官民連携と地域連携で実現する地方創生

【基調講演】地方創生とサステナブル社会の創造

記事保存

日経BizGate会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。

清水建設 常務執行役員 LCV事業本部長 那須原 和良 氏 「LCVで持続的価値向上」

 清水建設の重点事業「ライフサイクルバリュエーション(LCV)」は、5つの視点から、まちの持続的な価値向上と満足度向上の実現を支援している。(1)投資を最適化する集約戦略(2)収益を最大化する公民連携(3)長寿命化・省力化を図るスマート保全(4)社会的価値を最大化するS D G s(持続可能な開発目標)(5)満足度を最大化するワークライフクオリティー――だ。

 集約戦略では、自治体の公共施設等総合管理計画実施のためのシミュレーターを開発し提供。長期財政予算に合わせた施設や道路の再編案をライフサイクルで評価でき、投資効率の高いアセットマネジメントを可能にしている。

 公民連携では、PPP・PFI事業に注力している。東京都の大規模病院で培った医療周辺業務の統括マネジメント、顧客満足度の高い運営事業の経験を生かし、病院や公共施設の運営事業を推進している。

 スマート保全では、ビッグデータと解析技術を使い、道路の路面状況を計測するインフラモニタリングを実証実験中だ。

 SDGsでは、再生可能エネルギー発電、水素などの新エネの利活用、電力小売り、防災まちづくりによる脱炭素バリューチェーンを構築し、地域と連携を図っている。このほど産業技術総合研究所と共同で「清水建設―産総研 ゼロエミッション・水素タウン連携研究室」を設立した。

 ワークライフクオリティーでは、みんながくらしやすく、移動しやすいまちづくりや営農型発電、快適で健康に過ごせる環境・空間・コミュニティーの構築に取り組んでいる。

 こうしたLCVによるまちの持続的な価値向上実現のためには、新事業・新サービスの創出と人の負担や不安を解消することが不可欠だ。

閲覧履歴

    クリッピングした記事

    会員登録後、気になる記事をクリッピングできます。