経営層のためのグローバル・マーケティング

コロナ時代のSDGs 経営陣主導でブランド構築の好機に 明治大学経営学部教授 大石芳裕

記事保存

日経BizGate会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。

利益的方向にはビジネス志向型とブランド志向型

 SDGs経営のもう一つの方向は利益的方向である。利益的方向の第1の型はSDGsそのものをビジネスにするものであり,ビジネス志向型と呼べる。水・土・空気などの環境資源関連企業やクリーン・エネルギー開発企業,貧困にかかわる諸問題の解決を目指すBOPビジネスなどである。利益的方向の第2の型はレピュテーション(評判)を高め,ブランド・ロイヤルティーを向上させるものであり,ブランド志向型と呼べる。ESG投資とも関連して,SDGs経営そのものが企業価値の増加をもたらすと考えるタイプである。

 新型コロナは人々の移動を困難にし,多方面の経済活動の停滞をもたらしている。ソーシャル・ディスタンス(実際はフィジカル・ディスタンス)の確保は個人間のみならず,地域間,国家間でも強まっている。とりわけ国家間のディスタンスにおいては,それまでの自国第一主義の流れを新型コロナが強化し,SDGsの目指すべきものとは真逆の方向に向かっている。ただ一方で新型コロナによって,人々は他人を思いやらなければその対価が自分に返ってくることも強く認識し始めている。いわゆる「利他主義」の浸透である。いまや,マスクをするのは自分が感染するのを防止するよりも,他人に感染させない,あるいは不快な思いをさせないエチケットの側面が強くなっている。

 SDGs経営で言えば,理念型でブランド志向型の経営が求められているということである。それは「べき論」ではなく,その方が長期的にサステナブルで利益的であり,ブランド構築ができかつ投資家の支持を得られるというわけである。「経営」は「管理」よりも上位の概念で,企業が向かうべき方向を定めるものとするならば,SDGsは正に経営の目標に定めるべきものとなっている。

大石芳裕(おおいし・よしひろ) 明治大学経営学部教授
専門はグローバル・マーケティング。日本流通学会(理事,前会長)など多くの学会で要職を務める。企業などで海外市場開拓を担う実務家らを講師として招く「グローバル・マーケティング研究会」を主宰。同研究会は第一線のマーケッター、研究者ら約3000人の会員が登録する、実務と学術をつなくグローバル・マーケティング研究の拠点になっている。近著に「実践的グローバル・マーケティング」(ミネルヴァ書房)、「ミレニアル世代事業戦略 なぜ、これまでのマーケティングはうまくいかなかったのか?」(9月下旬発売、白桃書房)など

※この連載は今回で終了します。

閲覧履歴

    クリッピングした記事

    会員登録後、気になる記事をクリッピングできます。