ビジネス教養としてのグルメ

世界のリーダーが愛飲する「泡」の名品 「シャンパン大全」から(3)

記事保存

日経BizGate会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。

     <主なシャンパンの味覚を表現すると>

ポメリー      万人志向    モエ・エ・シャンドン 優等生

ヴーヴ・クリコ   魅 力      ランソン       甘 美

マム        柔 肌      テタンジェ      気 品

エイドシック    清 楚      ボランジェ      野性美

ローラン・ペリエ 官能美      ポール・ロジェ    男の世界

クリュッグ     典 雅      アンリオ       瀟 洒

長い熟成から生まれたブーケが特徴

 ロジェのシャンパンは、ブドウ本来の繊細な味わいを引き出していると、高く評価されている。山本氏は「ロジェの特色はその熟成感にある」と言いきる。泡立ちこそあまり強くないが、長い熟成から生まれた精妙でブーケが売り物だ。「しっかりした口当たりと、長くさわやかな後味を持っている」と山本氏。

 その熟成感を支えているのが、同社の巨大な天然セラーだ。ロジェ家は生産量を限定する家訓を守り年間生産は約130万本にすぎないが、ストックは約600万本と多い。貯蔵するセラーは、地下30メートルにある白亜層の2層の地下窟で、2万5000平方メートルに及ぶという。他のシャンパンメーカーのセラー内の温度が約10.5度であるのに対して約9.5度と低いのが特徴だ。

 山本氏は「冷温で長期に熟成されることがロジェの味を優れたものにしている」と分析する。さらにヴィンテージものは瓶熟成の際に王冠栓でなく良質のコルクを使いシャンパンの長命度を保証しているという。

 ロジェのもうひとつの特色は自社畑の多いことで、約750万ヘクタールのブドウ畑で必要量の約45%を賄っている。手堅い伝統的なシャンパン造りに徹しており、「伝統は明日の生命、というモットーを順守している」と山本氏。

 ロジェはチャーチルへのオマージュを捧げるため、同社最高級のシャンパンには「キュヴェ・サー・ウィンストン・チャーチル」と命名している。非常に古いグラン・クリュのブドウ木から収穫したシャルドネとピノ・ノワールを用いて作る。ドライフルーツやアーモンド、ハチミツなどの複雑な香りを醸し出し、力強くフル・ボディーで熟成した味わいは、チャーチルの好みを反映したという。山本氏は「飲んで裏切られることのないシャンパン」と評価している。

(松本治人)

閲覧履歴

    クリッピングした記事

    会員登録後、気になる記事をクリッピングできます。