愛されシニアを目指すスキルアップ道場

「こういうもんだ」は禁句 シニアの伝え方がパワハラになる可能性 トレノケート シニア人材教育コンサルタント 田中淳子

記事保存

日経BizGate会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。

若手はシニアの考え方がそもそもわからなくなっている

 シニアと若手の価値観の相違は場合によって埋めがたいほど大きい。若手には、シニアの考え方がそもそもわからなくなっているとしか思えないようなこともある。

 先日、私が25歳くらいの若手と話していたときのことだ。

 「『この仕事、男が担当したほうがいいよね』と言うシニアがいるらしい」と私が伝えたら、若手は「え、どういう意味ですか?男女で違うんですか?その考え方自体、意味わからないです」と言うのである。つまり、今の若い世代は、「男の仕事」「女の仕事」といった性役割を基本的に意識しない。

 働き方でも「長時間労働を良し」とは思っておらず、ワークライフバランスを大事にしている。仕事についても、上司の言葉、考えが絶対ではなく、自分なりのやり方、考え方も大切する。

 もちろん、私自身もシニアであるため、はっきりと断言はできないが、様々な年代の方たちと日々関わる中で聴く事例からほぼそういうことだろうと推察している。

 シニアの自分たちも、実は若い頃、同じような状態だったはずである。30年もあれば、色々なことに対する考え方や感覚がだいぶ変わる。今のシニアが30年前に20代だったころ、当時のシニアがさらに30年前(といえば、1950年代)の価値観を押し付けてきたら、やはり「え?」とびっくりしていたに違いない。

 世代の異なるシニアが、自分が若いころの時代の価値観をもとに、「こういうもんだ」「そういうもんだ」と口にすれば、悪気はなくても、若手には強い違和感を与えてしまうことは想像に難くない。

若手はシニアの押しつけで息苦しくなって仕事へのモチベーションを下げる

 もう一つは、シニアが実際に若手の仕事を変えようとして口にする「こういうもんだ」「そういうもんだ」という言葉には本人が自覚している以上の強制力があり、若手との間に「あつれき」が生まれる可能性があることだ。

 いくつかの企業で聴いた例だが、シニア上司やシニア先輩には「これはこういうもんだ」という自分の経験則に基づいた考えや信念を部下に押し付ける傾向があり、それが問題になることもあるという。若い部下たちは、上司があれこれ口出しをし過ぎることから、息苦しくなって仕事へのモチベーションを下げたり、いろいろ言われるからめんどくさくなって思考停止を装い、指示待ち(風)になったりするらしい。

 「自分のやり方が正しい」と主張して、若い部下がその方法に従わないと、「どうして、こういうやり方をしないのか」とつい細かく口を出してしまう。一方、自分は先輩たちの背中を見て仕事を覚えたという自負があるシニアだと、若手を指導せず、放置気味になる。

 シニアには、多くの知識や経験則があることは強みだが、「これが正しい」「これはこういうもんだ」という直接的な表現で伝えると、若手は自分が否定されたように感じ、場合によってはパワハラとして通報されることもあり得る時代になった。

 そうしたことを先日、あるシニアに伝えたところ、逆にこう質問された。

 「え、だって、私のように長年、仕事をしていれば、哲学や価値観なんて誰だって持つでしょう。それを部下や後輩になぜ普通に言ってはいけないんですか?」

 「たとえば、仕事の哲学や価値観として何をおっしゃりたいのですか?」と私がさらに聴くとこう返答する。

 「若い部下(後輩)に、『営業ってのは、こういうもんだ』『営業たるもの、こういう行動を取るもんだ』ってことを教えたいのです」

 もちろん、このシニアのように、長年、努力して働けば、誰だって自分の「これはこういうもんだ」を持つようになる。持っていること自体は悪くないし、むしろいいことだ。それを拠り所に仕事をすればよい。

