EQトレーニング

教育界が注目する非認知能力「EQ」は試験の成績も左右 EQ 取締役会長 高山 直

記事保存

日経BizGate会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。

 人工知能(AI)の普及で社会は大きく変化し、会社を取り巻く環境も、働き方改革や健康経営はもとより、最近では世界レベルでESG経営(環境・社会・企業統治を重視した経営)への取り組みが求められています。その解決にEQは不可欠です。この連載では書籍『EQトレーニング』をもとに、EQがビジネスで改めて注目されている背景、ならびにEQとは何かについて解説します。

◇  ◇  ◇

非認知能力はEQと類似の概念

 就学前の幼少期の教育で近年注目を集めているのが「非認知能力」です。「非認知能力」はIQや偏差値などによって代表される「認知能力」に対置される言葉です。認知能力は学力と言い換えてもよいでしょう。

 アメリカのジェームズ・ヘックマン博士は2000年のノーベル経済学賞を受賞していますが、幼児期の教育が将来にもたらす影響についての研究でも知られています。博士の研究によれば、就学前の幼児に対するIQ教育は効果が持続しなかったのに対し、非認知能力は教育によって高まり、その効果は終生続いたのです。

 日本では国立教育政策研究所が2017年に「非認知的(社会情緒的)能力の発達と科学的検討手法についての研究報告書」を発表しています。報告書は、非認知能力を「自分と他者・集団との関係に関する社会的適応」及び「心身の健康・成長につながる行動や態度、そしてまた、それらを可能ならしめる心理的性質」と定義しています。

 この定義から分かるように非認知能力はEQと類似の概念です。また報告書では「EI(Emotional Intelligence)」という言葉を使って、EQを詳細に紹介しています。

 教育界で非認知能力が重視されているのは、IQは遺伝的特質を持ち、教育効果もすぐに薄れてしまうのに対し、幼少年期に養われた非認知能力はずっと保持されるからです。

 非認知能力は、自尊心、自制心、内発的動機づけ、共感性、道徳性、社会性などを指し、意欲、忍耐、好奇心、自尊心、協調性、回復力などの特性を持っています。こういう能力を持つ人間が社会的成功を得やすいのは当然でしょう。

閲覧履歴

    クリッピングした記事

    会員登録後、気になる記事をクリッピングできます。