サラリーマン人生100本ノック

サラリーマン人生「この歳になると転職先が見つかりません」 東京工業大学大学院特任教授 北澤 孝太郎

記事保存

日経BizGate会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。

 あなたは、転職で新たな環境を求める意味を理解しているでしょうか?この連載では書籍『サラリーマン人生100本ノック』をもとに、サラリーマン人生の大きな転機となる転職について解説します。

◇  ◇  ◇

この歳になると転職先がなかなか見つかりません。どうすれば会社が見つかるでしょう

 このようなケースで多くみられる原因は、自己評価が市場に比べて高すぎたり、同業種・同職種にこだわりすぎることです。

自己評価が市場価値に比べて高すぎる

 まず、自己評価が実際の市場価値に比べて高すぎるケースですが、これは転職の理由が社内の処遇に対する不満からきている場合が多いです。「俺は、こんなにがんばっているのに、なぜ低い評価なのか」「表に出るものしか評価されない、今までの陰での努力はまったく評価されていない」などの不満が高じると、自尊心が許せなくなって転職活動に踏み切らざるを得なくなってしまいます。何度かは、我慢して飲み込もうとしたけれど、どうしても許せなくなって、アクションしてしまうのです。

 ただ、会社には、組織活性化のために若手を優先したい、幹部人材に経験をさせたい、五年後を考えるとシニアを登用しづらいなど、今の本人のパフォーマンスと関係のないところで判断せざるを得ないケースもあります。なのに、本人は、「今の経営陣が悪いからこんなことになるんだ。こっちは何年もがんばってきたのに」と恨み節にも近い感情を持ちがちです。そこまで行かなくても、先行きが見えてしまうことで、愛社精神が著しく劣化することもあるに違いありません。

 そんな方が、転職活動を始めた場合、得てして転職希望先は、企業規模や知名度、年収、役職など、ほとんど今のままが当たり前という転職活動を始めてしまいます。そうすると、書類を出しても面接に進めない、そもそも応募したい案件がないというようなことに陥ってしまいます。採用する方でも、少し前と違い、「大手企業で役職者ほど使えない」という新しい常識ができつつあります。組織で守られている人は個人の力がない。潜在能力はあるかもしれないが、すぐには発揮できないという常識です。

 採用する方からすれば、すぐにその人が力を発揮してくれるかどうかわからない。もし、発揮してくれたのなら、前職並みの給与や役職、場合によってはそれ以上を出してもいいが、それが確認できるまでは少し控えたいという理屈なのです。企業が求めているのは、あくまでも業績の再現性、さらに望んでいるのは、組織を活性化させてくれるインパクトです。

 本当に、転職先で活躍したい、またできると思ったならば、数年後に年収や役職がどうなるのかというイメージをつけたうえで、転職してすぐは、少しダウンしても受け入れるといった覚悟が必要になります。自信をなくす必要はありませんが、自分は特定の環境や条件に依存していたからこそ実績を上げられたのではないかと、よく考え、自己評価を見直すことも大切です。

閲覧履歴

    クリッピングした記事

    会員登録後、気になる記事をクリッピングできます。