学校で教えない経済学

恵方巻き、ロス削減要請が正しくない理由~見えない別のムダが発生~

記事保存

日経BizGate会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。

経済について正しく考えるには、見えないものを見る想像力が必要

 それでは想像力を働かせ、あらためて恵方巻き問題について考えてみましょう。この問題で目に見えるのは、先ほど触れたように、売れ残って廃棄される大量の恵方巻きです。もし農水省の要請が功を奏し、売れ残りが少なくなれば、食品ロスを憂える人たちの笑顔も見ることができるでしょう。

 一方、目に見えないものは何でしょうか。

 農水省は流通業界に「需要にあった販売を」と要請していますが、事前に正確な恵方巻きの需要を知ることができたら、商売人は苦労しません。天候や商品の人気をはじめ、さまざまな要因で需要は増減します。多少目算が狂っても売れ残りが出ないよう、コンビニやスーパーは生産を絞るでしょう。

 そうなると予想されるのは、欠品です。消費者が恵方巻きを買おうと思ってせっかくコンビニやスーパーに足を運んでも、売り切れている可能性が高くなるのです。

 食品ロス削減を何より優先する立場からは「欠品で買えなければ仕方ない」「品切れでも店にクレームなど付けないよう、消費者を教育しよう」といった意見が聞かれます。また「予約販売にすればよい」という声もあります。実際、農水省は今回の要請で、予約販売の徹底を小売店に求めています。

 しかし、目に見えないものが忘れられています。それは「時間」です。

 消費者が店に行ったのに恵方巻きが品切れなら、行った時間が無駄になります。他の買い物もあれば丸々無駄にはならないかもしれませんが、どうしても恵方巻きが欲しければ、別の日に出直したり、他の店を訪ねたりと、さらに時間を費やすことになります。わずかな時間も社会全体で積もり積もれば馬鹿になりません。

 予約販売にしてもその問題は解決しません。予約した後、何かの事情で恵方巻きがいらなくなっても、わざわざ店まで取りに行かなければなりません。いらない恵方巻きを捨てるのはもったいないと、もらってくれる人を探せば、そこでも余計な時間を使います。

 食べ物を粗末にしないのは良いことですが、そのために時間の浪費という別の無駄を増やして平気だとしたら、本当の「もったいない精神」とは言えないでしょう。

 恵方巻きという一つの商品だけなら、まだ無駄になる時間も経済全体への影響も小さいでしょう。しかしさまざまな食品にロス削減の圧力が広がれば、話は違ってきます。実際、昨年12月、超党派の議員連盟が発足し、食品ロス削減を促す議員立法に向け動き出しました。

 食品ロスの削減はしばしば、世界から飢餓をなくすこととセットで語られます。飢餓をなくすことは重要な課題です。しかし無理な方法で食品ロスを減らしても、飢餓をなくす役には立ちません。それどころか、時間のロスにより、本来なら日本で生産できるはずだった途上国向けなどの食糧が十分作れなくなり、飢餓を長引かせることになります。

 けれども多くの人はそれに気づきません。廃棄される食品が目に見えるのに対し、無駄遣いされる時間や、作られるはずだった食糧は目に見えないからです。

 過剰な生産と売れ残りは、流通企業の損失になります。だから政府の介入に頼らなくても、作りすぎは自然に減っていきます。大手スーパーなどでデータ分析をもとに食品の廃棄率を抑える試みもあります。作りすぎが完全になくなることはないでしょうが、それは私たちの買い物の利便性を高め、時間を有効に使うためのやむをえないコストなのです。

 食品ロスは少ないに越したことはありませんが、その削減は時間のロスなど他のコストとの兼ね合いで考えなければなりません。政府の押しつけではなく、現場を知る企業の工夫と判断を尊重することが大切でしょう。

(木村貴)

キーワード:経営・企画、人事・経理、営業、技術、製造、経営層、管理職、プレーヤー、経営

閲覧履歴

    クリッピングした記事

    会員登録後、気になる記事をクリッピングできます。