楽しい職場学

お手本はよしもと新喜劇 笑いの共創が生む組織活性化 西武文理大学サービス経営学部専任講師 瀬沼文彰

記事保存

日経BizGate会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。

フォロー前提なら安心して発言

 組織のなかに笑いを増やすためには、たくさんの質の高い冗談を言うことも大切だと思う。だが、今回、論じてきたように、組織のなかで、誰かが冗談を言った際に、それを聞いた人たちが、どのようにその冗談の面白さに気づくか、共感できるか、また、面白くないと思ったとしてもフォローができるかなどによって、組織の笑いの量は、飛躍的に増やすことができる。

 なぜなら、フォローが前提にあるため、皆が安心してたくさんの発言ができるからだ。あるいは、冗談で言ったつもりではない発言に対しても、そこに面白さを見つけてくれる人がいれば、誰でも率先していろいろなことを言ってみたくなるはずだ。

 コミュニケーションの質や量によって、組織への居心地のよさが変わってくる現代社会に、コミュニケーション環境を整えていくことは、どの組織にとっても課題である。

コミュニケーションは自己責任でなく相互行為

 コミュニケーション能力ということばが日本社会を覆い、コミュニケーションはいつからか、個人の能力となり、自己責任になってしまった。しかし、コミュニケーションは、いつでも、相互行為で、他者との間にあるものだ。つまり、いつでも、話し手だけの責任ではなく、聞き手によって盛り上げたり、話を広げたり、面白いものにしていくことができるということである。

 組織内に笑いを多く生むことができれば、笑いの研究成果からはっきりと分かっていることとして、単純に、職場を楽しいと思う人が増える。また、笑い合えることは、お互いの信頼関係の証になる。個人は、ポジティブな気分でいる時間が増えると同時に、ネガティブな気持ちから脱することができ、ストレスの軽減につながる。さらに、コミュニケーション環境が整うことで、一人で黙々と仕事をするよりも、生産性や効率も上る可能性がある。こうした笑いのメリットをふまえ、まずは、フォローする側、あるいは、聞き手の側から、組織の笑いを増やすことを試してみてはどうだろう。他者の発言のフォローは、難しいことかも知れないが、フォローしてくれているというメタメッセージは、周りにしっかりと伝わるはずだ。(敬称略)

瀬沼文彰(せぬま・ふみあき) 西武文理大学サービス経営学部 専任講師
日本笑い学会理事、追手門学院大学 笑学研究所客員研究員。1999年から2002年まで、吉本興業にて漫才師としてタレント活動。専門分野は、コミュニケーション学、社会学。研究テーマは、笑い・ユーモア、キャラクター、若者のコミュニケーション。単著に、『キャラ論』(2007、スタジオセロ)、『笑いの教科書』(2008、春日出版)、『ユーモア力の時代』(2018、日本地域社会研究所)など

閲覧履歴

    クリッピングした記事

    会員登録後、気になる記事をクリッピングできます。