未来の働き方を大予測

中国の天下は続かない(下)日本人が抱く幻想、「超高給」は例外的 雇用ジャーナリスト 海老原 嗣生

記事保存

日経BizGate会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。

 昨夏の中国取材のおり、現地の転職エージェントにも話を聞いた。真っ先に質問したのは、アメリカでAIを研究した新卒学生を年収80万元(約1300万円)の初任給で採用した話についてだ。実は、そのエージェントでもこうしたハイスペック学生を企業へ紹介しているという。実際、80万元で決まったケースもあるという。「ただし」と彼は付け加えた。

「超高給で人材獲得競争」の実態は?

 これほどの大金で募集する学生とは、米国でもその分野のトップ大学、たとえばカーネギーメロンやスタンフォードを卒業していて、在籍していた研究室もずばり人工知能系でないとだめだという。そこまでそろう学生は、「いかに中国人の米国留学生が多いとはいえ、年間10人もいないはず」とそのエージェントは笑っていた。

 日本でも、希少価値が高い理系、とりわけ機械・電気系の学生は新卒でもエージェントが相手をするケースがある。「中国も同様なのか?」と聞くと、答えはYesだった。ここでも彼は「ただし」と付け加える。彼らの初任月給はなべて1万元(16万円)だという。中国は日本に比べてボーナス割合が低いので、この月給だと年収は200万円強にとどまるはずだ。日本の大手メーカーの初任給の半分くらいではないか。

 そう、「中国企業が超高給で理系学生を集めている」という話も、事実を確かめるとこの程度に落ち着く。

「人材だだ洩れ」経営

 新卒就職の話はこれくらいにして、転職はどうなのか。

 中国では非常に転職が盛んだ。そして、大幅に昇給できるという。向こうで取材をすればすぐに、転職で年収が倍増という話を聞く。ただ、これは少々眉唾ものだ。彼らは、前職の入社時と今回の転職時の給与を比較しているのだ。経済成長が続く中国の場合、毎年、基本給の改定(ベア)が1割程度ある。とすると、3年在籍すれば複利で4割近くベアがある。それを差し引けば、転職による昇給はそれほど大きくない。

 なのになぜ、昇給を求めて多くの人が会社を変えるのか? そこには人事管理の未熟さがうかがえる。

 中国の場合、給与はポストで決まる。つまり、ポジションアップしないとベア以外に大幅な昇給はない。結果、社内でポストが空いていないと、社外で探すのが当たり前になってしまう。

 一方、日本だとポジションが変わらず同じ「ヒラ」でも、能力アップで職能等級が上がる。この昇「級」により、2割以上の給与アップも普通だ。これは、空席があるかないかなど関係ない。だから辞める必要がない。

閲覧履歴

    クリッピングした記事

    会員登録後、気になる記事をクリッピングできます。