サラリーマン人生100本ノック

サラリーマン人生「前の会社との関係で悩みます」 東京工業大学大学院特任教授 北澤 孝太郎

記事保存

日経BizGate会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。

 あなたは、転職で新たな環境を求める意味を理解しているでしょうか?この連載では書籍『サラリーマン人生100本ノック』をもとに、サラリーマン人生の大きな転機となる転職について解説してきました。今回が最終回です。

◇  ◇  ◇

前の会社との関係で悩みます。恨まれたりするのでしょうか。

 残念ですが、あなたが優秀な人間であるならば、組織に必要とされている人であればあるほど、少なからず、残念だ、裏切り者だなどと思われることは仕方のないことだと思います。逆に、明らかに辞めても問題にならない、困らない人であれば、残念がられもしませんし、裏切り者扱いもされないでしょう。

 組織や集団において、必要と思われている人は、期待される分見返りを求められます。その一番大きいものが自分を支えてほしい、つまりずっと一緒にいて導いてほしいという依存心ですので、辞めるという行為は、どうしても自分と違う人のそれを受け止める行為ととられ、猜疑心や嫉妬心を掻き立てるということにつながってしまうのです。

 もちろん、あなたの将来を考え、好意的に考えてくれる人もいるでしょう。しかし、多くの人からは、やり方次第で誤解される可能性がある。そうなれば、退職後言い訳する機会がないので、かなり長い期間その誤解は解けないと覚悟すべきです。退職するときは、慎重に、しかも強い意志を持って臨むべきなのです。

退職を告げられる方の立場も考える

 ただ、何度も申し上げているように、あなたが自分の人生においてなしとげたい「思い」に到達するには、この転職が必要なのだと考え、その意志を固く持っているなら、何も躊躇する必要はありません。法律でも、申し出後二週間で退職できることを保証しています。あなたは、必ず退職できるのです。新しい世界に行くことは可能です。

 だからこそ、恨まれたり、邪魔されたりしないようにした方が、なにかと労力がかかりませんし、次の職場に行っても気持ち的に前向きになれ、集中して新しい業務に取り組むことができるでしょう。そう思って、しっかりとしたけじめをつけて退職しましょう。

 まず、いきなり退職届を投げつけるような行為は慎みましょう。

 大切なことは、辞められる方の上司や先輩の面目です。上司や先輩が一生懸命慰留したけれど、それでも意志が固く退職したということになれば、上司や先輩は自分の仕事はしっかりやったということになります。しかし、いきなり一方的に退職届を出されて、二週間後には会社に来ませんということになれば、その上司や先輩は、その上の上司や先輩から、お前は何をやっていたのだ、退職の意向もわからなかったのかと責められることになるでしょう。そうなれば、少しでも引き延ばして、邪魔したくなると思うのが人情です。

閲覧履歴

    クリッピングした記事

    会員登録後、気になる記事をクリッピングできます。