め切らせていただきます。
※同業の企業や個人事業主、学生、その他弊社が不適切と判断した場合は参加をお断りする場合がございます。
※お申し込み人数により会場が変更となる場合があります。

【2月4日~2月5日@オンラインセミナー】
優秀な人材を口説く「面談」のポイント ~「面談」と「面接」の使い分け~

=========================================
 インターネット上で配信する動画配信型のセミナーです。
 インターネット環境があればどこからでも視聴可能です。
=========================================

【本セミナーご視聴のメリット】

・「面談」と「面接」の違いがわかる
・欲しい人材を口説くために重要なポイントがわかる
・「面談」を活用した他社の事例がわかる

【このような方におすすめ】

・欲しい人材に出会えない、とお困りの方
・採用競合に欲しい人材を採られているのでは、とお感じの方
・候補者の選考辞退を減らしたい方
・他社の採用成功事例を知りたい方

【セミナー日程】
————————————————————————————————–
◆オンラインセミナー配信期間◆
2020年2月4日(火)12:00~2020年2月5日(水)12:00
※上記配信期間中にご視聴ください。

◆セミナー動画再生時間:約25分
※視聴のためのURLは、配信開始日の約1週間前と配信開始日の朝にお送りするメールにて別途ご確認ください。
————————————————————————————————–

【セミナー申込受付期間:2020年1月31日(金)12:00まで】

※同業の企業や個人事業主、学生、その他弊社が不適切と判断した場合は参加をお断りする場合がございます。

<<大阪開催>>収益認識基準適用対策セミナー
~収益認識基準の概要及び導入ポイントのご説明~

2021年4月に強制適用される収益認識基準で収益認識がどのように変わるかについて、新基準の基礎的な内容から具体的な事例も踏まえてご説明します。
また、最新会計ソリューション「SuperStram-NX/V2」最新機能による業務効率化・生産性向上をデモンストレーションを交えたご説明と経理部門で最新技術(AI、RPA)を取り入れた業務効率化の取り組みをご紹介します。

やりっぱなしのES 調査・組織診断からの脱却 ~組織づくりの第一歩 本当の「見える化」とは何か? 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 活力があって協力的な組織をつくりたいが、何からどのように手を付けてよいのか分からない
 メンタル不調の発生、優秀社員の退職などの要因を把握し、何らかの対策を打ちたい
 部門によって社員の活性度や満足度のばらつきが大きいように感じている
 ES調査やモチベーションサーベイを導入しているが、正直なところ「やりっぱなし」で活用できていない

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

本セミナーは、このような問題意識をお持ちの経営者、人事部門の方にぜひお越しいただきたい内容となっています。
組織変革を進めていくうえで、多くの企業がはじめに取り組まれるのは組織状態の「見える化」です。「ES調査」や「組織エンゲージメントサーベイ」などを導入し、社員の活性度や満足度、それを生み出している様々な要因を多面的に「見える化」します。

しかし、多くの企業からは、「せっかく調査したデータを使いこなせていない」という声をお聞きます。社員の視点からみれば、忙しいにも関わらず協力し、意見を述べたものが活用されなない状態となりますので、組織への不満・不信を増幅することになりかねません。

また一方では、「上司と部下のコミュニケーションが良くない」という結果データを見て、「いま流行りの1on1 を当社でも導入しよう」など、問題の裏返しのような解決策を次々と打ち出すものの、定着せずに同じ問題を抱え続けてしまう企業も少なくありません。

組織を変革していくために必要な「本当の見える化」とは、どのようなものでしょうか?
今回のセミナーでは、組織変革を進めていくステップである「見える化」や「対話」の本質とは何か?外せないポイントは何か?などをお伝えします。ぜひ、この機会をご活用ください。

【こんな方におすすめ】
経営トップ、役員、部門長 ・ 経営企画/人事部門長およびご担当者
※個人の方、同業者(コンサルティング会社・研修会社等)はお断りさせていただきます

【内容】
1. これからの「人手不足」時代に求められる組織づくりとは?
2. 組織をより良くする「組織開発」とは何か?
3. やりっぱなしの組織診断がもたらすものは?
4. 「見える化」の本質とは?
5. 対話を通じて「未来」を創り出す
6. ES NavigatorⅡのご紹介
7. 質疑応答

今から始めるテレワーク 業務のカギとなる「オンライン共同作業場」 ”スマートワークスペース”

労働人口の減少という大きな課題に対する一つの施策として、労働参加率を高める事を目的に総務省が推進してきたテレワーク導入企業が増えています。その導入傾向は企業規模に伴い増加しており、2019年4月に働き方改革関連法案が施行され首都圏にオフィスを構える企業で導入・検討が進んでいます。

一方で、テレワークの導入に二の足を踏んでいる企業も多く存在するのも事実です。その主な理由の一つとして、挙げられているのが「コミュニケーション希薄化」の懸念です。
テレワークを導入し、生産性の成果をあげるために前提になるのは「社外に居ながらにして、社内と同じように仕事ができること」だと言えます。例えば、共同作業で何かプロジェクトを進める場合、役割分担や期日、進捗確認や”ちょっとした”相談や確認など、考えればきりがありません。

当社の提供している Dropbox Business と Dropbox Paper は企業向けコラボレーションプラットフォームとして多くの企業様にご活用いただいており、本セミナーでは Dropbox をクラウドストレージとしてではなく、コミュニケーションハブとしての Dropbox 活用方法をご紹介いたします。