日経SDGsフェス

人々つなぎ、豊かに スポーツがアシスト(1) スポーツの力が創る、持続可能な社会 来賓挨拶・基調講演

記事保存

日経BizGate会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。

 SDGs(持続可能な開発目標)の達成に向けてスポーツ界が動き出している。スポーツは人々にとって身近な存在なだけに、社会に貢献できる可能性は大きい。5月13日に開催された「スポーツとSDGs」をテーマにしたシンポジウムでは、バスケットボールのBリーグ、ラグビーのリーグワンが持続可能な社会のために取り組む事例を紹介。人々がつながり、豊かで持続可能な社会を築くためにスポーツができることなどについて、関係者や有識者らが意見を交わした。

日本経済新聞社と日経BPは2022年5月9日~14日、SDGsをテーマにすべての人々や企業とともにSDGsの実現を議論する世界規模イベント「日経SDGsフェス」を開催いたしました。

※2022年5月13日のプログラム「日経SDGsフェス 日経SDGsフォーラム特別シンポジウム『スポーツの力が創る、持続可能な社会』」から、来賓挨拶と基調講演をダイジェスト版でご紹介します。

 挨 拶 SDGs貢献で高まる価値

 スポーツ庁 長官 室伏 広治 氏

 東京2020大会は関係機関が連携し、無事に閉幕した。大会ではジェンダーバランスへの配慮、カーボンマイナス大会の実現、資源循環の推進など、SDGsへの取り組みが数多く行われた。スポーツ庁が3月に発表した第3期スポーツ基本計画においてもその運営ノウハウを継承していくこと等を明記している。

 SDGsについては政府全体で取り組んでいるが、スポーツ庁はスポーツを通じた国際交流・貢献とその国内への還元、女性アスリートの育成支援、障害者スポーツの推進、生活習慣の中で気軽にスポーツを楽しめる社会の構築など、さまざまな目的のプロジェクトを実施している。SDGsがめざす強じんな経済の好循環に向けて積極的に関わり、スポーツそのものの価値も高めていきたいと考えている。

 

◇     ◇     ◇

 基調講演 社会の包摂性 育む役割

 慶應義塾大学大学院 政策・メディア研究科 教授 蟹江 憲史 氏

 SDGsは2030年を目標に「我々の世界を変革する」こと、誰一人取り残されない世界をつくることをめざす。スポーツにおいてはその寛容性と尊厳を促進し、健康、教育、社会的包摂などへの貢献が期待される。女性、若者、個人、コミュニティーの能力強化への寄与も役割とされる。

 スポーツによるSDGsは大きく次の3点に分類される。1つ目はスポーツをすることで達成できるSDGs。健康の維持向上、睡眠・食事への配慮、教育的効果などだ。これは医療、学生スポーツのあり方などにもつながる。今後は企業にとってのスポーツの非財務的価値とその効果を詳細に検討する必要がある。

 2つ目はスポーツを通じて達成できるSDGs。エリート選手が一般の人たちを巻き込み、SDGsを普及啓発する活動が考えられる。サステナブルなスポーツ施設をSDGsの学びの場とし、スポーツ施設を中心とした街づくりという発想も出てくる。

 3つ目はスポーツのためのSDGs。スポーツそのものを持続可能にするためにできることを考える。水泳には水質が影響し、地球温暖化はウインタースポーツの継続を左右する。これらの改善はSDGsと合致する。SDGsはオリンピック、パラリンピックとも強い関係があり、昨年の東京2020大会でも関係した取り組みが数多くあった。

 SDGsをめざし、スポーツの課題を解決するには、価値観を変え、社会を変革する必要がある。進捗の度合いを測り、レビューするのも重要だ。

 

◇     ◇     ◇

 基調講演 支援・協賛から協働・共創へ

 スペシャルオリンピックス日本 理事長 有森 裕子 氏

 スペシャルオリンピックスは知的障害のある人たちに年間を通じてスポーツプログラムと競技会を提供しさまざまな事業を通じて彼らの社会参加を応援している国際的なスポーツ組織である。「~ス」と複数形になっているのが重要で、これは単独の競技会の名ではなく、組織として知的障害のある人たちのためのスポーツプログラムを日常的、継続的に行っていることを表している。

 2020~25年までのビジョンとして「Be with all」を掲げて活動している。コロナ禍になって特に大切だと感じているのがユニファイドの考え方だ。これは知的障害のある人とそうでない人が共に教育、健康、コミュニティー形成などを考え、支え合う活動をするものだ。

 この活動には企業などの支援が大きな役割を果たしている。コロナ禍でリアルの場が失われる中、支援継続のためにどうしたらよいか試行錯誤した。その結果がトヨタやJALによるアスリートとのオンラインミーティング、(24時間ジムの)エニタイムフィットネスによるオンラインエクササイズなどだ。これらは多くの気づきをもたらした。これまで健常者が普通に参加していたスポーツ活動や大会は知的障害者を意識していなかったと考えさせられた。オンラインマラソンでもそれを痛感した。

 スポーツは楽しく、感動できることが基本。しかしこれからは、より社会や人間と深く関わることが存在意義として重要になる。スポーツと企業の関係が支援から協働へ、協賛から共創へと発展していけば、持続可能な共生社会へつながると思い、それを願っている。

“世界の知”に学び、SDGsに対する理解を深める
2022年5月開催「日経SDGsフェス」の動画を無料公開

日本経済新聞社の「日経チャンネル」では、ノーベル経済学賞を受賞したロバート・シラー教授、日本女性初の国連事務次長である中満泉氏をはじめ、同イベントにご登壇くださった国内外の有識者らによる講演やシンポジウムを動画として無料公開しております。この機会に、ぜひ、ご視聴ください。ご視聴はこちらから

本シンポジウムの講演内容はこちらからご視聴いただけます。

閲覧履歴

    クリッピングした記事

    会員登録後、気になる記事をクリッピングできます。