SDGs

SDGsを英語で、質問編 環境にやさしいか聞くなら

記事保存

日経BizGate会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。

2022年6月10日から、一定の制約はあるものの外国人観光客の入国受け入れが再開されました。ビジネスパーソンの皆さんのなかには海外出張の予定がある方や、コロナ下でのリモートワーク普及によって海外の方と英語によるオンライン会議が増えた方もいらっしゃるかもしれません。22年は、15年に採択された、30年までの国際目標であるSDGs(Sustainable Development Goals/持続可能な開発目標)の「折り返し点」ともなる年。このコラムでは、SDGsに関する情報をひもときながら、英語でやりとりする際に役立つフレーズなどをご紹介します。

 国連が提唱して設立した国際団体、持続可能な開発ソリューション・ネットワーク(SDSN)がまとめた持続可能な開発目標(SDGs)達成度の22年の国別ランキングで1位はフィンランド、2位はデンマーク、3位はスウェーデンでした。4位はノルウェーで北欧諸国の健闘が目立ちます。日本は2021年の18位から1つ順位を落とし、19位に。海外から学ぶべきこともありそうです。

 今回は、SDGsへの貢献に関する取り組みなどについて、相手に何か尋ねたいときに役立ちそうな表現をお伝えしたいと思います。

 

◇    ◇    ◇

 SDGsへの貢献に関して尋ねる際に便利な表現

 まずは、業種を問わず汎用性が高そうな、こんな表現はいかがでしょうか。

 ◇会社や職場での取り組みについて尋ねたいとき

【例1】御社では、SDGsへの貢献として、どんな取り組みを進めていますか?
What is your company doing to contribute to the SDGs?
【例2】あなたの部署では、SDGsへの貢献として、どんなことに注力していますか?
What is your department focusing on regarding the SDGs?
【例3】 御社では、SDGsへの貢献として、具体的にどんな取り組みをしていますか?
What specific things are your company doing to contribute to the SDGs?

 【例1】【例3】contribute to… 〜に貢献する 【例2】focus on… 〜に注力する

 

 ◇個人としてのSDGsへの関心などを尋ねるとき

【例1】あなたは仕事において、SDGsのどの目標に関心がありますか。
Which of the SDGs are you interested in for your job?
【例2】あなたはビジネスにおいて、SDGsのどの目標に取り組みたいですか?
Which of the SDGs do you want to work on in business?

 【例2】work on… 〜に取り組む(※こちらは前回「SDGsを英語で、『働きがい』は 覚えておきたい表現」にも出てきましたね)

 

 ◇職場や会社か個人かを問わず、課題を尋ねたいとき

【例1】SDGsへの取り組みを進めるうえで、課題になっているのはどんなことですか。
In the process of implementing the SDGs, what issues have you noticed?
【例2】SDGsへの取り組みを進めるうえで、難しいことはなんですか?
In the process of implementing the SDGs, what has been difficult?

 【例1】【例2】implement 実行する 実践する(こちらも前回「SDGsを英語で、「働きがい」は 覚えておきたい表現」の2ページ目、「女性活躍推進法=the Act on Promotion of Women’s Participation and Advancement in the Workplace=が全面施行されました」の「施行されました」というところで出てきましたね)

 【例2】issue 課題

 なお、ご存じのように英語の“you”には「あなた方」という複数形の意味もあります。従って、例1のwhat issues have you noticed?”は、目の前にいる、もしくは電話などで会話をしている「あなた」の見解を知りたいときにも使えますし、その人を含む、一定のグループ(たとえば特定の部署など)の「あなた方」の見解を知りたいというときにも使えます。ちなみに、ビジネスのフォーマルな場面で、「あなたたちみんなに話しています」と強調したいときは“you all” という言い方もします。

 

閲覧履歴

    クリッピングした記事

    会員登録後、気になる記事をクリッピングできます。