 しかし、それを若手に伝えるときに「こういうもんだ」というストレートな言い方は要注意だ。「これは普遍の真理、君たちもそう思え」という風に伝わってしまう。何せ、シニアは年長者というだけで無意識の内に、相手に対する“パワー”を持ってしまう存在だ。25歳の後輩に、30歳の先輩が何か言うのと、50歳の大先輩が何か言うのとでは相手に及ぼす影響が大幅に違う。シニアが自覚していようがいまいが、受け取る側は、予想以上にそのメッセージから圧力を感じるのである。

 ではどうするのか。

 自分の哲学や価値観を若い人に伝えたいのであれば、「こういうもんだ」と断定するのではなく、自分主語で「私はこう思う」「私はこういう風にしている」「私はこれを大事にしている」といい、その上で、「あなたはどう思うの?」「あなたはどういう風にしているの」「あなたは何を大事にしているの?」と素直に耳を傾けてみるとよいと思う。そして、いったんは「なるほど」と受け止める。ここが大事だ。

 若い世代には若い世代の哲学や価値観がある。それを肯定しているというニュアンスがなければ、若手に刺さるコミュニケーションは成立しない。

 また、「あなたは何を大事にしているの?」と聞いて、「え?すぐには思いつかないです」「特にないです」と若手が言ったときも、「そんなんじゃダメだ」などと決めつけないほうがよい。

 何も言わないのは、シニアに言っても仕方ないと思っているだけなのかもしれない。「何もないです」というのは、話したところで、否定されるだけだと身構え、口にしないだけという可能性もある。心を許していないから「何もない」と返されるとしたら、反省すべきはシニアのほうだろう。

 人間、歳を重ねた分だけ、「私はこう思う」「○○というのは、こういうもんだ」という哲学や価値観が強固になってくるのは自然である。しかし、この時代にはこの時代の考えがある、他人には他人の考えがある、といった柔軟性が必要だ。そして、もし「長く大事にしてきたけど、今の時代に合わないな」と思ったときは、勇気を持って、自分の考え自体も書きかえればよい。また、「若い人には自らの考えがある」と思ったときは、それを尊重してほしい。

 それが今の言葉で言えば、ダイバーシティー & インクルージョンの一つなのではないだろうか。

シニアを部下に持つ管理職へのメッセージ

 シニアの考えや主張、年代が離れるほど理解できないという若い上司もいるかもしれない。

 今の考えを伝えるだけではなく、上司も、そもそものシニアの考えもまた理解してみてほしい。

 今の時代に合わないといって全否定するのではなく、「どういう経験からそんなことを口にするようになったのか」、耳を傾けてほしい。

 「○○さんが20代のころは、そういう風に考えることが主流だったんですね」と一旦は受け止めてから、「今は、こういう考え方をする人が多いですよ」とか「今の考えの底にはこういうものがあるんですよ」とイマの時代にあった考え方やその基準となるものを示していけばよいと思う。

 ある人事部の方がこんな風におっしゃっていた。

 「若手だ、シニアだと対立構造にするのではなく、互いに相手の時代とか考え方を知り、共に仕事をする仲間として、それぞれが歩み寄ることが大事なんです」

 その通りだと思う。
田中淳子(たなか・じゅんこ)
1963年生まれ。トレノケート株式会社 シニア人材教育コンサルタント、産業カウンセラー、国家資格キャリアコンサルタント。1986年日本DECに入社、技術教育に従事。1996年より現職。新入社員からシニア層まで幅広く人材開発の支援に携わっている。著書『ITマネジャーのための現場で実践!部下を育てる47のテクニック』(日経BP社)、『はじめての後輩指導』(経団連出版)など多数。ブログは「田中淳子の“大人の学び”支援隊!」。フェイスブックページ“TanakaJunko”。

キーワード:人事、管理職、プレーヤー、人事、人材、研修、働き方改革

閲覧履歴

    クリッピングした記事

    会員登録後、気になる記事をクリッピングできます。