SDGs

経済の二極化が進む状態を表すアルファベットは? SDGsクイズ 日経BizGateきょうの1問

記事保存

日経BizGate会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。

 ■正解と解説

[正解] K字(K字経済)

 [解説] 時間の経過とともに、富裕層と貧困層の経済格差がさらに開いて経済の二極化が進むような状態を「K字経済」と呼びます。

 これは「時間」を横軸とする2本の折れ線グラフで所得階層別の収入などを表した場合、右方向(時間が経過した時点)に進めば進むほど、上下の折れ線の差がますます開いて「K」の文字を描くことから名付けられたものです。豊かな人はますます富を増やす一方、資産の少ない人は経済的に一段と厳しい状況に追い込まれていくといった状況があります。こうしたなか、SDGsの目標の1番目には「貧困をなくそう」、10番目には「人や国の不平等をなくそう」が掲げられています。SDGsの策定に携わった米コロンビア大学教授のジェフリー・サックス氏は開発経済学を専門とし、世界の貧困根絶に向けた活動に携わってきたことでも知られます。

 ◇1つ前のクイズはこちらから

関連情報

閲覧履歴

    クリッピングした記事

    会員登録後、気になる記事をクリッピングできます。