【経営者様無料招待】名古屋開催!2000社のWEB事業立ち上げノウハウから学ぶ!実践型WEBマーケティング基礎セミナー

※本セミナーは、【同日・同会場】にて、【同一の内容】を、午前・午後の2回開催しております。

 【午前(10:30~13:00)】
 【午後(15:30~18:00)】

 どちらの開催(午前・午後)をご希望の場合にも、こちらのページよりお申込みください。

▼ 本講座のマスコミ掲載実績▼
日経産業新聞/ワールドビジネスサテライト/アントレ/週刊ビル経営/TechCrunch/BIGLOBE 等々

■以下のようなお悩みをお持ちの経営者様が参加しています

・ホームページからお問い合わせがほとんど来ない

・なにをすればHPのアクセス数が増えるか分からない

・WEB活用出来る環境・人材が整備されていない

・お客様からWEB制作や集客の相談を受けるが何もできない

・結局何をすればWEB活用・顧客へ提案が出来る様になるか分からない

・・・等々

上記に挙げたお悩みは、今回ご案内している講座で全て解決できます。

全国2,000社の中小企業の『WEB活用を通じた事業拡大』を支援してきた、弊社の豊富なノウハウとリソースをご活用頂き、
WEB活用を通じた事業拡大ができるまで徹底的にご支援させて頂きますので、是非ご参加下さい。

■参加後には、以下のようなことが可能になります。

・「WEB制作から集客まで、全て社内で行い、事業拡大が可能になる」

・「HPから数十件のお問い合わせを毎月獲得できる様になり、既存サービスが売れる様になる」

・「他ではできないワンランク上のWEBマーケティングが社内でできる様になる」

・「WEB活用を行うための人材が”費用負担無く”育成できる」

・「WEB制作や集客施策を販売して収益化できる」

本講座を通じて、今までWEB活用ができていなかった中小企業様が【営業活動を行わずに】HPの問い合わせを通じて、沢山の案件を獲得、収益化できた例や、
【営業活動を行わずに】WEB制作・集客をお客様へ販売して収益化できた例など、次々に誕生しております。

■これまでの参加企業様の声を紹介します

・【全く活用できなかったWEBを一気に活用できるようになった!】
助成金を活用する事で、ほとんど費用負担がなくWEB活用への挑戦と、担当者を育成する事ができた結果、本業のお問い合わせも毎月50件ほど獲得できる様になった。
(左官業 社員40人) 

・【WEBの提案ができるようになることで大幅に収益化できた!】
商材が増える事で今まで応える事ができなかったお客様のニーズに対応できる様になり、本業の収益以外で、200万以上の月額の粗利を、ストック型で収益化できる様になった。    
(広告代理業 社員10人以下)

■当日の講座内容

〇日本の市場の変化-中小企業が準備すべきこと
〇WEB活用の必要性-市場の変化
〇WEB施策の重要性ー①分析(3C分析)②集客(SEOの歴史とgoogleについて)③CV対策
〇弊社の西日本エリアで展開する取り組みに関するご説明・事例

年間20,000名以上の中小企業の経営者様が参加した人気講座です。
是非、お気軽にお申し込みください。

【経営者様無料招待】中小企業のためのWEB活用を通じた事業拡大特別講座~2,000社が実践している効果的なWEBの活用方法と売上拡大の方法とは~

昨年度、45都道府県で20,000名以上の中小企業の経営者様にご参加頂いた、
公的資金を活用することで、費用負担無く新規事業立ち上げ・事業拡大を行う方法をお伝えします。

▼ 今回開催する講座のマスコミ掲載実績▼
日経産業新聞/ワールドビジネスサテライト/アントレ/週刊ビル経営/TechCrunch/BIGLOBE 等々

■こんなお悩み御座いませんか?
・ホームページからお問い合わせが来ない
・なにをすればホームページのアクセス数が増えるか分からない
・社内でWEB・ITを活用できる環境・人材が整備、育成されていない
・お客さんからホームページ制作や集客施策、ITに関する相談を受けるが、何もできない
・結局何すればWEB・ITの活用ができるようになるのか、顧客へ提案が出来るようになるのか分からない

