日経SDGsフェス

スマート林業確立へ DXで生産性向上(1) 日経SDGsフォーラム特別シンポジウム「森林、木材の利活用で実現する脱炭素社会」 基調講演

記事保存

日経BizGate会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。

 基調講演 森林大国として木材の国産化を

 天羽 隆氏 林野庁長官

 日本はOECD加盟国中3位の森林大国である。森林蓄積は毎年約6000万立方メートル増加、現在54億立方メートルに達する。そのうち面積ベースで人工林の半分が樹齢50年を超える。これらを資源に積極活用していくべきだ。

 カーボンニュートラルの観点では、「2030年度までに温暖化ガス排出量を13年度比で46%減らす」という目標に向けて、森林の確保を強化し、木材による炭素貯蔵量の拡大を図る必要がある。森林がを吸収し、その樹木を切って木材にすれば、炭素の長期貯蔵が可能になる。また、プラスチックなど石油由来の素材や化石燃料の代替に木材を利用し、次の苗を植えて育てれば、若い森林は高齢の森林よりCO2を多く吸収するため、炭素吸収量の増加にもつながる。

 このように森林の活用を循環させ、持続性を高めながら、グリーン成長を促進したい。

 実現には、木材利用のさらなる拡大も必要だ。現状、低層住宅の8割は木造だが、使用されている木材の約半分は外国産であり、国産材に替えていく余地がある。また、中高層建物は住宅、非住宅に関わらずほとんどが鉄筋コンクリート造だが、これも木材の活用を進めたい。その後押しとして、昨年、民間建築物における木材利用の促進を目的とした、公共建築物等木材利用促進協定制度を創設した。森林のうち、林業の適地では適正な伐採と再造林を実施し、それ以外は針葉樹と広葉樹の混交林とすることで、森林吸収量の確保強化と国土の強靱(きょうじん)化を図る。

 それには新しい林業の確立も急務だ。経営の黒字化に向けて、成長スピードの速いエリートツリーの活用や、低コストでの再造林、獣害対策を推進する仕組みを官民で協力してつくり上げていかなければならない。

 国としては、森林環境譲与税を適切に山の整備に役立てること、山に人と資金を呼び込む一助として、温室効果ガスの排出量や吸収量を売買できるクレジット制度活用などの議論を進めている。

 

◇     ◇     ◇

 基調講演 植林、育林の加速が重要課題

 水谷 伸吉氏 more trees 事務局長

 脱炭素に向けた取り組みは着実に進んでいる。すでに140カ国以上の国や地域がカーボンニュートラル化を宣言し、さまざまな支援策、もしくは規制強化を実施している。こうした動きに伴い産業界でも、カーボンニュートラル化を宣言する企業が増加している。

 日本企業も例外ではない。「気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD)」や、企業による温室効果ガス削減目標「Science Base Targets(SBT)」などへの加盟企業・参加企業が増えている。ビジネスのルール変更、ゲームチェンジが進んでいるということだ。

 特に注目したいのが、炭素生産性である。国内総生産(GDP)や付加価値を生み出すに当たって排出されるCO2をいかに減らし、より効率的に商品やサービスを提供していくか。この炭素生産性を高めていくことが求められる。

 具体的には、森林木材の循環においては次の点がポイントとなる。

 一つは森づくり。近年、各地の山林で皆伐が進んでおり、その跡、再造林が進んでいないところが65%もある。今後、さまざまな民間セクターと協力しながら、植林・育林を進めていく必要がある。我々more treesも国内外で植林活動を展開しており、未植栽の場所に、多様な樹種の広葉樹をミックスして植えていく活動に力を入れている。

 こうした活動への企業の参加を促すには、植林や森林整備によるCO2削減効果を定量化、見える化することも重要だ。その一つがJ—クレジット制度だが、現状では再造林や木製品の利用は対象外となっている。これらも対象とすることで、森林由来のクレジットの普及を後押しすることができるだろう。

 もう一つのポイントは国産材の利用の促進。住宅などの規模の大きい分野だけでなく、企業のノベルティーにも利用するなどの取り組みも推奨したい。そうした積み重ねにより、木材利用について、社内外の理解を醸成していけるだろう。

“世界の知”に学び、SDGsに対する理解を深める
2022年5月開催「日経SDGsフェス」の動画を無料公開
日本経済新聞社の「日経チャンネル」では、ノーベル経済学賞を受賞したロバート・シラー教授、日本女性初の国連事務次長である中満泉氏をはじめ、同イベントにご登壇くださった国内外の有識者らによる講演やシンポジウムを動画として無料公開しております。この機会に、ぜひ、ご視聴ください。ご視聴はこちらから

本シンポジウムのアーカイブのご視聴はこちらから

関連情報

閲覧履歴

    クリッピングした記事

    会員登録後、気になる記事をクリッピングできます。