SDGs入門

SDGsの読み方はなぜ「エスディージー"ズ"」なのか 日本総合研究所 村上芽、渡辺珠子

記事保存

日経BizGate会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。

SDGsが達成できないと、世界はどうなるのか

 このような、なかなかボリュームがある内容のSDGsは、なぜ必要とされているのでしょう。

 それは、世界共通の目標なしに各国や企業がふるまうと、世界的な課題が十分なスピードで解消されず、逆に世界の状況がますます悪くなり、ゆくゆくは人間の生活そのものが脅かされてしまう、安全・安心で平和な世界とはほど遠い状態になることが強く懸念されているからです。

 平和で、災害の少ない世界でこそ、豊かなビジネスを展開できると言っても過言ではありません。日本政府のSDGsのプロモーションに一役買っている日本のエンタメ企業も、平和だからこそのエンタメ産業だという認識のもとで活動しているのです。

 これまでの人間活動から生じた課題は多様で、深刻な影響を引き起こしています。人間活動には、個人、地域、企業、政府等のすべての階層が含まれます。

 深刻な影響の例をまとめると図表3の通りですが、企業にとってのポイントは、今まで通り、利益重視で好きなようにふるまうと、それがかえって経営リスクとして自らにはね返ってくるかもしれない、ということです。

 例えば、産業革命以降のエネルギー消費量の増加により、二酸化炭素の排出量が増え、空気中の温室効果ガスの濃度が上がることによって、気候変動が引き起こされ、異常気象が頻発しています。2018年の台風21号は、近畿地方を直撃し、関西国際空港が冠水するなどの大きな被害をもたらしました。風水害等による損害保険金の支払額としても5851億円と、国内過去最高となりました(※11)。

※11 日本損害保険協会ニュースリリース「平成30年台風21号および台風24号に係る各種損害保険の支払件数・支払保険金(見込含む)等について【No.18/034】」、2018年11月19日発表。出所:http://www.sonpo.or.jp/news/release/2018/1811_02.html

 あるいは、資源や領土を巡る国家間や民族間の紛争などにより発生する暴力や武力紛争の代償は、2015年の世界のGDPの9.1%に相当しました。

 こうした課題間もつながっており、例えばシリア内戦は、近隣国や欧州に向けて脱出する大量の難民を生み出しました。この内戦の原因として、地中海東部における記録的な干ばつによって、農村地域から都市に人口が流入し、不安定な生活を営む人が急増したことが指摘されています(※12)。干ばつの原因は気候変動と考えられており、気候変動と難民がつながっているのです。

※12 Colin P. Kelly, Shahrzad Mohtadi, Mark A. Cane, Richard Seager, Yochanan Kushnir [2015], "Climatechange in the Fertile Crescent and implications of the recent Syrian drought"

 こうしたことから、SDGsは「大胆な変革」が必要であると訴えています。原文での2030アジェンダの冒頭にあるのは“transforming our world”(我々の世界を変革する)です。日本語では単に「変革」と訳されることが多いですが、既存の取り組みの延長線上ではなく、「大胆」であるべきです。序文にも、“bold and transformative steps”(大胆かつ変革的な手段)という表現が取られています(※13)。

※13 国連文書 A/70/L.1 出所:https://sustainabledevelopment.un.org/post2015/transformingourworld

閲覧履歴

    クリッピングした記事

    会員登録後、気になる記事をクリッピングできます。