上記に挙げたお悩みは、今回ご案内させて頂いている特別講座で全て解決致します。

全国2,000社の中小企業様のWEB・IT活用を通じ、新規事業立ち上げを支援してきた、弊社の豊富なノウハウとリソースをご活用ください。
WEB・ITの活用が出来るまで、徹底的にご支援させて頂きます。

■参加後には、このようなことが可能になります。
・「ホームページ制作から集客まで、社内で全て行えるWEBマーケティング事業部を立ち上げる事ができる」
・「ホームページから毎月、数十件のお問い合わせが獲得でき、収益が上がる」
・「同規模の競合他社では出来ない、ワンランク上のWEBマーケティングが社内でできる様になる」
・「WEB・ITの活用ができる社内人材の育成を、費用負担無く行う方法が分かる」
・「お客様へホームページや集客施策を販売して、ストック型の収益化ができる様になる」

本講座を受講いただいた結果、
今までWEB・ITを全く活用できていない中小企業が沢山の案件を、お持ちのホームページから獲得して収益化した例や、
ホームページ制作・集客施策をお客様へ販売して収益化できた例など、多くの事例が誕生しております。

是非この機会にご参加いただき、WEB・IT活用を通じた新規事業部を立ち上げ、収益の拡大を行いませんか?

■これまでの参加企業様の声を紹介します

・【全く活用出来なかったWEBを一気に活用できるようになった!】
公的資金(助成金)を活用する事で、ほとんど費用負担がなくWEB担当者を育成する事ができ、ホームページからのお問い合わせも毎月50件ほど獲得できるようになった。
(左官業 社員40人) 

・【WEBの提案が出来るようになることで大幅に収益化できた!】
これまで応える事が出来なかったお客様のWEBに関するニーズに対応できる様になり、
既存事業以外に、毎月200万以上の粗利を獲得できるようになった。    
(広告代理業 社員10人以下)

■当日の講座内容
①WEB・ITの新規事業立ち上げ・事業拡大に活用出来る2019年度の公的資金事例について
②ホームページの制作・プロモーション・コンサルティングを行う担当者を育成する方法について
③有料研修の内容そのままお伝えします!ワンランク上のWEBマーケティングノウハウ
④社内にWEB・IT担当者が居なくてもホームページ制作や集客施策をお客様に提案し、受注する方法とは?

毎月1500社以上の中小企業の経営者が参加している特別講座です。
是非、お気軽にご参加ください。

今日から始めるRPAによる経営課題解決セミナー大阪10/30

今や3社に1社が活用しているといわれるRPA。その中でも今最も勢いのあるRPA「ロボパット」がセミナーを開催。RPAを検討中の方はもちろん、これからRPAについての情報取集を始める方に最適。「結局RPAで自社のどんな業務が自動化できるのか?」「導入すると具体的に誰がどう楽になるのか?」という皆さんの疑問を解決します。

― セミナーアジェンダ ―
01 RPAって色々あって違いが分からない!RPAそれぞれの違い
02 この業務が本当にRPAで楽になるの?ロボ化に向いている業務とは
03 「誰が」「どのようにできるのか」本当に現場が喜ぶRPA導入とは
04 RPAで年間5000時間削減した活用事例を紹介
05 RPA導入のための「失敗しない」業務選定・社内稟議の通し方

今日から始めるRPAによる経営課題解決セミナー大阪10/10

今や3社に1社が活用しているといわれるRPA。その中でも今最も勢いのあるRPA「ロボパット」がセミナーを開催。RPAを検討中の方はもちろん、これからRPAについての情報取集を始める方に最適。「結局RPAで自社のどんな業務が自動化できるのか?」「導入すると具体的に誰がどう楽になるのか?」という皆さんの疑問を解決します。

