どこでもオフィスの時代

パソナJOB HUB 地方企業と複業人材つなぐ みつめる旅

記事保存

日経BizGate会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。

 オフィスに出社しないで自宅で仕事をするリモートワークが新たな働き方として定着しました。この過程でわかったのは多くの仕事が「どこでもできる」ということでした。この動きはさらに進み、オフィスから離れた地域に住んだり、一定期間リゾート地などで働くワーケーションへの関心が高まっています。働く人が自分の好きな場所で働けることは、実は企業にとっても有益なことが多いといいます。この連載では、一般社団法人みつめる旅著『どこでもオフィスの時代 人生の質が劇的に上がるワーケーション超入門』(日本経済新聞出版)をもとに、好きな場所で働くことのメリットを働く人、企業それぞれの側から解説していきます。第3回は都市部のビジネスパーソンなど複業に挑戦したい人と経営課題を抱える地方の企業・組織をつなぐ取り組みを進めるパソナJOB HUB(東京・千代田)の事例を紹介します。同社でワーケーションを企画し、自身も全国に「複業」を持つ加藤遼さんに聞きました。

 

 パソナグループ 「熱い想い」と「モヤモヤ」が出会い、エネルギーが爆発する体験を

 明らかにコロナ禍で変わった会社員の意識

 パソナグループは、総合人材サービスを手がける従業員約2万2000人(連結)の東証一部上場企業です。2020年には本社機能の一部を、兵庫県淡路島に移したことで大きな話題となりました。グループ会社であるパソナJOB HUBでは、「旅するように働く」をテーマに、2019年から地域複業型ワーケーションとして「JOB HUB LOCAL」を、2020年から地域協働型ワーケーションとして「JOB HUB WORKATION」を推し進めています。いずれも、パソナグループが持っている全国の企業とのネットワークを活かし、経営課題を抱える地域の企業と、複業に挑戦したい人をマッチングする取り組みです。

コロナ前は、20代、30代の参加者が大半を占めていました。“旅するように働く”って新しくてカッコいいよね、という感覚で『やってみたい』という層だと思います。それに対して、コロナ後は40代、50代が急に増えました。これはコロナにより通勤がなくなるなど時間的余裕ができた会社員の方が、自分の人生や働き方について真剣に考える機会を持てたことで、『複業に挑戦してみよう』と思い立った人が応募してくださったのだろうと、私たちは分析しています(加藤さん)

 立ち上げから3年間で、都市部のビジネスパーソン中心に地域の中小企業と約150件のマッチングが成立した「複業型ワーケーション」。実施する「場所」も岩手、広島、香川、愛媛などさまざま、内容も多様ですが、最終的に実現したいことは「たった一つ」と加藤さんは言います。

これまで本当に多様なイベント、コミュニティ、プロジェクトを動かしてきましたが、究極的に、やっていることは一つだと思っています。それは、想いを持った人と、モヤモヤを抱えている人が出会うことで、エネルギーが湧き出す機会をできるだけ増やすこと。私たちがパソナグループの中で、“ワーケーション”と呼ばれる枠組みでやっていることは、すべてそこに収斂します(加藤さん)

 物事を体感ベースで理解できる人材が強い

 実は、加藤さん自身が20代から旅するように働く経験を通じて学んできたことが今の取り組みの原体験としてありました。

最初のきっかけとなったのは、社会人4年目の2009年に若者の就職支援プロジェクトにアサインされたこと。リーマンショックのため新卒で就職できずにいる若者が10万人(平時は2万人)を超えていた当時、不況の中でも依然として人手不足で困っている地方の中小企業や、わが子が未就職で悩んでいる親御さんのNPO団体を訪ね歩き、話を聞きながらプロジェクトを進めていました。その際、地域の現場に足を運ぶたびに、自分は社会についてなんて無知なんだろう……と愕然としたんです(加藤さん)

 2011年、加藤さんは東日本大震災の被災地復興支援のプロジェクトにアサインされます。そこでも同じように「社会について自分は何も知らないんだ」と思い知らされることになります。

 会社の業務としては数千人を無事に就職マッチングして成果を出すことができましたが、一方で根強い無力感が残りました。「社会の問題点を解決する」という企業理念に共感して入社したのに、それが十分にできていない……。その想いが、現在携わっている「JOB HUB LOCAL」や「JOB HUB WORKATION」の取り組みに繫がります。

“旅するように働く”の最大の意味は、物事を体感ベースでしっかりと理解すること、そして地域で想いを持って働いている人たちと出会い、そこに自分自身の人生がクロスしていくことにあります。それは、私自身の強烈な原体験でもありますし、これまでパソナJOB HUBの事業を通じて地域の複業にチャレンジしてくださった数千人の皆さんの姿を見ていても実感します。
ここ数年、自律型人材の育成が急務だとビジネスの現場では盛んに言われますが、『体感ベースで理解する→想いを持つ人と出会う→自分の人生を重ねる』という一連のサイクルがまさにそうした人材の育成に繫がると思います。『場所』を変えることで生じる新鮮な体験により、これまで自覚していなかった新しい自分と出会い、やりたいことの輪郭が明確になり、エネルギーが湧いてくるんです(加藤さん)

 

 

閲覧履歴

    クリッピングした記事

    会員登録後、気になる記事をクリッピングできます。