アフターコロナの働き方

「仕事分けたら格差拡大」は誤解 任せて成長促す 同志社大学政策学部教授 太田 肇

記事保存

日経BizGate会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。

転職や独立ができる力をつけるためにも

 もちろん仕事によっては仕事の出来不出来に極端な差が生じたり、独力ではこなせない社員があらわれたりする場合もあるだろう。

 しかし分担が明確になってはじめて、仕事量に偏りがあるとか、仕事をこなすだけの能力が不足しているといった問題が明らかになる。問題が表面化したら仕事の配分の見直し、配置転換や能力開発といった対策を打てばよい。集団的な執務体制のままでは、いつまでたっても問題が見えてこないし、改善もできないのである。

 とくに小規模な会社の場合、圧倒的に需要が多いのは一人で複数の仕事がこなせる多能工型の人材や、ある程度まとまった仕事を単独でこなせる自営型の社員である。たとえばホワイトカラーなら経理と総務を一緒に受け持てるとか、開発のほか営業もマーケティングもできる。製造現場でも製品を丸ごと一人で組み立てるといった人材だ。

 労働市場が流動化し、転職や独立が当たり前になることが予想されるこれからの時代に、独り立ちできる人材を育てることは企業の責務でもある。集団のなかで庇護(ひご)し、周囲がカバーするやり方は、長い目で見れば決して本人のためにもならないのである。

太田肇(おおた・はじめ)
同志社大学政策学部・同大学院総合政策科学研究科教授。神戸大学大学院経営学研究科修了。経済学博士。専門は組織論、とくに「個人を生かす組織」について研究。元日本労務学会副会長。組織学会賞、経営科学文献賞、中小企業研究奨励賞本賞などを受賞。『「承認欲求」の呪縛』(新潮新書)、『「ネコ型」人間の時代』(平凡社新書)、『公務員革命』(ちくま新書)、『「見せかけの勤勉」の正体』(PHP研究所)、『個人尊重の組織論』(中公新書)、近著に『「超」働き方改革』(ちくま新書)など著書多数。

閲覧履歴

    クリッピングした記事

    会員登録後、気になる記事をクリッピングできます。