アフターコロナの働き方

知識より知恵 努力より快楽 非優等生採用が中小を救う 同志社大学政策学部教授 太田 肇

記事保存

日経BizGate会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。

既成概念を脱した採用で成功している企業

 中小企業にとって幸いなのは、大企業と競合する(A)タイプと違って(B)タイプの人材はまだ比較的採りやすいことだ。

 実際に(B)タイプのなかから有能な人材を採用し、会社の屋台骨を担うような存在に育てあげている会社もある(拙著『「不良」社員が会社を伸ばす』東洋経済新報社、2010年)。

 元暴走族、元ヤンキーが複数の部長職を占めている機械メーカー、刑務所で社長自ら受刑者に面接して採用し、一人前に育てあげている飲食チェーン店、元暴走族が世界初の微細部品をつくって世間を驚かせた精密部品メーカーなどの例は、既存の枠にとらわれない採用が実を結ぶ可能性があることを物語っている。

 テレワークという環境のもとでは、その可能性がいっそう膨らむ。オープンでフラットな関係のなかで、新たなネットワークを築く力、他人を巻き込む力、交渉力等々、いずれも優等生的な(A)タイプとは異質な能力である。そしてこのような能力に秀でた人材は、自営業者や職人など従来の労働市場の枠外にいる可能性もある。

 いずれにしても大企業に「上澄み」をすくわれた新卒市場のなかから、大企業と同じ基準で採用していては、中小企業にとってまたとない人材獲得のチャンスをみすみす逃すことになる。

太田肇(おおた・はじめ)
同志社大学政策学部・同大学院総合政策科学研究科教授。神戸大学大学院経営学研究科修了。経済学博士。専門は組織論、とくに「個人を生かす組織」について研究。元日本労務学会副会長。組織学会賞、経営科学文献賞、中小企業研究奨励賞本賞などを受賞。『「承認欲求」の呪縛』(新潮新書)、『「ネコ型」人間の時代』(平凡社新書)、『公務員革命』(ちくま新書)、『「見せかけの勤勉」の正体』(PHP研究所)、『個人尊重の組織論』(中公新書)、近著に『「超」働き方改革』(ちくま新書)など著書多数。

閲覧履歴

    クリッピングした記事

    会員登録後、気になる記事をクリッピングできます。