写真特集

【写真特集】競争率56倍、写実絵画の底知れぬ人気

記事保存

日経BizGate会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。

 競争率56倍――。「写実絵画」の山本大貴(36)作品に付けられた数字だ。昨年末に日本橋三越本店で開いた「山本大貴 油彩画展」での新作13点は、どれもが希望者多数のため会場内での抽選販売となった。デジタル技術を超えて、よりリアルに現実を描く写実絵画のブームが美術界で続いている。中でも山本は、今最も作品を入手しにくい画家の1人といわれる。にも関わらず熱心なコレクターが増え続ける理由は、鑑賞か投資か、あるいはその両方か。現在、東京都中央区の「コレド室町3」にある「ちばぎんひまわりギャラリー」で特別展を開催中だ(20日まで)。


【次ページでは、さらに山本大貴氏の作品を紹介します】

閲覧履歴

    クリッピングした記事

    会員登録後、気になる記事をクリッピングできます。