― セミナーアジェンダ ―
01 RPAって色々あって違いが分からない!RPAそれぞれの違い
02 この業務が本当にRPAで楽になるの?ロボ化に向いている業務とは
03 「誰が」「どのようにできるのか」本当に現場が喜ぶRPA導入とは
04 RPAで年間5000時間削減した活用事例を紹介
05 RPA導入のための「失敗しない」業務選定・社内稟議の通し方

今日から始めるRPAによる経営課題解決セミナー東京10/30

今や3社に1社が活用しているといわれるRPA。その中でも今最も勢いのあるRPA「ロボパット」がセミナーを開催。RPAを検討中の方はもちろん、これからRPAについての情報取集を始める方に最適。「結局RPAで自社のどんな業務が自動化できるのか?」「導入すると具体的に誰がどう楽になるのか?」という皆さんの疑問を解決します。

― セミナーアジェンダ ―
01 RPAって色々あって違いが分からない!RPAそれぞれの違い
02 この業務が本当にRPAで楽になるの?ロボ化に向いている業務とは
03 「誰が」「どのようにできるのか」本当に現場が喜ぶRPA導入とは
04 RPAで年間5000時間削減した活用事例を紹介
05 RPA導入のための「失敗しない」業務選定・社内稟議の通し方

今日から始めるRPAによる経営課題解決セミナー東京10/16

今や3社に1社が活用しているといわれるRPA。その中でも今最も勢いのあるRPA「ロボパット」がセミナーを開催。RPAを検討中の方はもちろん、これからRPAについての情報取集を始める方に最適。「結局RPAで自社のどんな業務が自動化できるのか?」「導入すると具体的に誰がどう楽になるのか?」という皆さんの疑問を解決します。

― セミナーアジェンダ ―
01 RPAって色々あって違いが分からない!RPAそれぞれの違い
02 この業務が本当にRPAで楽になるの?ロボ化に向いている業務とは
03 「誰が」「どのようにできるのか」本当に現場が喜ぶRPA導入とは
04 RPAで年間5000時間削減した活用事例を紹介
05 RPA導入のための「失敗しない」業務選定・社内稟議の通し方

今日から始めるRPAによる経営課題解決セミナー名古屋10/1

今や3社に1社が活用しているといわれるRPA。その中でも今最も勢いのあるRPA「ロボパット」がセミナーを開催。RPAを検討中の方はもちろん、これからRPAについての情報取集を始める方に最適。「結局RPAで自社のどんな業務が自動化できるのか?」「導入すると具体的に誰がどう楽になるのか?」という皆さんの疑問を解決します。

― セミナーアジェンダ ―
01 RPAって色々あって違いが分からない!RPAそれぞれの違い
02 この業務が本当にRPAで楽になるの?ロボ化に向いている業務とは
03 「誰が」「どのようにできるのか」本当に現場が喜ぶRPA導入とは
04 RPAで年間5000時間削減した活用事例を紹介
05 RPA導入のための「失敗しない」業務選定・社内稟議の通し方

【9月20日@広島開催】「採用力」向上セミナー
~優秀な人材を獲得し、早期離職を防ぐ「採用力」とは~

~優秀な人材を獲得し、早期離職を防ぐ「採用力」とは~
—————————————————————————————————————-
優秀な人材を獲得し、早期離職を防ぐ「採用力」とは昨今、グローバル化や少子高齢化が進むことで、
どの業界も有効求人倍率が上がり、人材の獲得競争が熾烈(しれつ)を極めています。
このような採用市場においては、能動的な採用手法であるダイレクトリクルーティングを通じて
「採用力」を上げることが必須となってきています。
さらに、優秀な社員の早期離職を防ぐカギも「採用力」にあります。
「満足のいく仕事内容でなかった」「労働条件がよくなかった」という理由での退職は、
「自社にマッチする人材を確実に採用できる力」=「採用力」を上げることで防げるからです。
そこで本セミナーでは、市場と自社を理解し経営層を巻き込むことで可能になる、
優秀な人材を獲得・定着させるための4つのポイントをお伝えします。

