ユニバーサル・スタジオ・ジャパンの挑戦

USJ、クリスマス・ショー「天使のくれた奇跡」を終える理由 USJマーケティング・ディレクター 兼 個人投資家 秋山 哲

記事保存

日経BizGate会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。

 このように差別化された価値を創造するためには、市場をニーズ別で捉えてターゲット層を決めます。さらに、ニーズ別で捉えて競合他社を特定し、消費者も気づいていない心の奥底にある問題を解決することが重要になるのです。

「大切な人との絆が深まる場所」提供、市場規模を3割拡大

 私たちは、差別化された価値「大切な人への愛がより深まったときの感動」を提供するために、それまで訴求していた「世界一の光のツリー」に加えて、それまで前面に押し出していなかった「世界最高峰のライブ・エンターテイメント・ショー」も訴求することを決めました。

 このショーは、世界テーマパーク業界の”アカデミーショー賞”である「THEA賞」を受賞。約65メートルに渡る壮大なプロジェクション・マッピングを背景に55人のエンターテイナーのダンスと歌声、本当に夜空を舞う天使、無数の花火とパイロ、音楽や他の特殊効果を用いた「奇跡としての愛」をテーマにしたショーです。この「世界最高峰のショー」と「世界一の光のツリー」の2つが完全に融合した強烈な感動空間を前面に、「大切な人との絆が深まる場所」としてポジションングしました。

 結果、私たちの日帰り圏におけるクリスマス・レジャーの市場規模は3割拡大しました。私たちの市場シェアも大幅に拡大し、集客・売上は倍増したのです。クリスマス・レジャーに参加していた「感動シーカー」に加えて、クリスマスには興味がありながらも参加していなかった「感動シーカー」の両方に、「差別化された価値」を伝達できた結果によるものでした。

閲覧履歴

    クリッピングした記事

    会員登録後、気になる記事をクリッピングできます。