どこでもオフィスの時代

国内でも「つながらない権利」 企業は風土作りを ニット広報/オンラインファシリテーター 小澤 美佳

記事保存

日経BizGate会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。

 採用活動に影響も

 リモートワークはいつでもどこでも働くことができてしまうが故に、公私の区別がつけづらく、それが心身の負担につながることを指摘してきた。とはいえ、一概に「夜間や休日に働くべきではない/連絡してはいけない」と主張しているわけではない。

 私が勤務するニットのメンバーの中には、育児や家事と両立しながら働く人や、副業として働く人も多い。それぞれの事情に応じて稼働時間は異なり、早朝や夜間・休日にあえて稼働することもある。メンバーの約2割は海外在住で、日本との時差の関係で相手の夜間帯にチャットを送らざるを得ない状況も日々発生している。「何時から何時までのチャット送信は禁止」という単純なルールを設けることができない。

 その代わり、つながらないために個人でできることや相手を思いやることはできる。例えば、自分のチャットプロフィルに「9時~17時稼働」「7月25日~30日休み」などとコアタイムや休暇を明記することで、自分の対応可能時間を周囲に知らせることができる。相手の就業時間帯以外には返信が来なくて当たり前であることをお互いに理解していれば、自ずと「つながらない権利」を尊重する風土ができあがる。

 当社の社員の多くは時間に捉われない柔軟な働き方ができることに魅力を感じ、このような働き方を選択している。大切なのは「自分らしい働き方」を阻害することなく、それぞれのプライベートも尊重できるような一人ひとりの意識や社内の雰囲気の醸成こそが重要なのではないだろうか。

 「個の時代」と言われるこれからの時代は、リモートワークの可否や業務時間外の「つながり」に関する対応が各企業の採用活動にも影響すると私は考えている。状況は職種や業種によっても異なるだろうが、「つながらない権利」の広がりに象徴されるように、プライベートを尊重する企業の姿勢は今後の人材採用において一つの重要なポイントになるだろう。

小澤 美佳(こざわ・みか)
(株)knit(ニット)広報/オンラインファシリテーター
2008年リクルート入社。10年間、HR一筋。中途採用領域の代理店営業、営業マネージャーを経て、リクナビ副編集長として数多くの大学で、キャリア・就職支援の講演を実施。採用、評価、育成、組織風土醸成など幅広くHR業務に従事。18年、中米ベリーズへ移住し、現地で観光業の会社を起業。19年にニットに入社し、営業・広報・人事を経験後、現在はオンラインファシリテーターとしても活動中。

閲覧履歴

    クリッピングした記事

    会員登録後、気になる記事をクリッピングできます。