BizGateリポート/営業

「ダブル11」超えた「618」 コロナ後の中国人消費に12の潮流 中国市場戦略研究所(CM-RC.com)代表 徐向東

記事保存

日経BizGate会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。

 中国で最大級となるネット通販セール「618セール」が6月18日に終了した。今年の618は、2月から発生したコロナウイルスによる消費低迷を取り戻すため、中国政府の後ろ盾も得て中国中の企業はかなりの力をかけて販促を展開した。その結果はいかがなものでしょうか。

 そもそも618は、通販最大手アリババ社の「天猫」に対抗するため、中国通販2番手の「京東」が始めたセールだ。2020年6月1日0時から6月18日24時まで京東のプラットフォームでオーダーが発生した売上総額は2692億元(約4兆600万円、1元=約15円)を達成し、去年(2019年)より677億元(約1兆円)が増加した。京東618の総売り上げは17年が1199億元(約1.8兆円)、18年が1592億元(約2.4兆円)、19年が2015億元(約3兆円)だった。

 それに比べて去年(2019年)天猫のダブルイレブン(毎年11月11日に行うネット通販セール)1日の売上総額は2684億元(約4兆500万円)だった。つまり今年618の京東の売上総額は、コロナウイルス前の昨年ダブルイレブンの天猫の売上げよりも8億元(約120億円)が多いのだ。618セールは、創始者の「京東」だけでなく、今は中国全土各社がみな参加している巨大な祭になっている。

 中国「人民網」などは、今年天猫の618セールに現れた数々の新しい動きを取り上げているので、その中の興味深い内容をまとめてみた。

◇  ◇  ◇

【巨額クーポン券の発行】

コロナウイルスによる損失を挽回し、消費を喚起するため、巨額のクーポン券が発行されている。618期間中、天猫は各地方行政、そしてメーカーなどと合わせて発行したクーポン券の総額は140億元(2000億円)も超えた。

【参加企業倍増】

今年の天猫618セール参加ブランドは10万を超え、昨年618より倍増。セール価格を提示した商品は1000万を超え、2019年のダブルイレブンと肩を並べる規模となった。

【分割払い導入】

消費を促すため、今年の天猫618は、6回の分割払いや、初回免除などの分割払いも初めて導入した。

【IT家電は有名ブランドが好調】

アップル社は初めて天猫618セールに参加。6月1日iPhoneがわずか5時間でこれまでの中国市場での1日の売り上げに相当する5億元(約75億円)売り上げ実現。6月16日にアップル社がさらに2億元に相当するクーポン券を発行したがため、わずか半日で昨年(2019年)の1日の中国市場全体での売り上げを実現した。

【ファッションは新しいブランドが人気】

コロナの影響で在庫が急増したファンション商品も売れた。6月16日の1日だけで、28のファッションブランドがわずか1時間で昨年1日の売り上げを超えた。新規のファッションブランドの売上げは特に好調。618セールの初日の6月1日にすでに66のファッションブランドの売上げは昨年同期より600%増を実現した。

【化粧品や食品も好調】

6月16日0時すぎたところ、天猫の化粧品と食品の売上げはそれぞれ1億元(約15億円)を突破した。その後、育児用品、(シャンプー・リンスやヘアカラーなどの)日用品、そして家庭用掃除衛生用品、さらに医薬品健康食品の売上げも1億元(約15億円)を超えた。16日0時から5分すぎた後、天猫のFMCG、つまり飲料、食品、化粧品などの日用消費財の売上げは瞬く間に13億元を超えた(200億円弱)。

【民族ブランド台頭】

618セール初日に3万7000ほどの中國民族系ブランドは去年より売り上げが倍増。「剣南春」「櫨州老窖」といった白酒や、「稲香村」「敦煌」「梅林」など食品ブランドものが特に大きく伸びた。2018年に立ち上げたばかりの民族系化粧品「COLORKEY」、先端ファッション「LABELHOOD」、KOLブランドの「李子●」(リー・ズーチー、●は左上にさんずい、右上に七、下に木)(※1)などは、話題性が高いため、セールを始めてからわずか1、2分間で昨年618の1日の売り上げを超えた。

閲覧履歴

    クリッピングした記事

    会員登録後、気になる記事をクリッピングできます。