BizGateリポート/営業

検証「GoToトラベル」~若者が高級ホテルへ クーポンに経済効果 航空・旅行アナリスト 鳥海 高太朗

記事保存

日経BizGate会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。

地域共通クーポンの経済効果は想定以上

 10月1日から配布が開始された地域共通クーポン。旅行代金の15%が配布される(1000円単位で500円以上は切り上げで1000円分を配布)。この地域共通クーポンが地域経済に大きく貢献しているのだ。地域共通クーポンは、宿泊する都道府県に加えて隣接する県でも利用できる。クーポンに利用できる都道府県が記載されており、地域共通クーポン加盟店で利用可能だ。

 そして今回、経済効果を大きく生むことになった要因はチェックアウト日までしか利用できないという有効期限のルールだと思う。有効期限が短いことで、旅行先で必ず消費しなければならないという心理的作用が働き、宿泊施設でのドリンク代やお土産の購入、旅先の飲食店、お土産店、観光施設、移動のタクシーなどで多く使われた。また、旅の最後まで使い切れなかった場合には空港や主要駅の売店で利用するケースも目立ち、筆者も福岡空港、松山空港、伊丹空港、更に東京駅や新大阪駅で様子を見ていたが、駆け込みでお土産を購入している姿が多く見られ、中にはレジの前に長い行列ができており、そのほとんどが地域共通クーポンを使う観光客やビジネス客の姿であった。地域共通クーポンがあることで、旅先で少しぜいたくにしたり、お土産もいつもより多く購入したり、まさに国の支援による地域経済への波及効果が10月以降出ている。

 ただ懸念事項としては、地域共通クーポンは紙クーポンと電子クーポンのいずれかで発行されるが、加盟店の約半数では電子クーポンが利用できず、特に観光地においては紙クーポンが中心となっている。利用したくても利用できないというのは大きな問題であり、更に最近では電子クーポンはチェックインの有無にかかわらずチェックイン当日の15時から利用できることで、予約だけ入れてチェックインをせずに電子クーポンだけ搾取するという問題も発生している。もともとはチェックイン前でも15時から地域共通クーポンが使えるという電子ならではのメリットがあり、筆者自身も重宝しているが、不正が横行することで使いにくくなることは避けて欲しいが、事前決済など入金が確認された場合に限り電子クーポンにするなどの対策は必要だろう。

10月15日時点で予算の約1割しか使われていない

 Go Toトラベルにおける利用実績が観光庁が発表され、7月22日~10月15日までにおいて、宿泊人数は少なくとも約3138万人泊、割引支援額は少なくても約1397億円であることが明らかになった。約1兆1600億円が旅行者に還元されることから、まだ約1割しか使われていないのが実情だ。9月の4連休(19日~22日)あたりから旅行需要が回復傾向にあるが、本来は旅行需要の回復を期待していた7月・8月の夏休み期間に全国で感染者数が拡大し、更に8月に入ってからは沖縄県が県独自の緊急事態宣言を発令するなどした結果、旅行を自粛する動きがあったことで当初想定よりも予算が多く使われなかったのだ。

Go Toトラベルはゴールデンウイークまで期間延長も

 旅行需要が回復傾向になったことで、Go Toトラベルを利用した旅行は増えており、週末に国内線や新幹線を利用すると混雑している回数が増えていることを実感している。ただ予算を1月末まで消化することは難しい状況であることに加えて、訪日外国人観光客(インバウンド)の入国制限が継続している現状もあり、来年1月31日宿泊分までの期間を延長する方向となり、政治判断によってゴールデンウイークまで延長する可能性も出てきている。

 11月に入り、北海道の感染者が急増していることで再び旅行をキャンセルをする旅行者が増えている。東京都内も含めて日本全国の感染者が増えており、この傾向が続くと再び国内旅行が落ち込む可能性が出てくる。最近の旅行の傾向としては、感染者数の推移を見ながらの直前予約・直前キャンセルが増えており、今後もその流れになるだろう。しばらくは感染者数の数字を見ながらの国内旅行になりそうだ。

鳥海 高太朗(とりうみ・こうたろう)
航空・旅行アナリスト、帝京大学理工学部航空宇宙工学科非常勤講師。飛行機ニュースサイト「ひこ旅」を運営。航空会社のマーケティング戦略を主研究に、自らも国内外を巡りながら体験談を中心に各種雑誌・経済誌などで執筆しているほか、TBSテレビ「ひるおび!」、テレビ朝日「羽鳥慎一モーニングショー」などでも解説をしている。著書に「天草エアラインの奇跡」(集英社)、「エアラインの攻防」(宝島社新書)がある。

閲覧履歴

    クリッピングした記事

    会員登録後、気になる記事をクリッピングできます。