泉田良輔の「新・産業鳥瞰図」

Jリーグと世界のビッグクラブの差は埋まるか?(前編) テクノロジーアナリスト/GFリサーチ 代表 泉田良輔

記事保存

日経BizGate会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。

20冠の鹿島と2冠の川崎の間にタイトル数ほどの財務規模の差はない

 さらに、各クラブの財務状況についてより詳しく見てみよう。

 下図は、J1のクラブの総資産とそれに対する純資産比率を示したものである。総資産も純資産比率もいずれもバラつきがあるが、最大のポイントは総資産が40億円を超えるクラブがないということである。

 先ほど、ガンバ大阪の新スタジアムの建設費用が150億円だと述べた。年平均40億円の営業収益というJ1クラブの経営状態では、これだけの資金調達は外部の支援がなければ不可能である。クラブが自前のスタジアムを持つべきか持たざるべきかという議論はさておき、スタジアムを自ら建設・保有できる企業規模にはない。

 先日のACL優勝で主要タイトル累計「20冠」を実現した鹿島アントラーズであるが、財務規模と体質について目を向けると、2017年度の総資産は27億円で純資産は17億円。純資産比率が65%と高く、健全な財務体質とはいえるものの、その総資産や純資産によって他のクラブと大きな差が生まれているとは言えない。

 たとえば、現時点で「20冠」の鹿島アントラーズと「2冠」の川崎フロンターレを比べるとタイトル数の差ほどは財務規模の差があるようには見えない。財務規模やその体質は過去の業績の積み重ねであるはずだが、数多くのタイトルを獲得してきた鹿島アントラーズが他クラブに対して圧倒的な財務力を持っていないことは議論すべき点かもしれない。

 これはこれまでの国内リーグ戦やカップ戦の優勝賞金額がそもそも少ないこと、放映権収入を原資とした「ダゾーン」マネーの恩恵にあずかっていないことがあるだろう。結果として、海外の有力選手が特定のクラブチームへ偏ることはなく、欧州各国のようなビッグクラブは生まれなかった。

 もちろん、それは、長い目でみて、J1では拮抗する試合が多いという傾向につながっていると感じるが、Jリーグがさらに飛躍して世界と肩を並べられるクラブを作るという点では課題と位置づけることができる。

 後編では海外ビッグクラブの財務分析を通じて、Jリーグがさらに飛躍するための課題と対策を探っていこう。

後編へ続く

参考情報)

[1] 『JリーグとDAZNが10年間の放映権契約を締結 ~2017年からライブストリーミングサービス「DAZN」で明治安田生命J1、J2、J3を全試合生中継~【Jリーグ】』

[2] 『2017年度  J1  クラブ決算一覧』

[3] 『吹田サッカースタジアム(大阪府吹田市)が完成/竣工記念イベント開く/建設募金団体』(日刊建設工業新聞)

[4] 『スタジアム建設費150億円、募金で調達へ ガンバ大阪』(朝日新聞デジタル)

泉田良輔 (いずみだ りょうすけ)
 テクノロジーアナリスト/GFリサーチ 代表。個人投資家のための金融経済メディアLongine(ロンジン)編集長、および株1(カブワン)LIMO(リーモ)の監修も務める。それ以前はフィデリティ投信・調査部にて日本のテクノロジーセクターの証券アナリスト、日本生命・国際投資部では外国株式運用のファンドマネジャーとして従事。慶応義塾大学大学院卒。著書に『銀行はこれからどうなるのか』『Google vs トヨタ 「自動運転車」は始まりにすぎない』『日本の電機産業 何が勝敗を分けるのか』『テクノロジーがすべてを塗り変える産業地図』。東京工業大学大学院非常勤講師。産業技術大学院大学講師。

キーワード:経営、企画、技術、製造、経営層、営業、管理職、プレーヤー、経営、イノベーション、国際情勢

閲覧履歴

    クリッピングした記事

    会員登録後、気になる記事をクリッピングできます。