「優秀な人材を採用したい」「社員の早期離職が不安」とお考えの方には特に役立つプログラムとなっていますので、
この機会にぜひ奮ってご参加ください。
—————————————————————————————————————-

【このような方におすすめ】

・採用に課題を感じている方
・「採用力」に興味がある方
・社員の早期離職にお悩みの方
・他社の成功事例を知りたい方

【セミナー内容】

・日本の採用市場の動向
・「採用学」にみる、良い企業・成長する企業の採用の特徴
・人材を獲得し、早期離職を防ぐ「採用力」を上げる4つのポイント
・採用成功企業の事例紹介

※お申し込みは先着順となります。定員となり次第、お申し込みを締め切らせていただきます。
※同業の企業や個人事業主、学生、その他弊社が不適切と判断した場合は参加をお断りする場合がございます。
※お申し込み人数により会場が変更となる場合があります。

製造業における外国人材の安心安全活用の留意点について
~技術・技能人材確保に悩まれている皆様へ~

【製造業における外国人材の安心安全活用の留意点セミナー】

 近年、日本国内の労働人口は、少子高齢化の影響で減少しており、多様な業種や職種分野にて深刻な人手不足の対応が喫緊の課題となっております。

人材不足の対応として、既に多くの企業で外国人材の活用が急速に拡大しており、特に製造業においては、専門的・技術的分野の人材を『ものづくり』の現場で受け入れ、労働力の確保や生産性向上を実践されております。

 本セミナーでは、『外国人材の活用の動向』や『製造業における外国人材の安心安全活用の留意点』について、外国人の活用方法や具体的な事例、また当社サービスのご紹介を交えて、お話いたします。

———————————————————————————————

≪セミナーのポイント≫

  [特別講演]外国人材の活用、活用ポイントセミナー

    ○外国人材の活用に関する我が国の方針と昨今の動向

    ○外国人からみた日本(魅力・不安)

    ○外国人採用~定着のポイント(失敗事例・成功事例) など

  [サービス紹介]製造業界向け外国人材サービスのご紹介

    ○製造業における外国人材の活用状況

    ○外国人材エンジニアサービスの概要(入国~就業~フォロー) など

———————————————————————————————

※プログラムは一部変更となる場合がございます。予めご了承ください。

———————————————————————————————

[セミナーご参加者様のコメント]

 ○外国人材の活用に関する日本の方針や動向を知ることができた。

 ○採用後の外国人を、どうすれば定着できるか具体的な事例から学ぶことができた。

 ○外国人から見た日本文化や習慣、日本人の価値観を知ることができた。

 ○ベトナム人エンジニア派遣サービスの特徴やメリットを知り活用するイメージを持つことができた。

 ○外国人材が日本で働く目的や不安な面を知ることができた。

———————————————————————————————

【10月23日@大阪開催】カスタマージャーニーセミナー
~戦略的採用活動の設計ワークショップ~

本セミナーは開催中止になりました

優秀な人材の獲得競争が日々激しくなっている昨今、
ダイレクトリクルーティングを筆頭にさまざまな採用手法が登場していますが、
なんとなく試すだけでは成功には至りません。
自社が獲得したい人材を明確にして、選考ステージや採用ターゲットの心情の変化に合ったタイミングや、
チャネルで、適切なメッセージを届ける戦略的なアプローチが必須となります。

そこで本セミナーでは、自社の採用ターゲットへの理解を深め、
ピンポイントな戦略を練るためのヒントを得る機会をご用意します。

第一部では、転職市場の動向と戦略的採用活動の重要性をテーマに講演。
市場の変化にいち早く対応し、自社に必要な人材を獲得していくためにどう戦略を練る必要があるのかをお伝えします。
そして第二部では、採用活動の戦略を練るうえで必須となる、
各選考ステージにおける採用ターゲットの心情・行動、彼らが必要としている情報を知るためのワークショップを実施。
マーケティング領域において活用されているカスタマージャーニーマップの概念を活用して、
自社の採用ターゲットにどのようなアプローチをするべきかを考えていただきます。

