ロジスティクス4.0 物流の創造的革新

進む物流の装置産業化、IoT・AI・ロボティクスで根幹から変革へ ローランド・ベルガー プリンシパル 小野塚 征志

記事保存

日経BizGate会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。

ロジスティクス4.0―物流の装置産業化

 そして、「管理・処理のシステム化」の先にある、現下進みつつある第4の革新こそ、「ロジスティクス4.0」です。IoT、AI、ロボティクスといった次世代テクノロジーの進化と、活用の拡大は、ロジスティクスの根幹を変えようとしています。「省人化」と「標準化」による「物流の装置産業化」が起きつつあるのです(図表2)。

 「省人化」とは、ロジスティクスの各領域において「人の操作や判断」を必要とするプロセスが大きく減少することを指します。例えば、自動運転が実用化すれば、ドライバーがいなくても荷物を届けられるようになります。小口の宅配物はドローンで運ばれるようになるかもしれません。ロボットの性能が向上すれば、倉庫の中で荷物を棚から取り出したり、梱包したりする作業は、「人の仕事」ではなくなるはずです。つまるところ、物流オペレーションの主体が人から機械やシステムに置き換わるわけです。その機械やシステムを購入しさえすれば、誰でも同じことができるようになる。「人や会社によるオペレーションの差」は限りなく小さくなっていくはずです。

 「標準化」とは、ロジスティクスに関する様々な機能・情報がつながることで、物流会社や輸送ルート、手段などをより柔軟に組み替えられるようになることを指します。例えば、トラックや倉庫を複数の荷主が共用することもはるかに容易となります。サプライチェーンの上流から下流までの情報がつながれば、在庫や機会損失を極限まで減らせるはずです。多様な選択肢の中から最適なルート、輸送手段を選び出す役割はAIが担うようになるでしょう。物流会社としては、この機能・情報のネットワークにつながっていることが重要となります。つながっていなければ、選ばれなくなるからです。より多くの荷主、物流会社と機能・情報を共有できる「オペレーションの均質性・柔軟性」が問われるようになるはずです。

 「省人化」と「標準化」が進むと、物流は装置産業化していきます。「新しいサービスを設計する」、「対面でのコミュニケーションを必要とする」、「不測の事態に対応する」といった、人の英知や存在が重要であり続ける領域もありますが、「運ぶ」、「荷役する」、「梱包する」、「手配する」といった基本オペレーションは、「人の介在をほとんど必要としないインフラ的機能」となるからです。

 「ロジスティクス3.0」までは、特定の作業、プロセスを対象とした機械化であり、自動化であり、システム化でした。結果として、物流がより便利な存在となり、その機能が増強されることで、経済成長にも貢献してきたといえます。しかし、結局のところ「動かすのは人」であり、物流は労働集約的なビジネスであり続けました。

 「ロジスティクス4.0」も、物流をより便利にするイノベーションであることに相違ありませんが、装置産業化が進むということは、従来の労働集約的なビジネスでは立ち行かなくなることを意味します。今ある物流会社のビジネスモデルでは、「ロジスティクス4.0時代」は生き残れないかもしれない。物流の世界において過去にはなかった「破壊と創造による非連続な成長」が現実化しつつあるのです。「ロジスティクス4.0」の本質と展望を的確に理解し、パラダイムシフトをビジネスチャンスと捉えて、新たな成長の絵姿を創造することが枢要といえるでしょう。

ロジスティクス4.0はインダストリー4.0とどう関係しているのか?

 「~4.0」というと、「インダストリー4.0」の方が有名でしょう。2011年にドイツにて提唱された第四次産業革命「インダストリー4.0」の本質は、IoTを活用した産業全体での革新にあります。すなわち、第三次産業革命までは基本的に工場内部での革新であったのに対して、社会全体での最適化を促す取り組みといえます。

 ゆえに、調達・生産から販売までのモノの動きを支えるロジスティクスの進化は、「インダストリー4.0」を実現するために不可欠な存在と位置づけられています。DHLやドイチェ・バーン(Deutsche Bahn)といった、ドイツを本拠とする世界的な物流会社が「ロジスティクス4.0」に向けた取り組みを戦略的に進めているのは、「インダストリー4.0」の実現を主導するドイツ政府の産業政策と無関係ではないでしょう。

 「インダストリー4.0」が製造業だけではなく、販売から消費までも含めた最適化にその概念を拡大する中で、ロジスティクスの役割はますます高まっています。
小野塚 征志 著 『ロジスティクス4.0 物流の創造的革新 (日経文庫)』(日本経済新聞出版社、2019年)、「序章 ロジスティクスにおける革新の変遷」から
小野塚 征志(おのづか・まさし)
ローランド・ベルガー プリンシパル
経済産業省MaaS研究会Logitech分科会常任委員
慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科修了後、慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科修了後、富士総合研究所、みずほ情報総研を経て、2007年に欧州系戦略コンサルティングファームのローランド・ベルガーに参画。2015年より現職。ロジスティクス/サプライチェーン分野を中心に、長期ビジョン、経営計画、成長戦略、新規事業開発、M&A戦略、事業再構築、構造改革等をはじめとする多様なコンサルティングサービスを展開。

キーワード:経営・企画、経営層、管理職、経営、営業、製造、プレーヤー、イノベーション、AI、IoT、ICT

閲覧履歴

    クリッピングした記事

    会員登録後、気になる記事をクリッピングできます。