日経SDGsフェス

難局でこそ「取り残さない」 行動と共創、加速の時(4) 日経SDGsフォーラムシンポジウム トークセッション・討論

記事保存

日経BizGate会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。

 ロシアによるウクライナ侵攻や収束が見通せない新型コロナウイルス感染症、気候変動問題など社会は多くの困難に直面している。国連が定めた持続可能な開発目標(SDGs)達成へ向け、今なすべきことは何か。日本経済新聞社と日経BPは5月10日、オンラインとリアルのハイブリッド方式で「日経SDGsフォーラムシンポジウム」を開催。産官学の識者に加え若き起業家や高校生も登壇し、難局にあっても「誰一人取り残さない」ため行動と共創の加速を訴えた。

日本経済新聞社と日経BPは2022年5月9日~14日、SDGsをテーマにすべての人々や企業とともにSDGsの実現を議論する世界規模イベント「日経SDGsフェス」を開催いたしました。

※2022年5月10日のプログラム「日経SDGsフェス 日経SDGsフォーラムシンポジウム」から、「トークセッション」と「討論」のダイジェスト版をご紹介します。

 トークセッション 家計簿基に削減アプリ

渋谷教育学園 渋谷高校2年生「かけいぼぐらし」チーム 第5回日経ソーシャルビジネスコンテスト大賞受賞

◆聞き手(左上) Zebras and Company 代表取締役 インパクト投資家 陶山 祐司 氏

 陶山氏(以下、敬称略) 昨年度の日経ソーシャルビジネスコンテストは高校生チームが受賞した。

 「かけいぼぐらし」チーム(以下、「かけいぼ」) 私たちは日本独自の文化である家計簿からヒントを得て、世界中の人々がCO2排出量を楽しく削減できるアプリ「かけいぼぐらし」を提案した。気候変動への意識を高め、一人ひとりに無理のない範囲で実際の行動を促すという目的で、ユーザー、企業、学校のそれぞれに得を提供する。究極的な目的は、CO2排出量の削減を余儀なくさせるシステムを世界規模で構築することだ。

 陶山 社会課題解決と収益化を両立し、より良い社会をつくろうとする「ゼブラ企業」を応援する世界的なムーブメントに私も携わっている。様々な人を巻き込みながら、短期的成果から長期的持続性へと発展させていく企業が増えることを願っている。

 かけいぼ 私たちの世代は、気候変動問題への意識や関心が低いと感じている。同世代に実際の行動を促すべくチームを結成し、コンテストに出場した。アドバイザリーボードの先生からは、事業の収益性やアプリで使う広告費、聞きやすいプレゼン構造についても教わり有意義だった。

 陶山 私自身もアドバイザリーボードの一人として5年間コンテストに関わってきたが、より公正公平で良い社会をつくるために様々なプレーヤーが模索している。今後もプレーヤー同士で連携し、コンテストが大きなうねりをつくる一つのハブになれればいいと思う。

 

◇     ◇     ◇

 討論 高い志、養う仕組み必要

◆ パネリスト(左から)
MIKAWAYA21 代表取締役 青木 慶哉 氏
Cultivera LLC Founder&CEO 豊永 翔平 氏
rinna Chief Business Officer 佐々木 莉英 氏
野村アセットマネジメント 責任投資調査部長 今村 敏之 氏

◆ モデレーター 慶応義塾大学大学院 政策・メディア研究科 教授 蟹江 憲史 氏(オンライン参加)

 (以下、敬称略)

 蟹江 ベンチャーや中小企業は特に社会課題実現への意識が高く、明確なミッションがあると感じる。事業とSDGsの関わりをどう捉えているか。

 青木 当社は地域密着企業の方々とフランチャイズ契約を結び、シニアの様々な要望にワンストップで応えるビジネスモデルを全国に提供している。起業時に、持続可能性を考えて社会保障費を使わない事業にしようと決めた。有償ボランティアという新しい働き方を事業に組み込み、高齢者を支える持続的な地域活動を推進している。

 豊永 農業生産危機が目前に迫る現在、当社は農業生産法人として作物運営をしながら、食料生産を安定化させる技術開発に取り組んでいる。農業生産はSDGsのほぼ全項目に当てはまるものであり、当社の事業自体がSDGsの解決と表裏一体だ。技術的イノベーションを起こすことでソーシャルインパクトを与え、ビジネスとして成り立つ流れになっているのは非常にいいことだと思う。

 佐々木 人工知能(AI)キャラクターの作成を通じて人とのつながりや新しいコミュニケーションを提案するのが当社のミッションだ。コミュニケーションがビジネスのボトルネックになりかねないが、AIキャラクターで持続可能なビジネスへの貢献ができると考えている。

 蟹江 ベンチャーに投資する上での課題は何か。

 今村 日本でも社会的課題の解決を考える志の高い経営者が増えているが、彼らは新規株式公開(IPO)後のミッションの変容を危惧している。IPO後に不特定多数の投資家が入ることでミッションが変わる企業も多い。IPOを見据える上では、上場前から機関投資家が入って長期的にサポートする「クロスオーバー投資」など、長期投資家によるサポート体制や環境を整えていくことが今後のポイントだ。

 蟹江 将来どのような形で事業を発展させ、世界をより良くしていきたいと考えているか。

 青木 人材や資金をしっかり手に入れ、社会課題の解決にチャレンジする第1ランナーの企業でありたいと思う。

 豊永 日本は食料自給率や各種資材、資源を輸入に頼っており、今後リスクが高まっていく可能性がある。少しでもその解決に寄与することが目標だ。

 佐々木 「社会貢献したい」という気持ちを当社のAIキャラクターで伴走し、共により良い社会をつくりたい。

 今村 資本市場の活性化と豊かな社会の実現のためには、志の高い企業が育つための環境整備が重要だ。金融機関が枠を超えて連携する仕組みづくりも必要だと強く感じている。

 

◇     ◇     ◇

 意欲持つ中小 まだ3割

 SDGsは中小、ベンチャー企業にとっても重要な経営テーマだ。22年3月の中小企業基盤整備機構の「中小企業のSDGs推進に関する実態調査」によると、SDGsについて「現在すでに取り組んでいる」「現在は取り組んでいないが、今後取り組んでいく予定」を合わせた割合は30.6%となった。SDGsの認知度は86.0%と高いものの、理解度は38.8%にとどまっており、十分に浸透しきれていない状況がうかがえる。

 

◇    ◇     ◇

“世界の知”に学び、SDGsに対する理解を深める
2022年5月開催「日経SDGsフェス」の動画を無料公開

日本経済新聞社の「日経チャンネル」では、ノーベル経済学賞を受賞したロバート・シラー教授、日本女性初の国連事務次長である中満泉氏をはじめ、同イベントにご登壇くださった国内外の有識者らによる講演やシンポジウムを動画として無料公開しております。この機会に、ぜひ、ご視聴ください。ご視聴はこちらから

閲覧履歴

    クリッピングした記事

    会員登録後、気になる記事をクリッピングできます。