「いろいろな手法を試しているけれど効果が感じられない……」とお悩みの方には
特に役立つプログラムとなっておりますので、この機会にぜひ奮ってご参加ください。

【このような方におすすめ】

いろいろな採用手法を試しているけれど、効果が感じられない方

※お申し込みは先着順となります。定員となり次第、お申し込みを締め切らせていただきます。
※同業の企業や個人事業主、学生、その他弊社が不適切と判断した場合は参加をお断りする場合がございます。
※お申し込み人数により会場が変更となる場合があります。

【10月21日@名古屋開催】《ビズリーチ×識学共催セミナー》
~組織を成長させる「攻めの採用」と「評価制度8つの原理原則」~

人材の獲得競争が熾烈を極める中で、受け身でも採用できた時代は終わり、能動
的な採用手法「ダイレクトリクルーティング」を中心とした採用活動にシフトする企業が増えています。

一方で、優秀な人材を採用できたとしても、評価制度が曖昧であったり不十分であれば、
組織の目指すゴールに向けて社員が一体となることは難しいかもしれません。

そこで今回は、ダイレクトリクルーティングを提唱した株式会社ビズリーチと、
学問をベースとした組織マネジメントで定評がある株式会社識学が、
「会社を強くするための人材採用と評価制度構築のポイント」についてお話しします。

識学は、人の意識構造に着目した独自の理論をベースにした、
組織マネジメント理論「識学(しきがく)」を使ったコンサルティングサービスを企業経営者や経営幹部へ提供し、
クライアント企業の組織改革、生産性向上の支援を行っています。
2019年2月22日には創業からわずか4年で東証マザーズ上場を果たすなど圧倒的なスピードで事業成長をしている今注目の企業です。

本セミナーは、第一部でビズリーチが「待つ採用から攻める採用へ」というテーマで、経営戦略と密接に関わる人材採用のポイントをお伝えします。
第二部は、株式会社識学 主席研究員の冨樫篤史氏に「社員・組織を成長させる!『評価制度』構築のポイント」 というテーマで、
社員が一体となって組織が目指す方向へ進むために必要な「評価制度の8つの原理原則」についてお伝えいただきます。
こちらは、「評価制度が確立できていない」「既存の評価制度に課題を感じている」といった課題をお持ちの企業様必見の内容です。

旧態依然とした採用手法や直感や主観に依存する評価制度から抜け出すヒントをお探しの方には特に役立つプログラムとなっていますので、
この機会にぜひ奮ってご参加ください。

※お申し込みは先着順となります。定員となり次第、お申し込みを締め切らせていただきます。
※同業の企業や個人事業主、学生、その他弊社が不適切と判断した場合は参加をお断りする場合がございます。

【10月18日@福岡開催】カスタマージャーニーセミナー
~戦略的採用活動の設計ワークショップ~

優秀な人材の獲得競争が日々激しくなっている昨今、
ダイレクトリクルーティングを筆頭にさまざまな採用手法が登場していますが、
なんとなく試すだけでは成功には至りません。
自社が獲得したい人材を明確にして、選考ステージや採用ターゲットの心情の変化に合ったタイミングや、
チャネルで、適切なメッセージを届ける戦略的なアプローチが必須となります。

