楽しい職場学

安心して「ボケ」られるか? 良い職場の条件に 西武文理大学サービス経営学部専任講師 瀬沼文彰

記事保存

日経BizGate会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。

 日常生活や仕事をするうえで笑いをどう作ればよいか。これまで本連載では、笑いは自己責任で考えず協力とフォローが重要、ダジャレの活用とアップデート、笑いを語学のように学ぶなどを紹介・提案してきた。今回はボケとツッコミ、特にボケについて考えてみたい。

 ボケ・ツッコミと言えばお笑い芸人やバラエティー番組を思い浮かべる人も多いだろう。これだけお笑い芸人がテレビやネットを席巻してボケ・ツッコミが日常でも用いられることがある時代、それらはコミュニケーション力の一つとして組織でも利用できそうだ。例えば、プレゼンでは「つかみ」で聞き手を笑わせ心をつかむ。新規クライアントになり得る人を笑わせてお互いの距離を近づける。営業ならボケやツッコミを駆使して商品をおもしろおかしく伝える。部下や上司を笑わせて社内を楽しくしてお互いのモチベーションを高めることも可能だろう。

ウケなくてもさらっと引く

 コミュニケーションが重視される時代、お笑いのコミュニケーションと仕事のコミュニケーションは相性がよさそうだ。その意味では、バラエティー番組や自分と似たキャラクターや趣味・特技を持つ芸人のトーク技術は自分のコミュニケーションの力を向上させるための研究材料になり、仕事や日常にも生かすことができそうだ。しかし、誰でもたやすくお笑い的なコミュニケーションができるわけではない。また、それをまねしようとするとどこか空回りしている感じも出しかねない。だから、あきらめてしまう人も多いのではないだろうか。

 お笑い芸人のトーク、特に、ボケやツッコミを組織で生かそうとするのなら、自信があっても謙虚に、ウケなくてもしつこくならず、ツッコミが来なくてもさらっと引くなどが発信する側にとっては重要だ。聞いた側は、芸人と比較しないこと、笑う・笑わせるではなく、それらがコミュニケーションを円滑にするためのツールだと認識すること、そして、できる限りフォローすることが重要になる。

 とはいえ、お笑い芸人的なボケやツッコミは多くの人にとっては、難易度やハードルが高いことも確かだ。お笑い芸人的にならず組織でも活用できる笑いはないのだろうか。

 そこで私が提案してみたいのが、かぎかっこを付けた「ボケ」だ。海外では、お笑い芸人ではない一般の人もこの「ボケ的な発言」、一般的にはジョークと言われるものにあたるが、それらを日常生活、および、組織内で活用することは当たり前だ。ジョークのパターンは多様だが、ここでは、分かりやすく誰もが使用しやすい「大げさに言ってみる」と「反対・逆を言ってみる」を紹介したい。なぜなら、それらは多くの国で代表的な笑いの方程式で、定番のジョークとしてアドリブに応用する人が多いからだ。(もっともこの技法は日本の芸人たちもテレビや舞台でしばしば用いている)

閲覧履歴

    クリッピングした記事

    会員登録後、気になる記事をクリッピングできます。