日経SDGsフェス

脱炭素、次世代技術で実現 水素の活用 官民一丸で(1) 日経 社会イノベーションフォーラム水素シンポジウム 来賓挨拶・基調講演

記事保存

日経BizGate会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。

 2050年カーボンニュートラルの実現に向け再生可能エネルギーの活用が広がる中、使用時に二酸化炭素(CO2)を排出しない水素が次世代エネルギーとして注目されている。水素エネルギーの実用化には製造や輸送、保管などの課題を新技術で解決していく必要がある。5月11日に東京・丸の内で開催した「日経社会イノベーションフォーラム」(主催=日本経済新聞社、日経BP)では自治体の水素エネルギーの導入事例や企業の技術動向を紹介。パネルディスカッションでは官民一体で普及を進める重要性の認識で一致した。

日本経済新聞社と日経BPは2022年5月9日~14日、SDGsをテーマにすべての人々や企業とともにSDGsの実現を議論する世界規模イベント「日経SDGsフェス」を開催いたしました。

※2022年5月11日のプログラム「日経SDGsフェス 日経 社会イノベーションフォーラム水素シンポジウム『水素が切り拓く、脱炭素社会 〜他業種連携で生み出すエコシステム〜』」から、来賓挨拶と基調講演をダイジェスト版でご紹介します。

 ご挨拶 商用化へ大胆な政策実行

 経済産業省 資源エネルギー庁 省エネルギー・新エネルギー部長

 茂木 正 氏

 政府は2030年の電源ミックスにおいて水素とアンモニアで1%の目標を設定した。日本は水素技術の実証で世界のトップを走るが、今後は商用化が重要になる。そこで①水電解装置②国際水素サプライチェーン③発電への活用④モビリティー⑤産業利用――の5つの戦略分野を掲げ、大胆な政策の実行を検討する。ここから協力関係ができることを期待している。

 

◇     ◇     ◇

 ご挨拶 皆で水素社会の実現を

 東京都知事 小池 百合子 氏

 脱炭素とエネルギー安全保障実現のため、使用エネルギーを「H(減らす)」・クリーンなエネルギーを「T(創る)」・「T(蓄める)」のうち、「T」に寄与する水素の社会実装化を推進している。水素の需要を拡大し「グリーン水素」の基盤整備を進めるため、コスト低減やサプライチェーン構築などを促進し、日本の強みである水素産業を皆で発展させていきたい。

 

◇     ◇     ◇

 基調講演 エネルギー輸出も可能に

 東京工業大学 特命教授・名誉教授 柏木 孝夫氏

 将来のエネルギーベストミックスは1次エネルギー源だけでなく、2次エネルギー源も念頭に入れる必要があり、水素はその一つだ。水素が世界的な注目を集めるようになったのは2014年のパリ協定で、産業革命以前に比べて平均気温上昇を1.5度内に抑える目標が決まり、水素はカーボンニュートラルに不可欠であるという意識が広がってからだ。

 日本ではそれ以前から水素燃料電池の商用化で世界の最先端を走っていた。現在はグリーンイノベーション基金を水素関連に活用し、国内各地の需要に合った水素技術開発に取り組んでいる。

 水素を低価格で利用するためには国際サプライチェーン構築が非常に重要だ。オーストラリアの褐炭から水素を取り出し、船で日本へ運ぶ計画を推進中だが、これを将来世界で運航させれば、水素の価格は下がるだろう。世界では、各国がその地域性や条件に合った手法で水素に取り組んでいる。技術面では日本より遅れているが、制度や国際標準で有利に進めようという流れもある。

 また水素を製造する過程で出る二酸化炭素(CO2)排出量で水素のクリーンの度合いを定義する議論も続いている。

 こうした中で日本はクリーンな水素を大量に供給できるようになれば、エネルギー資源の輸出国になる可能性がある。

 

閲覧履歴

    クリッピングした記事

    会員登録後、気になる記事をクリッピングできます。