そこで本セミナーでは、自社の採用ターゲットへの理解を深め、
ピンポイントな戦略を練るためのヒントを得る機会をご用意します。

第一部では、転職市場の動向と戦略的採用活動の重要性をテーマに講演。
市場の変化にいち早く対応し、自社に必要な人材を獲得していくためにどう戦略を練る必要があるのかをお伝えします。
そして第二部では、採用活動の戦略を練るうえで必須となる、
各選考ステージにおける採用ターゲットの心情・行動、彼らが必要としている情報を知るためのワークショップを実施。
マーケティング領域において活用されているカスタマージャーニーマップの概念を活用して、
自社の採用ターゲットにどのようなアプローチをするべきかを考えていただきます。

「いろいろな手法を試しているけれど効果が感じられない……」とお悩みの方には
特に役立つプログラムとなっておりますので、この機会にぜひ奮ってご参加ください。

【このような方におすすめ】

いろいろな採用手法を試しているけれど、効果が感じられない方

※お申し込みは先着順となります。定員となり次第、お申し込みを締め切らせていただきます。
※同業の企業や個人事業主、学生、その他弊社が不適切と判断した場合は参加をお断りする場合がございます。
※お申し込み人数により会場が変更となる場合があります。

<<大阪開催>>経理部門の内部統制強化セミナー
~海外子会社/関連会社の不正防止に向けた牽制~

最近の不正会計事例を取り上げ、原因を考察し潜在的な不正リスク防止や早期発見のための内部統制についてご紹介します。
また、海外会社の仕訳を翻訳/会計システムに取り込みし、仕訳チェックによる牽制と財務状況の把握事例及び経理部門に新しい技術を取り入れた業務効率をご紹介します、

日本と世界、そして マーケット。2020年を先取りする。

弊研究所は2007年4月に現・代表取締役CEOである原田武夫が設立登記した株式会社であり、マーケットとそれを取り巻く国内外情勢を定量的手法と定性的手法を組み合わせた独自の手法によって分析し、未来シナリオを毎年2回提示して来ております。
トランプ米政権が成立して以降、グローバルな経営環境はますます激動の時期を迎えつつありますが、国内においても少子高齢化など様々な困難が顕著となってきております。こうした中で「近未来の経営環境はどうなるのか」「それはどの様に考えるべきものなのか」について中小事業経営者である皆様の関心は高まる一方でございます。
こうした中小企業経営者の皆様に対して、ますます激動となることは必至の2020年にあり得べき展開可能性を端的にご説明し、同時に弊研究所のブランディングとサーヴィス紹介を行うのが本件無料講演会の目的でございます(なお弊研究所の会員は630名(8月末現在)でございます)。
講師は元キャリア外交官であり、同時に自らグローバル・プレイヤーとして各種国際会議に登壇し、かつ国際商業会議所(ICC)G20 CEO Advisory Groupメンバーである原田武夫が務めさせて頂きます。

驚異の翻訳精度95%!! AI自動翻訳エンジン『T-400』 ~無料体験&説明会~

御社では、こんな翻訳業務でお困りではないでしょうか?

・「契約書」「取扱説明書」
  英語や、多言語でのやり取りが増え、読解に時間がかかる。

・「プレゼン資料」「カタログ」
  担当者が翻訳しているが、時間がかかってしょうがない。

・「論文」「特許明細書」
  外注に出しても高額な料金を請求される。

近年の『自動翻訳』の進化により、Google翻訳などのアプリが生まれて大変便利になりました。

しかし、ビジネスの現場で翻訳が必要な契約書・説明書・プレゼンといった重要文書は
難解な単語・フレーズが多く、ミスも許されないため、多くの企業は翻訳会社へ依頼しています。

この『難解かつ重要なビジネス文書』を高い精度で自動翻訳できたら
どれほどの時間短縮・コスト削減になることか…
仕事において外国語文書を扱う多くの方はそう感じているのではないでしょうか。

今、自動翻訳は『AI』を備えることで大きく飛躍しました。

◆翻訳精度:プロに匹敵する95%
◆対応言語:90ヵ国語以上
◆専門分野:医薬・法務・金融など、2,000分野から指定可能
◆学習機能:社内用語を学習し次回の翻訳結果に反映
◆対応書式:Word・Excel・PPT・PDFをそのまま読み込み

