商社マンおすすめ!海外ビジネストリップの必需品

100均で買える海外出張のマストアイテム6選 福泉 正弘、文・構成:八鍬 悟志

記事保存

日経BizGate会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。

 商社勤めをする私にとって、海外出張は日常茶飯事である。本連載ではそんな私が地域別の出張経験をもとにマストアイテムを紹介してきた。最終回は、100円均一ショップ(100均)で買え、幅広い地域で便利なグッズを紹介したい。大きめの100均店舗へ行くと旅行用品コーナーが充実しており、私は出張前に必ず立ち寄ることにしている。

失敗の連続だった若手時代

 苦い想い出がある。商社に入って間もなく出張したドイツのデュッセルドルフでのことだった。上司に同行する形だったが、商談時は、ほぼすべての要件を上司が話し、その傍らで私は何か話さなくてはと焦っていた。

 そこで思いあまって商談の最後に「弊社でできることは精いっぱいやります」という簡単な内容を緊張して長々と説明したのである。自分でも途中で訳が分からなくなり、商談相手からも「ちょっと何をおっしゃっているのかわからないのですが……」と言われ、心底落ち込んだ。こうした失敗の連続で泣いたのが20代だった。

 時は流れた。海外出張にも行き慣れた私は今や旅先で便利に使える小物を出張前に買い集めることを楽しめるほどにはなっている。まず100均に行き、出張先での利用シーンを想像しながら必要なものを購入し、そろわないものを他の店で買うことにしている。

 100均でまずそろえるのは、圧縮袋替わりのジップロックや、シャンプー・化粧品などを小分けして入れるプラスチックボトル類だ。それぞれについて手持ちの状態を確認し、不足するものを買う。それらに加えて以下の商品を購入している。

1.アルコール除菌ウエットティッシュ

 連載第3回の『東南アジアで華僑と長い価格交渉、地方のトイレに困惑』で簡単に説明したが、食事の際に手やテーブルを拭くとき便利なのがアルコール除菌ウエットティッシュである。アジアやアフリカなどの発展途上国では食事で体調を壊すことがある。食事に気をつけるのはもちろんだが、手やテーブルについても衛生さを保つよう用心したいものだ。海外では簡単に手に入らないことがあるので、日本から持っていく。

 日本ではコンビニやスーパーなどでも購入できるが、私は100均で買えるもので十分だと思っている。先進国のレストランでもおしぼりが出ることは稀だし、時間を惜しんでファストフード(ハンバーガーやサンドイッチなど)をかじりながら移動する機会も多いので、私はどこの出張でも必ず持参する。

新着記事

もっと見る
loading

閲覧履歴

    クリッピングした記事

    会員登録後、気になる記事をクリッピングできます。