BizGateリポート/人材

コロナうつの職場、パワハラ防ぐ6秒ルール 怒り抑える簡単テク 戸田久実・日本アンガーマネジメント協会理事に聞く(中)

記事保存

日経BizGate会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。

 日本の職場が不機嫌だ。上司も部下も、取引先も、いつ新型コロナウイルスに感染するかもしれない不安を抱えている。ささくれだった感情が湧いてきても不思議はない。以前なら辛抱できた相手の言動にも、思わずキツい言葉で返してしまい、テレワーク中であっても怒りの総量は減ることがない。「コロナブルー(うつ)」職場でパワーハラスメントを避けるには、どう感情をコントロールすべきか、日本アンガーマネジメント協会理事の戸田久実アドット・コミュニケーション代表に聞いた。

怒りを感じたら「まず6秒やり過ごす」

 ――新型コロナウイルスの感染収束が見えてこず、職場のコミュニケーションでも売り言葉に買い言葉のようなケースが、まま見られます。

 「アンガーマネジメントでは、怒りを感じたら、まず6秒間やり過ごすことを勧めています。カチンときた時の衝動的な行動がパワハラ行為に直結します。パワハラ防止措置を義務付けた6月施行の『改正労働施策総合推進法』は(1)職場の優越的な関係にある者が(2)業務上必要かつ相当な範囲を超えた言動によって(3)就業環境を害する――とパワハラを定義しています。怒りに任せて行動しないためのテクニックがアンガーマネジメントです」

 ――ただ現実には、たった6秒では怒りが収まりません。

 「感情を静めるのでは無く、怒りが生まれてから理性が働き始めるまでの時間が6秒なのです。怒りはエネルギーが強い感情なので、アンガーマネジメントのスキルを使って対応するのが効果的です」

 ――6秒間をやり過ごすためのテクニックはあるのでしょうか。

 「怒りを数値化する『スケールテクニック』が代表的な手法です。全く怒りを感じてない段階を0点、人生最大級の激しいものを10点とします。ユーザーからの理不尽なクレームは6点、会議で持論を全否定された時は3点というように怒りを感じたら点数を付けていくのです。また怒りは幅の広い感情であることが分かります。点数を付けることに意識を向けている間は、怒りにまかせた衝動的な行為はできなくなります。日々実践していくと、客観的に怒りを把握できるようになります。実際にある企業で推奨し、職場のメンバー全員で取り組んだところ、不機嫌な職場が改善されたケースもありました」

 ――より簡単なテクニックはありますか。

 「心が落ち着く言葉を頭の中で言い聞かせる『コーピングマントラ』、数を逆から数える『カウントバック』、真っ白な用紙などを見つめて思考を止める『ストップシンキング』などの方法があります。一番シンプルな方法は深呼吸ですね」

閲覧履歴

    クリッピングした記事

    会員登録後、気になる記事をクリッピングできます。