これらの革新的な機能を実装したのが、2004年より自動翻訳の開発を続けるロゼッタ社の
『T-400(Translation for Onsha Only)』です。
 
『T-400』は、すでに3,000社を超える企業のビジネス文書翻訳の現場を変えてきました。

本説明会では、『T-400』がビジネス文書に対して
どれ程の精度・スピードで翻訳をするのか、実演を交えてご紹介します。

外注に出した場合と比較しても、約20分の1までコスト削減が可能です。

参加特典もございますので、外国語のビジネス文書を取り扱う企業様は
この機会に是非ご参加ください。

<業界実績>
製薬業界をはじめ、外資系ライフサイエンス、バイオベンチャー、医療機器、検査機器商社、国立研究所、大学研究室、
各種病院・クリニック、化学、石油、食品、飲料、法律事務所、特許事務所、金融、IT、半導体、産業機械、
電気機器など、様々な分野で延べ3000社にご活用いただいております。

驚異の翻訳精度95%!! AI自動翻訳エンジン『T-400』 ~無料体験&説明会~

御社では、こんな翻訳業務でお困りではないでしょうか?

・「契約書」「取扱説明書」
  英語や、多言語でのやり取りが増え、読解に時間がかかる。

・「プレゼン資料」「カタログ」
  担当者が翻訳しているが、時間がかかってしょうがない。

・「論文」「特許明細書」
  外注に出しても高額な料金を請求される。

近年の『自動翻訳』の進化により、Google翻訳などのアプリが生まれて大変便利になりました。

しかし、ビジネスの現場で翻訳が必要な契約書・説明書・プレゼンといった重要文書は
難解な単語・フレーズが多く、ミスも許されないため、多くの企業は翻訳会社へ依頼しています。

この『難解かつ重要なビジネス文書』を高い精度で自動翻訳できたら
どれほどの時間短縮・コスト削減になることか…
仕事において外国語文書を扱う多くの方はそう感じているのではないでしょうか。

今、自動翻訳は『AI』を備えることで大きく飛躍しました。

◆翻訳精度:プロに匹敵する95%
◆対応言語:90ヵ国語以上
◆専門分野:医薬・法務・金融など、2,000分野から指定可能
◆学習機能:社内用語を学習し次回の翻訳結果に反映
◆対応書式:Word・Excel・PPT・PDFをそのまま読み込み

これらの革新的な機能を実装したのが、2004年より自動翻訳の開発を続けるロゼッタ社の
『T-400(Translation for Onsha Only)』です。
 
『T-400』は、すでに3,000社を超える企業のビジネス文書翻訳の現場を変えてきました。

本説明会では、『T-400』がビジネス文書に対して
どれ程の精度・スピードで翻訳をするのか、実演を交えてご紹介します。

外注に出した場合と比較しても、約20分の1までコスト削減が可能です。

参加特典もございますので、外国語のビジネス文書を取り扱う企業様は
この機会に是非ご参加ください。

<業界実績>
製薬業界をはじめ、外資系ライフサイエンス、バイオベンチャー、医療機器、検査機器商社、国立研究所、大学研究室、
各種病院・クリニック、化学、石油、食品、飲料、法律事務所、特許事務所、金融、IT、半導体、産業機械、
電気機器など、様々な分野で延べ3000社にご活用いただいております。

人事評価制度を活用した経営戦略実践法

本セミナーは開催中止になりました

新たな「人事評価・賃金制度」を導入しようとする中小企業の悩み
「わが社には明確な人事評価制度や賃金システムがない」という社員の不満を解消するために、人事評価・賃金システムの導入を検討している中小企業の経営者はたくさんおられます。しかし、苦労して制度を導入しても、業績が上がらず、社員のモチベーションアップにもつながらない。こんな事例があちらこちらで見受けられます。これでは、せっかく時間と費用をかけて作っても、まったく意味がありません。

