未来の働き方を大予測

なぜ新卒一括採用がなくならないのか? 外資も真似する理由 雇用ジャーナリスト 海老原 嗣生

記事保存

日経BizGate会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。

日本型とは無限定雇用と人事権が複雑に結びついた、なかなか壊せない仕組み

 誰が抜けても、新卒一人で補充できる魔法の人材管理術が、日本型雇用の妙味といえる。だとすると、なぜ、外資系企業はこれを使わないのか?

 実は、外資系企業も日本に来ると、新卒採用にはまる。本国では超スーパーエリートを少数と、あとはエンジニア、そして、社会人があまりやりたがらないブラック的職務についてのみ、若年未経験採用を行っている。なのに日本だと、普通に未経験者を新卒採用する。

 その理由を説明しておこう。

 それは、限定採用と無限定採用の違いなのだ。

 欧米型の雇用は、ポストを決めて採用する。企業は、採用ポスト以外に強権的に動かすことができない。異動には必ず事前同意が必要となるし、昇進に関してさえそうなのだ。

 だから、ヨコ・ヨコ・タテ・ヨコなど簡単にはできない。

 対して日本は、職務など決めずに、「会社に入る」という契約をする。だから、どこにでも異動がさせられる。

 そう、日本型はこの無限定雇用を利用して、空席を末端に寄せる仕組みなのだ。

 その結果、企業は容易に空席補充が実現できる。一方、末端に大量に空席ができるので、若者は何の訓練も受けずに、容易に大量に入職ができる。そしていったん入社すると、ヨコヨコという不本意な異動はあるが、その結果、順番待ちでタテという昇進のチャンスも豊富に用意される。だから、モチベーションが上がる。そして目先が多々変わるため、飽きずに長く働ける。こんなことが日本型の総体なのだ。

 世界でも稀な日本企業の「新卒一括採用」はこれまた世界でも稀な「無限定雇用」そしてそれに発する「企業の人事権」が三位一体となってできている、魔法の人員補充策だ。だからどんなに批判があれど、企業はこの仕組みを簡単には捨てない。そして、無限定雇用が許される日本社会では、外資系企業もベンチャーも、みな、この仕組みを重用してしまうのだ。

 昨今、中西経団連会長が脱日本型を標榜する発言をしているが、本当に日本企業は「人事権」と「魔法の補充策」を捨てられるのか? こうしたホリスティックなシステムを壊すのは相当難しい。

海老原 嗣生(えびはら・つぐお)
1964年、東京生まれ。大手メーカーを経て、リクルートエイブリック(現リクルートエージェント)入社。新規事業の企画・推進、人事制度設計等に携わる。 その後、リクルートワークス研究所にて雑誌Works編集長。2008年にHRコンサルティング会社ニッチモを立ち上げる。雇用・キャリア・人事関連の書籍を30冊以上上梓し、「雇用のカリスマ」と呼ばれている。近著は『「AIで仕事がなくなる論」のウソ』(イースト・プレス)。

キーワード:経営、企画、人事、経理、営業、技術、製造、学生、経営層、管理職、プレーヤー、働き方改革、マーケティング、人材、研修、就職、就活、就活ルール

閲覧履歴

    クリッピングした記事

    会員登録後、気になる記事をクリッピングできます。