BizGateリポート/技術

クックパッドが「世界で戦う」ためのシステム刷新で変えたこと

記事保存

日経BizGate会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。

システム投資は、経営戦略を実現するために行うべき

 中野氏はITベンダーのエンジニアや複数のユーザー企業における情報システム担当を経てクックパッドの社内情報システム刷新の陣頭指揮をとった。それらの経験をもとに同氏は、システム投資は現場の課題解決にとらわれすぎてはいけないと指摘する。

 「現場の課題を解決するためにシステム投資を現場が行う例をよく見かけますが、それは目前の課題を解決するシステムになります。しかし企業の中で、システムやデータの全体像を見ることができるのは情報システム部門です。前職でもクックパッドでも、システム投資を情報システム部門が主導することで、横串を通したデータ活用のためのシステムを作れるようにしました」

 中野氏が強調するのは「システム投資は、経営戦略を実現するもの。それが構築できるのは複数の現場を俯瞰する情報システム部門が最も適している」ということだ。

 現場だけがシステム投資予算を持つような極端な場合、本当に必要なシステム投資に回らず、年度末でパソコン購入に充てられることもあり得る。決して現場の課題解決を軽視するわけではないが、企業が利益を追求できるようにするには全社最適なシステム投資ができる形を整えることの重要性を指摘している。

 そうした発想を突き詰めると中野氏は「システム開発に当たって、現場の声を聞いてはいけない」ともいう。クックパッドのこの社内情報システム刷新では、グローバルでスケールできるシステムの導入という課題があったこともあり、現場のヒアリングに多くの時間を割かずに進めることになった。結果として、現場の業務を新システムに合わせるような対応が求められたが、ある程度は必要な措置だという。

 システム投資においては、多くのステークホルダーがいる。経営層、情報システム部門、管理部門、そして現場のシステム利用者だ。その中で、現場の利用者の要望に対応することは現場のKPI(重要業績評価指標)を向上させるためには重要だが、企業が利益を最大限に追求するには経営戦略に対応した全体最適の視点が欠かせないのである。

 中野氏は「そのためには、CIO(最高情報責任者)の存在が重要です。外資系企業のCIOは、現場の話は聞きますが、それに逐一対応するようなことはしていないと聞きます」と語る。

 また同氏は、複数の企業で情報システムの刷新を手がけた経験から「システムはその会社を映す鏡だと感じています。システムがだらしない会社は、経営がだらしない。ガバナンスや経営方針を徹底できていなかったり、仕組み化がちゃんとできていなかったりすることが、システムに表れてしまうのです」と指摘する。

 だからこそ、経営陣が社内情報システムに対しての考え方や仕組みづくりについてきちんとした方針を立てて、経営の責任としてシステム投資をすることが必要であり、CIOがきちんと機能することが求められると見ている。

システムに加えて、三つのPを変える

 中野氏は、システム刷新に当たり「三つのPを変える」こともテーマに掲げたという。

 「ポリシー、ピープル、プロセスの三つです。ポリシーには、企業文化や考え方、社内規定の変革が含まれます。ピープルは、クオリティー(品質)とクオンティティー(量)の二つの側面があり、人材の質を向上させて、適材適所に人材を割り当てられるようにするといった変化が求められます。プロセスにはオンラインとオフラインの両側面があります。私たちがすべきことは、プロセスの一部であるシステムを変えることではなくて、三つのPのすべてを変えることなのです」

 これは、システムは手段の一つであり、システム刷新は企業の変革の一部にしかすぎないことを意味する。「三つのP」を総合的に変化させていくことで、ようやく企業は変化できる。そうした視点で、クックパッドはチャレンジを始めているといえそうだ。

 その中、ピープルについて中野氏はこんな指摘をする。

 「人事、財務、情報システムなどのコーポレート部門は、日本では『コストセンター』と呼ばれる位置づけに甘んじることを余儀なくされてきました。しかし、実際には、経営者へ現場から上がる情報を正しく伝える背骨に相当するのがコーポレート部門だと考えています。背骨がしっかりしないと企業はだめになりますし、そのためにはコーポレート部門のスタッフをスペシャリストとして扱う必要があると考えています」

 中野氏が情報システムの刷新にこうした熱い思いを持つのは、日本の企業や国そのものの将来を真剣に考えているからだ。日本の生産性は先進国の中で中位以下に下がり、グローバルでのプレゼンスは低下している。

 「平均年収が上がる米国を横目にしながら、日本では物価も年収も下がり続けています。GAFA(グーグル、アップル、フェイスブック、アマゾン・ドット・コム)のようなグローバルな巨大企業がその国にどれだけあるかが、国の競争力の指標の一つになります。世界で通用する日本企業を作るためには、世界に通用する経営戦略とそれを支えるシステム投資戦略、人事戦略、財務戦略が必要です。そのために、グローバルで機能する仕組みを実現するシステムと組織を作ることを、クックパッドで実践しているのです。そして、今までの経験やシステム企画のノウハウをなるべく広く共有し、少しでも海外に挑戦できる会社を増やす事ができればと思い会社(AnityA)を設立しました」

(ライター 岩元直久)

キーワード:経営・企画、経営層、管理職、経営、営業、技術、製造、プレーヤー、イノベーション、AI、IoT、ICT

閲覧履歴

    クリッピングした記事

    会員登録後、気になる記事をクリッピングできます。