業績アップに直結する人事評価・賃金制度でないと意味がない!
人事評価・賃金制度を業績に直結させるためには、脱デフレ時代の「勝てる場」を明確にした経営戦略を創造し、その内容を人事評価制度に反映させることが必要不可欠です。
ところで、人事評価表は、次のような会社の根幹にかかわる極めて重要な経営課題を実現するための経営ツールです。
◆経営理念、経営戦略の浸透・実行                        
◆業績目標の達成
◆社員の賃金・昇進・昇格決定                       
◆個々の社員の教育テーマの明確化
このように、人事評価表は会社経営のバックボーンになる重要なツールです。人事評価表が社員に理解され浸透すれば、これを通して会社の経営戦略を早期に徹底させ、業績を向上させることができます。

多くの業績改善事例をご紹介
本セミナーでは、以下の業績改善事例を紹介し、具体的で分かり易い説明をします。
●日用雑貨業で、大手通販業者、コンビニ、百均ショップとの競合で、年々売上が減少し、銀行
 からの借入金は年商を超えるまでになった会社(社員90名)が、黒字にⅤ字回復できた
●店舗解体および産業廃棄物の中間処理会社(社員28名)で、徹底分別とリサイクル処理の仕
 組みを創り、それを人事評価制度に反映した結果、年商が3倍、営業利益が2億円増加した
●債務超過で長年赤字経営の野外用品卸売会社(社員22名)が、顧客店舗のPOP作成、売れ
 る売場づくり提案を強化し、それを人事評価制度に反映した結果、1年後V字回復できた

【セミナー内容】
Ⅰ.人事評価制度を活用し業績を上げる!

◆明確な人事評価制度がなければ 社員が納得しない時代
◆人事評価制度は経営のバックボーン

Ⅱ.経営戦略を人事評価・賃金制度へ反映させる
◆「勝てる場」の創造
◆社員参加型プロジェクトで仕事の理解度と社員のモチベーションを高める
◆「勝てる場の創造」と人事評価制度への反映

Ⅲ.人事評価を賃金に反映させ社員のモチベーションを高める!
◆総額人件費コントロールができる給与・賞与の決定法
◆職種別人事評価制度で経営戦略を浸透させる

Ⅳ.人事評価制度の目的は経営者や社員が幸福になること!
◆幸福にならなければ働いている意味がない!
◆会社を幸福にする経営を実現する!

”事業”成長を求めるからこそ押さえるべき「”強い組織”と”組織変革リーダー”」の作り方

事業成長する企業に必ず訪れるのが組織・人の課題。
思わぬメンバーの”痛い離職・退職”、なかなか”定着しない人材”、増える”フリーライダー的言動”…など
人が集まり組織が拡大すればするほど、組織デザインをハード・ソフト両面において
設計し組織力を高める必要があります。

■このような方におすすめ
・この先ももっともっと事業を成長させていきたい
・そのために組織と人の成長が欠かせない
・既に社員の”離職・退職”や”主体性の喪失”など組織の歪みが生まれ始めている
・次の事業成長に向けて任せられる事業開発リーダーが育たない
・人づくり・組織づくりを任せられるCxO(≒CHRO)がいない

■セミナー内容
本セミナーでは講義、ディスカッションを通じて”強い組織”と”組織変革リーダー”の
施策ヒントと具現化イメージを持って頂きます。

・事業の成長ステージ別の典型的組織課題の症例(30人の壁、100人の壁、300人の壁)
・昨今の組織論トレンド
・組織エンゲージメントを高めるステップ
・インパクトある組織活性化施策のリアルケース
・組織変革リーダーの育て方

併せて、働きがいのある会社ランキング5年連続選出、モチベーションカンパニーアワードで全国2位と
自社そのものが”成長ベンチャー”として強い組織と組織変革リーダーづくりを実践してきましたので
「リブ・コンサルティングが実践してきた組織変革ストーリー」もご紹介させて頂きます。